ゴキブリを見つけたら即座に駆除・対策を

ゴキブリを見つけたら即座に駆除・対策を
ゴキブリを見つけたら即座に駆除・対策を

暖かくなってくると突然姿を現す真っ黒な害虫・ゴキブリ。室内にいるゴキブリであっても、必ず外から入ってきているはずなので、部屋への侵入口と思われる場所を探し、見つけたらわずかな隙間でも塞いでおくことが重要です。
よく「ゴキブリは一匹いるところには百匹はいる」といわれることもあり、ゴキブリを部屋で発見した時点で、「もはや手遅れか…」と半ば諦めてしまうかもしれません。しかし、放っておいたら卵を産みつけられ、増殖し、数ヶ月後には何倍にも増えてしまう恐れがあります。家の中にいるゴキブリは、見つけ次第早急に駆除を行うことがこれ以上数を増やさないためにも大事です。

ゴキブリの侵入口を塞ぎ、駆除が済んだら、ゴキブリが好まない環境を保つことを心がけましょう。ゴキブリの習性を踏まえ、根気よく対策や予防をしていくうちに、遭遇する確率も減っていくでしょう。

ゴキブリを部屋に寄せ付けないための対策

同じマンションに住んでいるのに、ゴキブリをよく見るという部屋もあれば、全く見たことがないという部屋も。前者の場合、ゴキブリが寄りつきやすい部屋を知らず知らずのうちに自分で作ってしまっている可能性が考えられます。ゴキブリを部屋に寄せ付けないようにする対策をまとめました。

部屋はこまめに掃除しよう
部屋はこまめに掃除しよう

部屋をこまめに掃除する

脅威的な繁殖力をもつゴキブリは、食べカスからほこり・髪の毛・ごみなど部屋の中にある、ありとあらゆるものを食べて生き延びます。しっかりと部屋の掃除をして、清潔な状態を保つようにしましょう。

隙間を見つけたら補修し、侵入口を作らないようにしよう
隙間を見つけたら補修し、
侵入口を作らないようにしよう

侵入口になる部屋の隙間を埋める

ゴキブリはわずか数ミリの隙間からも侵入するため、窓は開けっぱなしにせずに網戸をしっかり閉めることはもちろん、ドアや網戸とサッシの間の隙間、玄関受けのわずかな隙間にも要注意です。網戸の補修に使われる隙間テープで埋めるだけで、小バエなど他の虫も入り込みにくくなります。

窓やドア以外で考えられる侵入口には、エアコンのホースや換気扇・風呂やシンクの排水溝などが挙げられます。エアコンや換気扇が作動していない時は、ゴキブリが自由に出入りできてしまうので、フィルターやストッキングを使ってカバーしましょう。取り付けられない場所には、置き型式駆除用品を使い、部屋へのゴキブリの侵入を阻止しましょう。

ゴキブリなどの昆虫類が嫌う臭いって?
ゴキブリなどの昆虫類が嫌う臭いって?

消臭剤はミント・柑橘系

ゴキブリを含む昆虫類は、主にミントや柑橘系の香りを嫌う傾向があります。そのため、ミントや柑橘系の消臭剤や、アロマオイルを場所に応じて使うことが、ゴキブリ対策に効果的です。特に、頻繁に開け閉めせざるを得ない玄関には、ゴキブリが嫌う香りのアロマスプレーなどを吹きかけると良いでしょう。科学的な殺虫剤ほどの強力な効果はありませんが、殺虫剤を撒きたくない場所に、補助的に使用することをおすすめします。

既にいるゴキブリを退治する方法

スプレー剤よりも置き型式殺虫剤が効果的
スプレー剤よりも置き型式殺虫剤が効果的

部屋にいることが分かっている時は、置き型式殺虫剤の使用を中心に駆除しましょう。スプレータイプの殺虫剤はゴキブリを一時的に対処することはできますが、ゴキブリの巣が残ったままの状態では根本的な解決にはなりません。置き型式は、置いた日から3~6ヶ月程度効果が持続するものが多いので、その間にゴキブリの巣にいる幼虫や卵まで退治することを目指します。

市販の殺虫剤には様々な種類のものがありますが、ゴキブリだけでなく卵も同時に駆除するためには「フィプロニル」の成分を含んだ殺虫剤を選ぶ必要があります。
フィプロニルは、卵をもっているメスのゴキブリとその卵の両方に効果を発揮します。また、薬剤の効果が出るまでに時間がかかる点もポイントです。毒餌を食べてから巣に戻ったところでゴキブリが死ぬと、今度は仲間のゴキブリがその死骸やフンを食べることで、連鎖的にゴキブリを退治することができるのです。

置き型式駆除用品は、ゴキブリの侵入口になりそうな場所や一度見かけた場所のほか、家具の隙間や流しの下などに設置しましょう。駆除用品の周りには、他にゴキブリが好みそうなものを置かないようにすると、効率よくゴキブリを誘い出すことができます。

ゴキブリがいない状態を長く保つには?

ゴキブリのいない生活をキープしよう
ゴキブリのいない生活をキープしよう

新たにゴキブリが入らないための対策、そして今いるゴキブリの駆除が済んだら、その後もゴキブリが近づかないような部屋をキープするために気をつける必要があります。ちょっとした心がけで、ゴキブリと縁のない生活を送れるようになるでしょう。

食べ物の臭い対策も万全に
生ごみや食べ残しをしばらく放置していたら、その臭いに誘われてゴキブリが部屋に侵入してくることがあります。臭いが漏れないように蓋つきのゴミ箱を使用し、食材はしっかりと密封して保存しましょう。

部屋の中に植物を置かない
葉や幹、土の部分に卵を産みつけられることもあるため、観葉植物は極力部屋の中で飾らないことをおすすめします。プランターの底にたまった水も、ゴキブリに水を飲みに来られないようにこまめに変えましょう。ハーブ類はゴキブリが嫌う品種だけでなく、反対に引き寄せてしまうものもあるので、購入前によく確認しましょう。

ダンボールはゴキブリの住みかになる
実は段ボールの中は、ゴキブリにとって最適な環境。保温性があり、卵を育てるのに最適な環境とされるため、段ボールのすき間に入り込むゴキブリも多いようです。部屋に不要な段ボールがそのままになっていたらすぐに処分しましょう。

関連記事

1階が店舗になっている賃貸物件のメリットとデメリット
一戸建ての収納場所として見逃せない!屋根裏収納の魅力と気を付けたいポイント
しっかり掃除!- 引越し先の新居の掃除はやるべき?掃除ポイントとは?
今年こそ「断捨離」!年末の大掃除に向けてスッキリ片付ける方法
おばけ、虫、ローン、…妻!?みんなの「住まいの怖い体験」川柳を大発表!