目次
1. 床暖房の種類について
 1ー1. 床暖房の種類
 1ー2. 電気式と温水式の違い
2. 床暖房を導入するメリットとデメリット
 2ー1. メリット
 2ー2. デメリット
3. 自分の生活と照らし合わせて導入を検討しよう

床暖房の種類について

実は、床暖房にもいくつかの種類があります。導入する際の参考として、まずは床暖房にどんな種類があるのか、どんな違いがあるのかを確認していきましょう。

床暖房の種類

・電気式
電気式床暖房は、床下に電気で発熱するヒーターなどを仕込むことで、床を通じて部屋全体を暖かくする方法です。 さらに細分化すると、「蓄熱式」「PTCヒーター式」「電熱線ヒーター式」などの方式に分けられます。

まず「蓄熱式」は、電気代が安くなる深夜の時間帯に電気を蓄えておき、日中帯に蓄えた電気を使用する方法です。蓄熱式の特徴としては、比較的安い深夜電力を利用するため、月々の電気代を抑えられることが挙げられます。

次に「PTCヒーター式」ですが、これは面状もしくはチップ状の熱源が、自動で温度調節をしながら暖めてくれます。同じ室内でも、日差しの入り方などによって床の温度に偏りが出ますが、PTCヒーター式では部分ごとの温度を自動で察知してくれるので、部屋の床面温度を一定に保てます。

最後は「電熱線ヒーター式」です。これは、電熱線が張られたパネル状のヒーターを敷くだけと、簡単な構造になっています。施工も楽にできるので、他の方法よりも初期費用が抑えられます。

・温水式
温水式床暖房は、フローリング下に温水パネルを設置する方法です。ガスや電気によって、水を温水に変え、床下を循環させることにより部屋を暖めていきます。電気とガス、どちらを使用するかは、住宅に備わっている給湯器によっても異なります。

電気式と温水式の違い

・機能面の違い
電気式は、電気線の結合部分にあたる床面が暖まらないため、部分的に冷たい箇所が発生します。さらに、同じ箇所に触れ続けているとその部分が高温になる可能性もあります。

しかし、温水式では、温水が床下を循環しているため、長時間同じ箇所に触れていても触れている箇所だけが高温になることはありません。また、部分的に冷たくなる箇所もなく、床全体を均一に暖めてくれます。

・コスト面の違い
初期費用としては、電気式よりも構造が複雑な温水式の方が高めです。ただし、毎月の光熱費としては、温水式の方が安い傾向にあります。コストで選ぶ際は、ランニングコストと初期費用のどちらも考慮して検討しましょう。

床暖房を導入するメリットとデメリット

pic2

続いて、床暖房を導入する前に確認しておきたい、メリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

・エアコンなどの暖房に比べて乾燥しにくい
エアコンやファンヒーターなど、温風が出る暖房機器だと乾燥が気になる方も多いです。床暖房は風を出さない分、皮膚の水分を蒸発させにくく、空気や肌の乾燥を防いでくれます。

・メンテナンスが楽
メンテナンスが簡単なことも床暖房のメリットです。特別なメンテナンスが必要ないため、手間がかからないだけでなくメンテナンス費用も節約できます。ただし、温水式で使用する不凍液は、定期的に入れ替えが必要となります。

・エアコンのような動作音がないため、静かに暖まる
床暖房は、耳障りな動作音や風の音がありません。そのため、静かに過ごしたい人にもおすすめです。

・ストーブを置くなど、場所を取らずに部屋を暖められる
床暖房なら、置き場所や収納場所を確保する必要がありません。リビングなどの広い部屋だけでなく、脱衣所やキッチンなど狭い場所にも最適の暖房設備です。配線も隠れているため、見た目もスッキリして部屋を広々と使えるでしょう。

・足元からじんわりと暖かさが広がる
エアコンは、暖かい空気が上に滞留してしまうため、足元は暖まりにくいという欠点があります。しかし、床暖房なら冷えやすい足元からじんわりと部屋全体を暖めてくれます。また、広い部屋でも均一に暖めてくれるので、部屋の中で気温差を感じることも少ないでしょう。

デメリット

・暖まるまでに時間がかかる
床暖房は、スイッチを入れてすぐに暖かくなるわけではありません。設定温度になるまで、ある程度時間が必要です。朝起きる時間に合わせて暖めたいのなら、タイマー機能などを活用すると良いでしょう。

・初期費用がかかる
床暖房に限ったことではありませんが、暖房設備を導入するにあたって初期費用がかかります。床暖房の場合、床下の工事が必要になるため、その分設置費用が高くなりがちです。設置面積や方式によって費用額が変わってくるので、予算を確認して自分や家族にあった床暖房を取り入れましょう。

・光熱費が高い
床暖房は、エアコンなどと比べて電気代やガス代等の光熱費が高めです。しかし、光熱費に関しても、設置面積や方式によって大きく異なります。特に、設置面積は広ければ広いほどかかる光熱費も高くなるので、毎月のランニングコストも考慮したうえで設置場所を決めましょう。

自分の生活と照らし合わせて導入を検討しよう

床暖房を選ぶ際にはコスト面と併せて快適性やメンテナンスの手間なども考慮して、自分にあったタイプを選ぶと良いでしょう。

床暖房の導入については、コスト面はどうしてもかかりますが、その半面メリットは多く、導入していない環境と比べて快適な生活が送れる可能性が高いです。費用に余裕があれば、床暖房の設置を検討してみてはいかがでしょうか。
家を建てるリノベーションする住まいを探す

(2019/03/20)