あると便利な設備としてよく名前が挙げられる“宅配ボックス”。マンションと比べるとまだ少数ですが、アパートに設置されているケースもあります。

多くのメリットを持つ設備ですが、具体的に宅配ボックスがあると日々の生活はどのように変わるのでしょうか。利用時の注意点と併せて解説していきます。

 

現在アパートに設置されている宅配ボックスは、主に「ダイヤル式宅配ボックス」と「電気式宅配ボックス」の2種類があります。

 

アパートの設備として多いのはダイヤル式ですが、双方にどんな特徴やメリット、そしてデメリットがあるのか見ていきましょう。

ダイヤル式宅配ボックス

 

不在時に荷物が届いた場合、宅配ボックスの中に荷物を入れ、ダイヤル式の暗証番号を入力して鍵をかけて保管するタイプの宅配ボックスです。自転車のダイヤル式チェーンロックをイメージすると理解しやすい人もいるかもしれません。

 

暗証番号は配達員が決め、配達員はポストの中に暗証番号を記した書類を残して帰ります。帰宅した際は、この暗証番号を入力して宅配ボックスを開けるだけで、再配達を依頼することなく荷物を取り出せます。

 

ただし、受領票の電子交付ができないため、荷物を受け取ったという証拠を残すために押印しなければなりません。

 

そのため、あらかじめダイヤル式宅配ボックスの中に印鑑を入れておき、荷物の到着と同時に、配達員に印鑑を押してもらうという方式で手続きを済ませるのが一般的です。

 

事前登録が不要ですぐに使える

 

アナログな仕組みの宅配ボックスであるため、事前登録が不要で、引越し直後からでもすぐに使えます。さまざまな手続きに追われ、多くの荷物に悩まされる忙しいタイミングでも、速やかに荷物を受け取れます。

 

誤配送されてしまっても荷物を取り出せる

 

仮に別の宅配ボックスに向けて誤配送されてしまった場合も、配達員から伝えられた暗証番号を入力すれば問題なく荷物を取り出せます。修正のために配達員を呼ぶ必要もなく、すぐに荷物を受け取れます。

 

盗難の可能性がゼロではない

 

ダイヤル式宅配ボックスの暗証番号は主に3~4桁の数字で決められます。見知らぬ人が短時間でロックを解除する確率は決して高くありませんが、根気強く鍵を回すと、いずれ解錠されてしまいます。

 

配達員が暗証番号を間違って伝えると開かない

 

配達員が設定した暗証番号と、それを伝えるメモに記載した暗証番号が間違っていると、宅配ボックスを開けることができません。配達員が暗証番号を伝え忘れたまま帰ってしまった場合も同様の問題が起こります。

電気式宅配ボックス

 

電気式宅配ボックスには液晶パネルが搭載されており、配達員が画面の指示に従って荷物を預けることになります。入居者が帰宅した際は、事前に登録した暗証番号、あるいは磁気情報が記録されたカードや自宅の鍵を使って宅配ボックスを開きます。

 

電気式の場合は、ボックス内に荷物を預けたタイミングで受領印が交付されることが多いため、基本的にはボックス内に印鑑を収納しておく必要がありません。

 

電気式宅配ボックスならではのメリットを紹介します。主に防犯面で効果を発揮します。

 

防犯性が高い

 

電気式の場合、利用者であることを示す磁気情報を含んだカードや鍵がなければ宅配ボックスを解錠できません。偶然解錠されるリスクがないので、盗難に遭う確率は低いといえます。

 

荷物の保管期間がデータとして残る

 

荷物が届けられた日付がデータで記録されるため、一定期間放置された荷物は管理会社による回収、あるいは返送といった対応が取られます。そのため、常に宅配ボックスが埋まっているという状況になることが少なく、利用できます。

 

配達を通知してくれるサービスもある

 

宅配ボックスに荷物が届けられた瞬間に、インターホンが鳴ったり、指定したアドレスにメールを送信してくれたりする通知サービスもあり、荷物の到着にすぐ気づけます。

 

電気式ならではのデメリットについても押さえておきましょう。ダイヤル式とは異なる注意点があります。

 

暗証番号を何度か間違えるとエラーで取り出せなくなる

 

セキュリティ上、間違った暗証番号を連続で入力するとエラーとして扱われてしまい、荷物を取り出せなくなります。もちろん解除することはできますが、本人確認が行われた後でなければ対応できない場合が多く、荷物の受け取りまでに時間がかかってしまいます。

 

誤配達されてしまった場合、荷物を取り出せない

 

誤った部屋番号に配達されてしまった場合、自分の暗証番号や鍵では宅配ボックスを開けられず、荷物を取り出せません。誤配達先の住民と連絡を取るか、管理会社や宅配会社などからの対応を受けるまで受け取れない点がデメリットです。

アパートに宅配ボックスがあるメリット

 

宅配ボックスがある物件に限定して住まい探しをするという人もいますが、アパートに宅配ボックスがあるとどのようなメリットを得られるのでしょうか。

 

利便性と防犯性という2つの側面から紹介します。

 

仕事などで日中に外出することが多く、宅配便を受け取ることができない場合、帰宅したタイミングで確実に荷物を受け取れる宅配ボックスはとても便利です。

 

また、再配達を依頼する必要もなくなるため、受け取りのためにわざわざ自宅で待機することがなくなり、荷物を待つストレスから解放されます。

 

配達員を装って侵入を試みる不審者に対しても、宅配ボックスを経由すれば配達員と顔を合わせることがないため防犯対策になります。

宅配ボックスを利用する際の注意点

 

最後に、宅配ボックス利用時に注意すべきことについても述べていきます。

 

希望していた配達に対応できず、計画が狂ってしまう可能性もあるため、事前にトラブルの想定をして、対策を考えておきましょう。

 

宅配ボックスには非対応の荷物があります。たとえば、生鮮食品や冷凍食品、書留郵便、貴重品や高額商品、代引き・着払いなど商品と引き換えに代金の支払いが必要な荷物に関しては、基本的に宅配ボックスに預けることができません。

 

また、宅配ボックスの中に物理的に入りきらないサイズの荷物に関しても、持ち帰りという対応を受けることになります。事前に宅配ボックスで対応できるサイズや荷物の種類を調べておきましょう。

 

宅配ボックスに空きがなかったり、配達員が宅配ボックスの存在に気づかなかったりした場合など、宅配ボックスの中に荷物を預けてもらえない場合があります。このような場合は、通常どおりに投函された不在票を使って再配達を申し込まなければなりません。

 

宅配ボックスはダイヤル式と電気式の2種類があり、前者は登録不要で手軽に利用でき、後者は防犯性が高いといった特徴を持っています。

 

双方のメリットのみならず、デメリットや注意点についても覚えておき、上手に宅配ボックスを利用しましょう。

公開日: