部屋を探すとき、間取りは大切なポイントになりますが、間取りの特徴がいまいちわからないという人も多いはず。なかでもLDKとDKはよく似ているため、間取り図だけを見ても違いを理解するのは難しいでしょう。

そこで今回は、それぞれの間取りの定義や、どういったすごし方ができるのかなどを解説します。間取りの特徴を知ることで、自分や家族が心地よく暮らせる部屋とは何か考えてみましょう。

物件情報でよく見かける「LDK」。なんとなくわかるけれど、正確に理解していないという人も多いのではないでしょうか。まずは、LDKについて解説しましょう。

 

LDKは、LとDとKが合わさった間取りを指します。

それぞれのアルファベットは、Lがリビング(居間)、Dはダイニング(食堂)、Kはキッチン(台所)です。

 

つまりLDKは、料理をして、食べて、その後くつろぐスペースがひとつの空間になっている部屋のこと。ダイニングには、食事をするためのダイニングテーブルとイスを置き、リビングはゆったり過ごせるよう、ソファやテレビなどを配置している家庭が多いです。

 

LDKのほかに、「DK」もよく見かける間取りです。こちらは、ダイニング+キッチンという間取りになり、料理をして食べるスペースが一体になっている部屋のこと。LDKと違い、リビング機能はほかの居室でまかないます。

LDKとDKの違いは、リビングがあるかないかの違いだと説明しましたが、よりわかりやすく言うと、くつろげるほどの広いスペースがあるかないかの違いです。つまり、単純に「広さ」が違うということですね。

 

では、何畳以上あればLDKで、何畳以下だとDKになるのでしょうか。
これについては、不動産公正取引協議会連合会という団体が目安を決めています。

食事をするために、あるいは食事をしてくつろぐために最低限必要な広さとして、下記の基準を定めています。

 

DKおよびLDKの最低必要な広さの目安

居室数 DK LDK
1部屋 4.5畳 8畳
2部屋以上 6畳 10畳

ご覧のとおり、居室数に応じて広さの下限も変わります。このあたりが少しわかりづらいかもしれませんね。

 

要約すると、キッチンのある部屋のほかに1部屋の居室(寝室)がある物件では、「キッチンのある部屋が4.5畳から8畳未満の場合はDK」で、「キッチンのある部屋が8畳以上の場合はLDK」となります。

ちなみに、キッチンのある部屋が4.5畳未満の場合は、「K」と表記されます。

 

同じように、居室(寝室)が2部屋以上ある場合、「キッチンのある部屋が6畳以上10畳未満の場合はDK」で、「キッチンのある部屋が10畳以上の場合はLDK」となります。

 

参考:不動産公正取引協議会連合会

LDKとDKの広さがわかったところで、それぞれの間取りがどんな人に向いているのかを見てみましょう。

LDKが向いている人

LDK の間取りが向いている人は、キッチン、食事をするスペース、くつろぐスペースがすべて同じ空間がいいという人です。これらが同空間にあると、食事後のリビングへの移動もスムーズで、DKにいたとしてもリビングにいる家族の様子を見ることができます。目を離せない小さなお子さんがいる家庭では、料理をしながら子守りができるため安心です。

 

また、広い空間がほしい人もLDKが向いています。LDKは、キッチン、ダイニング、リビングがひと続きになっているため、開放感があります。加えて、広さがある分、家具のレイアウトの自由度も高まるでしょう。

DKが向いている人

一方、料理と食事をするスペースと、くつろぐスペースを分けたいという人はDKが向いています。例えば、料理のにおいをリビングに充満させたくない、リビングをよりくつろげる空間にするため個室で確保したい、という場合です。

 

リビングが個室になれば、泊まり客の寝室などにもできるため、居室の数に余裕がない場合は重宝します。また、一般的に狭い部屋のほうが冷暖房は効きやすいため、光熱費を意識する家庭ではDKのほうが適しているでしょう。

 

さらに、DKとリビングとして使う部屋が隣り合っている物件であれば、扉を開放してLDKとして使うこともできます。シーン別に多様な使い方ができるのも、DKの良さのひとつです。

LDKが向いているのか、DKのほうが向いているのかは、家族構成によっても異なります。

ここでは、家族構成別のおすすめの間取りをご紹介。考え方の参考にしてみてください。

DINKSなどの少数世帯はDKも選択肢に

DKの広さは、居室数に応じて8畳未満あるいは10畳未満が目安となります。
広めのDKであれば、DINKSなどの少数世帯の場合は、リビング機能を持たせることも可能です。

 

また、面積が同じ物件の場合、LDKの物件よりもDKの物件のほうがその他の居室を広めにとることができます。居室の広さや数を重視したいときは、DKを選ぶとよいかもしれません。

3人家族以上はLDKがおすすめ

広さにもよりますが、3人家族以上の場合は、LDKのある物件のほうが過ごしやすいかもしれません。例えば、夫婦と小さなお子さん1人という家族構成でも、お子さんが大きくなるにつれ、DKでは窮屈に感じることも。LDKであれば、広い空間でのびのびと家族団らんを楽しむことができます。家族が多いほど、LDKのメリットは増えるでしょう。

 

しかし、これらはあくまでひとつの考え方にすぎません。それぞれの家庭が重視することに合った間取りを選んでいきましょう。

LDKとDKの広さは、不動産公正取引協議会連合会によって目安が定められていると説明しました。しかし、なかには正しく表記していない不動産会社も存在します。間取り図だけでなく、実際に物件を見て判断することが大切です。

 

また、面積はLDK の目安を満たしていても、部屋の形が変形している場合は、デッドスペースが生じることも。広さがあっても、それを十分に生かしきれない場合はLDKのメリットを得られません。

 

物件見学に赴いた際には、実際の広さを確認するとともに、家具の配置や動線、暮らしをイメージしながら見ると、失敗が少なくて済むでしょう。

間取りは部屋のあり方を決める重要な要素です。間取りが変われば、家でのすごし方も変わります。物件を選ぶときには、自分や家族がどんな時間を過ごしたいのか、どんな暮らしを望んでいるのかを考え、それに見合った間取りを慎重に選ぶことが大切です。

それぞれのライフスタイルに合った間取りを選び、ぜひ心地よい暮らしを実現させてくださいね。

・Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食堂)、Kはキッチン(台所)
・LDKと DKの違いは広さ。LDKのほうが広い
・LDKに向いているのは、料理、食事、くつろぐスペースを同一空間にほしい人
・DKが向いている人は、リビングを個室として確保したい人
・間取りによって暮らし方が変わるため慎重に選ぼう

公開日: