一人暮らしの標準的な部屋の広さは?

一人暮らし
LIFULL HOME'Sの提供する“家賃相場”のページを参考にしてみましょう。首都圏エリアの市町村ごとに、対象の間取りすべての物件情報から算出した家賃相場が表示されます。そこで、“ワンルーム・1K・1DK”の物件について調べてみました。

一人暮らし向け物件は25平米前後が標準的

表示された相場は、希望条件でさらに絞り込めます。まず専有面積を“20〜25m2”として絞り込むと、いずれのエリアでも相場よりも安い家賃となりました。同様に条件を“25〜30m2”に変えると、今度は相場よりも高い家賃となります。つまり、一人暮らし向けであるワンルーム・1K・1DK物件の専有面積は、25m2前後が標準的な広さといえるでしょう。なおバルコニーやテラスは専有面積に含まれません。

家賃相場の目安を見る

25平米ってどれくらいの広さ?

 一人暮らし

約25平米の物件の多くは、一人暮らし向けのワンルームまたは1Kです。

ワンルームと1Kは、一般的に1つの居室+水回り(キッチン、バス、トイレ)で構成される間取りですが、1Kは居室とキッチンの間に扉や間仕切りなどがあり、部屋が分かれています。


25平米の一般的な間取り
では、具体的にどのような間取りなのでしょうか?

専有面積が約25平米の物件を調べてみると、間取りのバリエーションはそれほど多くなく、下記のような構成が一般的でした。


●25平米の間取りの例
・7〜8畳ほどの居室
・幅100cm前後のクローゼット
・廊下に面したミニキッチン
・バス・トイレ別



25平米未満の物件の間取り
また、専有面積が20平米前後の物件についても調べてみました。

約20平米になると、居室の中にミニキッチンを配置したワンルームが主流になります。

また、居室の広さは6畳程度、あるいは収納がないケースも多く、浴室は3点ユニットバス(バス・トイレ・洗面台が一体)がほとんどです。家賃の安さや立地を優先した、コンパクトな印象の住まいとなります。


25平米は持ち物が多くなければ快適に過ごせる広さ
25平米の物件であれば、ベッド・本棚・デスク・テレビといった一人暮らしの生活に必要な家具を、居室にひと通り配置することが可能です。持ち物の量が多い人でなければ、快適に暮らせる広さといえます。

部屋探しのポイントは?

 一人暮らし
25平米前後の物件を探す際に、注意したいポイントを確認してみましょう。専有面積が同じ部屋でも、水回りの配置や居室の形状によって生活空間の広さが異なってくることがあります。


収納が充実しているか
単純な居室の広さだけでなく、収納にも注目してみましょう。なかには、クローゼットや押し入れがない物件もあります。そのような部屋では大きめの収納家具が必要になるため、生活空間が狭くなりがち。収納のない部屋は、持ち物の量が少ない人にオススメです。

玄関であれば靴の収納、トイレや洗面所であればトイレットペーパーや洗剤を入れる収納など、その空間で使用する物が片付けられる収納が充実していると、すっきりと暮らしやすいです。


洗濯機置き場の場所はどこか
洗濯機は電気と水道を使用するため、自由な場所に置くことはできません。間取りのチェックや内覧時には、洗濯機置き場の位置を確認しましょう。

バルコニーなど室外に洗濯機を置く場合は、その分、室内を広く使用することができます。ただし、洗濯機の外置きは「洗濯機が傷みやすい」「洗濯が面倒に感じやすい」といったデメリットがあることも念頭に置いておきましょう。

また、洗濯機置き場自体が室内外になく、クリーニングやコインランドリーの使用を想定している物件もあります。



部屋の形状もチェックする
一般的な部屋の形状は長方形で、家具の配置がしやすいタイプが多いです。居室が変形している場合や太い柱や梁が出ている空間では、家具を置ける場所や大きさがおのずと決まってしまう場合もあります。

特に、一人暮らしを始めるにあたり“必ず置きたい”という家具が決まっている場合は、使いやすい場所に配置可能かを確認しましょう。

また、通り道になる場所には家具を置けません。出入り口やバルコニーの位置が変わっている物件は、どのような生活動線になるか想定してみるといいでしょう。

25平米の物件は一人暮らし向き

ワンルームや1Kにおいて、専有面積25平米の物件は、一人暮らしに必要な家具や家電を、ひと通り置くことができます。

ただし、趣味や仕事で持ち物の量がに多い人の場合は、不便を感じる広さかもしれません。

置きたい家具のおおまかな大きさを下調べしておき、間取り図上で配置をシミュレーションしてみるといいでしょう。

まとめ

・ワンルーム〜1Kの物件において、専有面積25平米は一人暮らし向きの広さ
・25平米あれば一人暮らしに必要な家具類をひと通り置くことができる
・収納量や居室の形状などによって使用できる空間の広さは変わってくる

賃貸物件を探す一人暮らしにぴったり物件を探す