2DKと2LDKの違いとは?

2DKと2LDKの違いとは?
2DKと2LDKの違いとは?

2DKは、ダイニングキッチンと居室が2部屋。2LDKは、リビングダイニングキッチンと居室が2部屋ある間取りで、部屋数はどちらも同じです。ダイニングキッチンとリビングダイニングキッチンの違いは、広さによります。2DKや2LDKのように居室が2部屋以上ある間取りの場合、キッチンのあるスペースが6畳以上10畳未満であればダイニングキッチン、10畳以上はリビングダイニングキッチンと表記されます(※1)。

※1 出典:公益社団法人不動産公正取引協議会連合会「DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準」

2DKと2LDK、それぞれのメリットやデメリットは?

2DKや2LDKの間取りでの二人暮らしには、どのようなメリットやデメリットがあるのか比較していきましょう。

2DKのメリットやデメリット2DKは、一般的に1980年代に流行った間取りのため、築年数が経過した物件が多いといわれています。そのため、2DKは広さの割に比較的安い賃料で住めることがメリットです。リノベーションされているものであれば、室内は新築や築浅物件に近い状態の物件もあり、掘り出し物の物件を見つけられることもあります。ただし、内装や設備の古さが気になる物件も少なくなく、デメリットになる場合も。また、ダイニングキッチンの広さは6畳から10畳弱まで幅があります。6畳程度の場合は、食事をするスペースはあっても、くつろぐスペースまでは確保しにくい点もデメリットといえそうです。カップルの二人暮らしの場合、家族が増えた後にそのまま住み続けるには、少し手狭かも知れません。

2LDKのメリットやデメリット2LDKは広いリビングが確保できるのがメリット。子どもが生まれても、そのまま住み続けることもできる間取りです。また、2LDKは比較的築年数が浅い物件が多いです。しかし、賃貸では物件数が限られているため探しにくく、2DKよりも家賃が高めなことがデメリットといえます。

2DKと2LDKのどちらを選ぶ?

では、2DKと2LDK、それぞれどんなカップルに向いているのでしょうか?

2LDKがオススメなのはこんなカップル多くの友人を呼びたいカップルは、リビングダイニングキッチンでゆったりと過ごせる2LDKがオススメです。2LDKの場合、2部屋の居室をリビングスペース以外に使えます。遊びに来た友人を泊めることもできます。
また、2LDKなら共有スペースはLDKのみでも無理なく暮らせます。家で仕事をしたい、一人の時間も大切にしたいといった場合も、それぞれの部屋を確保できる2LDKの方が暮らしやすいでしょう。また、家族が増える可能性があるカップルも、2LDKなら子どもが生まれたあとも引越しをせずにそのまま暮らせます。さらに、2LDKの方が一般的に2DKよりも広いため、モノが多いカップルもすっきりと暮らしやすいです。

2DKがオススメなのはこんなカップル2DKは、一般的に広さの割に家賃が比較的安めの物件が多いため、なるべく家賃を抑えたいカップルに向いています。また、モノが少ないカップルや当面の間二人暮らしを予定しているケース、友人を呼ぶことが少ないカップルなどは、2DKでも快適に暮らすことができるのではないでしょうか。

2DK、2LDKといっても間取りは様々

一口に2DK、2LDKといっても、広さや間取りは物件によって異なります。たとえば、キッチンのあるスペースが9.9畳であればDK、10.1畳の場合はLDKになります。このような場合、2LDKよりも2DKの方が、居室部分が広いことも。
また、間取りによって居室の独立性が異なります。「振り分けタイプ」といわれるDKやLDKからそれぞれの居室に行くことができる間取りは、独立性が高いです。一方、片方の居室を通らなければ、もう一つの居室に行けない間取りは、それぞれの部屋としては使いにくい面があります。家を探す際は、どんな生活をしたいかを話し合い、2DKや2LDKの様々な物件を見て、二人のライフスタイルに合った住まいを探しましょう。

まとめ
・2DKと2LDKは部屋数は同じだが、キッチンのあるスペースの広さがDKとLDKで異なる。
・2DKは広さの割に家賃が安い物件が比較的多いことがメリット。
・2LDKはリビングゆとりがあることがメリットだが、物件数は限られ、家賃がやや高め。

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す