断熱とはなにか?

断熱の主な目的は、快適な住まいを得ること
断熱の主な目的は、快適な住まいを得ること

夏は涼しく冬は暖かいという住環境は、誰もが思い描く理想でしょう。もちろん、冷暖房をつければいつでも部屋を快適な温度に調整することができますが、乾燥を引き起こすことや電気代がかかるのが難点です。しかし、住宅を断熱材ですっぽりと覆うことで、最低限の冷暖房エネルギーで快適な温度を維持することが可能となります。
断熱とは読んで字のごとく、室内と外気の熱の流れを遮断することが役割です。夏の場合は40度近い屋外の熱が天井・壁・床から家の中へ侵入してきます。しかし、家全体を断熱することで熱の侵入を断ち、家の中を涼しく保てます。冬は反対に家の中の熱を外に逃がさないようにできます。

結露は、住まい劣化の元凶
結露は、住まい劣化の元凶

断熱することの主な目的は快適な住環境を得ることですが、断熱をするかどうかは住宅自体の寿命にも関わってきます。住宅を傷め、寿命を縮める天敵は内部結露です。内部結露とは、壁の内側・天井・床下などで発生する結露のことです。

冬場に暖かい室内と室外の寒暖差から、室内の水蒸気が壁に侵入して水滴に変わり結露が発生します。結露は木材を腐らせ、住宅の大事な土台部分や柱部分を劣化させてしまいます。湿気があると、カビ・ダニ・シロアリの温床になる可能性もあります。こうした場所に生じる結露が厄介な理由は、表面結露と違い、目に見えないため傷んでいることに気づかずに時間が経ってしまうことが多いからです。結露によって住宅の寿命を縮めるのを防ぐには、防湿効果や調湿効果のある断熱材を入れることが重要です。

断熱の種類と断熱に関する用語を解説

環境への配慮も期待できる「断熱」
環境への配慮も期待できる「断熱」

断熱による効果は、快適な温度の住環境と住宅の長寿命化以外にも3つほど代表的なメリットがあります。
一つ目は健康への影響です。内部結露に触れましたが、目に見える表面結露が室内に生じてカビ・ダニが発生し、アレルギー・アトピーの原因となることは広く知られているでしょう。しっかりと断熱をした住宅では結露が発生しづらくなるので、小さい子どもがいる家も安心です。
二つ目は環境への影響です。地球温暖化によって気候変動問題が世界中で起きています。断熱住宅では冷暖房を最低限の使用量で生活できるので、省エネルギーで地球環境に貢献できます。
三つ目は省エネルギー効果によって、光熱費が安く収まるので家計にも優しいという点です。

新築一戸建てを建てるときやリフォームのときに、断熱を取り入れるメリットは理解してもらえたでしょう。しかし使用する断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれ断熱効果が異なります。最高の断熱住宅を実現するためにも、以下の断熱用語を確認してみてください。

U値と熱伝導率の違い

U値とは熱貫流率のことです。熱貫流率と熱伝導率は両者とも、断熱材の熱の通りやすさを評価した断熱性能を知るための数値です。値が小さいほど断熱性能が高いと言えます。熱伝導率が評価するのは材料自体です。断熱材の仕様を評価するのが熱貫流率で、熱伝導率と材料の厚さから値を算出します。

グラスウール

断熱材の中でも使い勝手が良いものとしてよく使用されるグラスウールとはリサイクルガラスを主な原料として製造されています。グラスウールの特長は、湿気を吸わないことや吸音性にも優れていることです。住宅用だけでなく、ビル・体育館などにも使用されることがあります。また安価で購入できることもメリットの一つです。

ロックウール

断熱材でグラスウールと並び人気があるのが、ロックウールです。安山岩や玄武岩を溶かして繊維状にした素材です。不燃性なので耐火材にもなります。吸湿率はグラスウールと同等の性能があります。

セルロースファイバー

セルロースファイバーは古紙が原料の断熱材です。住宅の状態に応じて水分を吸ったりはいたりして湿度を管理し、結露を防止します。

北海道で生まれた高気密住宅のメリット

高気密住宅はもともと北海道で生まれた
高気密住宅はもともと北海道で生まれた

近年は高断熱住宅に加えて、高気密住宅にも注目が集まっています。断熱材で家全体を覆い、窓を小さくして、外からの空気が入ってこないようにすき間部分を極力少なくして気密性を高めた家です。
高気密住宅はもともと北海道で生まれました。寒さの厳しさから住人を守る暖かい住まいを作るために、高気密性を追求した家が作られたのです。

高気密住宅にするメリットは省エネ効果です。北海道の冬を越えるために生まれた住宅のため暖房効果が高く、少ないエネルギーで部屋全体の暖かさを持続できます。高気密住宅を建てようとすると費用もかかりますが、月々の光熱費が少なくてすむため、長く住むことを考えれば環境にも財布にも優しい造りと言えるでしょう。
また断熱性・気密性が低い家だと暖房のない部屋や風呂場の温度が低くなってしまい、温度差によって失神や心筋梗塞を引き起こすヒートショックのリスクが高まります。しっかりと断熱をして、室外の冷たい空気が入ってくることがないように気密性を高めた家であれば、どの部屋も暖かくヒートショックの影響を受けづらいです。

快適な住まいのために「断熱」を考えましょう
快適な住まいのために「断熱」を考えましょう

新しく高気密住宅を建てる上で注意すべきことは換気です。日本は高温多湿な環境のため、気密性の高い家では結露が生じやすく、カビが発生する原因にもなりえます。そのため、24時間換気システムを取り入れたり、住宅建材に自ら呼吸をして湿度を調整する自然素材を採用したりすることで、結露の発生を防ぐことが重要です。
高断熱高気密住宅はメリットが大きいですが、使用する建材やシステムによって性能が異なります。新築やリフォームの際には不動産会社に相談して目的に沿った家造りを目指しましょう。

関連記事

空気がこもりがちな高気密・高断熱のマンションは通気口が重要
日本のマンションは内断熱が一般的で、外断熱マンションの数は少ない?
築5年の一戸建てでも油断は禁物!?最初のメンテナンス時期。注意したい設備とは?
高い保温性や吸放湿性で改めて注目が集まる塗り壁材「珪藻土(けいそうど)」とは?
リフォームする - 天然材の室内環境性能 - 100%天然壁の効果