1LDKとはどのような間取り?

家賃
1LDKとは、ひとつの居室とLDK(リビング・ダイニング・キッチン)で構成される間取りのこと。
居室がひとつの場合、広さ8畳以上のキッチンについてLDKと表示することができます(※)。ダイニングには食事をするダイニングテーブルと椅子、リビングには居間としてくつろげるようソファやテレビを配置するのが一般的なレイアウトです。
なお、キッチンの広さが4.5〜8畳の場合は“1DK”、4.5畳未満の場合は“1K”、居室とキッチンに間仕切りがない場合は“ワンルーム”になります。

※公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会 DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準

一人暮らしで1LDKに住むメリット

一人暮らしではワンルームや1Kに住む人が多いですが、1LDKを選ぶとどのようなメリットがあるのでしょうか。

オン・オフの空間を分けられる
1LDKの物件では居室を寝室にする人が多く、過ごし方によって空間を使い分けることができます。食事とくつろぎの時間はLDKで過ごし、就寝する際は寝室に移動すれば、暮らしにメリハリが付くでしょう。

また、LDKをパブリックな空間、寝室をプライベートな空間として区別できるのもメリットです。ベッドのある空間はどうしても生活感が出やすいものですが、寝室の扉を閉めてしまえばLDKから見えなくなるため、気軽に人を招くことができます。


キッチンでしっかりと調理できる
ワンルームや1Kの物件に備え付けられているキッチンの多くは、“ミニキッチン”と呼ばれる設備です。簡易的な調理を前提としており、コンロは1口で調理スペースがほとんどないコンパクトなものとなります。
その点、1LDKのキッチンは標準的な機能を備えたものが一般的です。コンロは2口あるいは3口となり、調理スペースも広めに確保されています。料理が好きな人や、自炊をしっかりしたい人におすすめです。

一人暮らしで1LDKに住むデメリット

家賃

つぎに、1LDKに一人暮らしするデメリットを確認してみましょう。


家賃・光熱費が高めになりやすい
賃貸物件は、立地や築年数といった条件が同じ場合、専有面積が大きくなるほど家賃は高くなっていきます。1LDKはワンルーム・1K・1DKの物件に比べて広くなるため、その分、家賃も高めになります。特に利便性の高い都市部では、少し広くなるだけでも家賃の大きな差につながりやすいです。

また、住まいが広くなるほど照明や家電の数が増えます。そのため、電気の使用量が増えて光熱費が高めになりやすいです。また、広い物件はコンパクトな物件に比べて、電気の契約アンペア数が大きい傾向があるため、基本料金が高めになります。


スペースに余裕があり、荷物が増えやすい
1LDKは家具を置ける場所や収納の数が多いため、普通に暮らしているだけでも必然的に持ち物の量が増えていきます。1LDKで暮らしたあとにワンルームや1Kの物件に引越することになった場合、新居の広さに応じて持ち物を処分する必要があるでしょう。

1LDKだからこそできる寝室づくりのコツ

家賃
1LDKに住む人は、居室を寝室として使用するケースが多いようです。そこで、間取りの特徴を生かした、ぐっすりと眠れる寝室づくりのポイントを解説します。


寝具の色調にこだわる
1LDK物件では、LDKと寝室を別の空間としてしっかりと分けられます。オンとオフを切り替えられるよう、がらりと雰囲気を変えるのもおすすめです。
よく眠れる空間をつくるために、寝具の色にこだわってみましょう。落ち着いたトーンのグリーン系・ブルー系の色には鎮静作用があり、リラックスした眠りに導いてくれます。逆に明るい赤やイエローは、神経を高ぶらせる作用があるので、寝付きの悪い人は避けたほうがいいかもしれません。


寝室の照明の色や明るさにこだわる
部屋での過ごし方によって、照明器具に取り付ける電球を使い分けてみませんか。“昼白色”は青みがかった白い光で、集中力を高める効果があるため勉強や仕事をする部屋に適しています。“昼光色”は太陽光に近いナチュラルな色合いのためLDKに、“電球色”はオレンジ系のあたたかな色あいがリラックス効果をもたらすため、寝室に向いてます。

また、リラックスのためには照明が明るすぎないこともポイント。調光機能付きの照明なら、本を読むときには明るめに・就寝前は暗めにと、必要に応じて光量を調整することが可能です。また、色あいと光量の両方をリモコンで自由に調整できるタイプも市販されています。

一人暮らしで1LDKに住むなら無理のない家賃で

1LDKはゆったりとした間取りで設備が充実していることが多いため、家賃も高くなりがちです。一般的に無理なく支払い続けられる家賃の目安は、収入の25%までと言われています。素敵な物件に出会うと「ここに住みたい!」という気持ちが大きくなってしまうかもしれませんが、家賃は毎月必ず支払う出費ですから、予算を超える場合は無理に契約しないようにしましょう。

まとめ

・1LDKとは、ひとつの居室に加えて8畳以上のキッチンがある間取り
・1LDKでの一人暮らしはLDKと居室の目的をはっきり区別して生活できる
・ワンルームや1Kなどに比べて家賃や光熱費が高くなりやすい
・収入に応じて無理のない家賃の範囲で物件を選ぼう

1LDKの物件を探す