4人家族の間取りを選ぶ際に気を付けること

夫婦と子ども2人の4人家族に最適な間取りは、子どもの成長で変わっていきます。生まれてからしばらくは子どものための個室は不要ですが、中学生くらいになると子ども部屋が必要になります。やがて子どもが独立すると、夫婦2人の暮らしに戻ります。必要な部屋の数や住まいの広さは、時期によって異なるのです。暮らしやすく、無駄なスペースがない生活を送るには、住み替えていく必要があります。

1LDKに4人家族で住む

4人家族
1LDKは一般的に、8畳以上のリビングダイニングキッチンと居室が1つある間取りです(※)。日中はリビングダイニングキッチンで過ごすことになるため、自然に家族が一緒に過ごす時間がとれます。寝室として使える居室が1つしかないので、夫婦のいずれかが夜勤があったり、休日が異なったりする場合は睡眠を妨げられやすいため、生活時間帯が比較的同じ家族に向いています。また、子ども部屋を必要としない、保育園や幼稚園に通う年代までの未就学児がいる家族であれば生活できるでしょう。

家族全員で、同じ部屋に寝ることを考えると、寝室は6畳以上の広さが必要です。ベッドを置くよりも布団で寝た方が、空間をフレキシブルに使うことができます。リビングダイニングキッチンと隣室が襖や引き戸で仕切られている間取りの場合、日中は引き戸などを開けて一体化させて使うと、子どもを遊ばせるキッズスペースにできます。また、対面式キッチンの物件は食事の支度や片付けをしながら、子どもの様子を見ることができるので便利です。

※出典:公益社団法人不動産公正取引協議会連合会「DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準

2LDKに4人家族で住む

家賃
2LDKには一般的に、10畳以上のリビングダイニングキッチンと居室が2つあります(※)。小学生の子どもがいる4人家族の場合、子どもに個室を与える必要はまだないかもしれませんが、学校の教科書やランドセル、学用品などを置くスペースが必須となります。低学年のうちはダイニングテーブルで勉強するのであれば学習机は不要ですが、高学年になると自分で勉強を進めていくようになり、机が必要になってくるでしょう。

2LDKに夫婦と小学生の子ども2人の4人家族で住む場合、レイアウトは2パターンが考えられます。一つは、居室の一方を家族の寝室として、もう一方を学習机や学用品などを置く場とするとともに、パソコンなども設置して、ファミリールームとして使うものです。もう一つは、広い方の部屋を子どもの共有の部屋として、2段ベッドや本棚、ラックなどを置いて使い、もう一室は夫婦の寝室とします。

3LDKに4人家族で住む

3LDKも一般的に、10畳以上のリビングダイニングキッチンと居室が3つある間取りです(※)。中学生以上の子どもは個室を与えるのが望ましいため、1室を夫婦の寝室として使い、残り2室を子ども部屋とし、机やベッドを配置します。子ども部屋の広さは4畳半以上あれば、十分です。リビングを通って子ども部屋に行く間取りの物件を選ぶと、自然に親子が顔を合わせる機会ができます。

4LDKに4人家族で住む

4人家族
3LDKでも4人家族で無理なく暮らすことができますが、余裕を持って生活するのには、4LDKが向いています。4LDKなら、夫婦の寝室と書斎、子ども部屋を2部屋とするか、あるいは、夫婦の生活リズムが異なる場合などは、夫婦もそれぞれの部屋を持つことができます。

また、3LDKでは親や親戚が遊びに来たときに泊まってもらう部屋がないかもしれませんが、4LDKならゲストを泊めやすいです。頻繁に親が泊まりにくるのであれば、リビングに隣接する和室がある間取りを選び、日常的にはリビングダイニングキッチンとして使い、泊まりに来たときはゲストルームにするのがおすすめです。

ぴったりの間取りに住み替えよう

子どもの成長とともに、4人家族にぴったりの間取りは変わってきますので、住み替えることで、快適な暮らしが実現できます。ただし、同じ2LDKや3LDKといった間取りでも、物件によって広さや部屋のつながり方は異なります。多くの物件の内見に行き、家族のライフステージや暮らし方に合った住まいを見つけましょう。

まとめ

・1LDKは未就学児の子どもがいる4人家族で、生活リズムが合う場合に向いている。
・2LDKは小学生の子どもがいる4人家族に向いている間取りで、子ども部屋は共有して使う。
・中学生以上の子どもがいる4人家族には3LDKが向いているが、余裕を持って暮らすには4LDKという選択肢もある。

全国の賃貸を探す