雨戸

皆様がお住まいのマンションには、雨戸がついていますか? お住まいの地域へ台風が近づいてきた際に、ご自宅のマンションに雨戸やシャッターがないことに気づいた方も多いのではないでしょうか。一説によると台風上陸の多い日本では、安土桃山時代の書院造りから雨戸が取り付けられ、家屋を守ってきた歴史があります。
今回は、雨戸のないマンションやアパートにお住まいの方に向けて、事前にできる台風対策と手順をお伝えします。

そもそも、マンションにはなぜ雨戸がついていないのでしょうか?
1番の理由は、雨戸落下の被害を防ぐためです。雨戸は建物の外側に取り付けられるため、台風などの風圧により、外れて飛ばされる可能性があります。平屋や一戸建てと違い、階数のあるマンションでは、高層階から雨戸が落下すると、周辺の家屋などに損害を出してしまったり、歩行者に落下してしまう可能性もあり大変危険です。また、マンションの窓の造りは2重サッシや、強化ガラスなど、雨戸がなくても大丈夫なように頑丈になっています。

 

雨戸がないマンションやアパートであっても、よほど大きな台風が直撃してこないかぎりは、特別に対策が必要な訳ではありません。そうは言っても雨戸がないと、外から飛んできたもので窓ガラスが割れてしまうなど、台風が来る際には不安もありますよね。
台風が心配な人のために、雨戸がない賃貸マンションでできる対策をご紹介いたします。

・飛散防止フィルム

窓にガムテープを貼るとどうしても見た目が悪くなりますし、台風のたびに取り付けるのはちょっと大変ですよね。
ホームセンターに売っている飛散防止フィルムであれば、目立ちませんし、一度貼り付けてしまえば、万が一窓ガラスが割れた場合にも飛び散りませんので安心です。
また、専門のフィルム施工会社さんにお願いすると、ヨレなどもなく綺麗に貼り付けてもらうことができます。
飛散防止フィルムは、ガラスの飛散防止にプラスして遮熱・断熱、UVカットや目隠しなどの効果つきフィルムになっているものも多く、台風対策も兼ねて気になる方はチェックしてみてください。

・カーテンを閉める

これは誰でも簡単にできる方法ですので、台風が来る日にはぜひ実践しておきましょう。万が一窓ガラスが割れてしまっても、室内へガラスの破片が散らばる前にカーテンが守ってくれます。
ガラスの破片からさらに室内を守るために、突っ張り棒を設置する方法があります。
突っ張り棒をカーテンの室内側、下から4分の1程度の場所に取り付けましょう。こうしておくだけでカーテンが飛び散ったガラスを受け止めるガードの役割を果たしてくれますので、家族や自分が誤ってガラスを踏んでしまうこともなくなります。

・養生テープ

養生テープとは、貼り付けた部分に粘着面の跡が残らず綺麗に剥がせるテープです。一般的なガムテープと同じくらいの大きさものが文具コーナーやホームセンターに置いてあり、ガムテープよりもやや高い値段で販売されています。100円均一ショップにも、粘着面が残らない窓保護用のテープが置いてあるようなのでチェックしてみてください。ガムテープは頑丈ですが、剥がした跡がガラスに残ると掃除が大変なので、下に養生テープや窓保護テープを貼った上から補強した方がいいかもしれません。
テープは、窓の内側から、X型になるように貼ると、強度が高くなります。

・段ボール

窓を保護するため、外側に木の板が貼り付けられている建物を見たことがある方もいらっしゃると思います。賃貸マンションやアパートで、木の板のような本格的な材料を取り付けられない場合は、段ボールが役に立ちます。
窓の外側から、段ボールを窓に当てて、その上からガムテープなどで補強することで、ものが当たって窓が割れることを防いでくれます。段ボールはホームセンターで購入することも可能ですが、家で保管しているものを利用してもよいかもしれません。ご自宅の窓ガラスが薄いと感じている場合は、段ボールで補強して台風に備えておくと安心です。よほど大きなものが飛び込んで来ないかぎりは、ガラスが飛び散る危険性を避けられます。

 

雨戸

 

雨戸がついていない場合、ベランダやバルコニーに置いてあるものが窓ガラスにぶつかる危険があります。物干し竿は取り外して床に置いておき、室外機も倒れる心配がある場合は、ロープで固定しておくとよいでしょう。その他ハンガーやスリッパ、植木鉢など、ベランダから飛んだり倒れると困るものはすべて室内に避難させておきましょう。

 

その他、ベランダの排水溝の掃除もこの機会にした方がいいかもしれません。台風でゴミなどが飛んできて、詰まってしまうと雨が流れず、最悪の場合、自宅や階下の住居に漏水してしまうことも考えられます。また、ベランダの手すり部分がガラス製の場合、段ボールで補強しておくとより安全です。

 

雨戸のないマンションでできる台風対策をまとめてみました。こちらで紹介してきたような、台風直前にできる台風対策も大切ですが、実際に台風が来れば停電などにより、インフラの混乱が起こる可能性も十分にあります。普段から防災意識を高めて懐中電灯などの防災グッズや予備の食料・電池を用意しておくなど、万が一の際に備えておくことが大切です。

 

公開日: / 更新日: