1畳の広さとは?

間取り図に記載されている1畳の広さについては、1.62m2と決められています。
これは不動産の表示に関する公正競争規約施行規則という業界団体が決めたルールに定められており、賃貸物件の間取り図についても、この数値をベースに表示していることが多いのです。

例えば、居室6畳と記載されている場合の広さは1.62m2×6=9.72m2ということになります。
都内の場合、20m2前後のワンルームが比較的多いので、居室が6畳というと室内のおよそ半分の面積が居室ということになるでしょう。

1畳=1.62m2は例外がある

 畳・畳とは

上記はあくまで業界団体の設定した表示上のルールのため、必ずしも1.62m2とは限りません。
特に畳については、京間、中京間、江戸間、団地間といった種類があり、それぞれ1畳の広さが次のように違うのです。

京間:1.82m2
中京間:1.65m2
江戸間:1.54m2
団地間:1.44m2

1畳=1.62m2とする以外では、中京間の1.65m2をベースに畳数を計算しているケースが多くあります。
広さの単位として不動産でよく用いられるものに「坪」がありますが、1坪は3.31m2です。これは中京間の2畳分に相当するため、これをベースとして1畳=3.31m2÷2=1.65m2として扱うのです。

ただ、いずれにしても間取り図の畳数についてはそこまで正確ではありません。
というのも、不動産会社が間取り図を作成する際に、必ずしも部屋の中で採寸をして計算するわけではなく、見た目などからおよその畳数を決めていることもあったりします。

また、鉄筋コンクリートのマンションなどの場合は、室内に梁が出ていることも多く、広さを畳数でピッタリ表現することは難しいのです。

そのため、間取り図に記載されている畳数については、あくまで参考程度にして、実際の広さは内見して自分の目で見て確認することをおすすめします。

居住人数に合わせた最適な広さとは?

では、実際に部屋を借りるとしたら、どのくらいの広さが理想的なのでしょうか。ここでは、室内全体の広さと、居室部分の広さの両方について考えてみたいと思います。

一人暮らしの一般的なサイズは?
 帖・畳とは
一人暮らし用のワンルームや1Kについては、都内の場合およそ室内全体の広さで20m2~25m2くらいが一般的で、20m2を下回ると少し狭いという印象です。
ただ、重要なことは部屋全体の広さではなく、居室部分の広さだということを忘れてはいけません。

例えば、室内全体が25m2の1Kなのに、居室の広さが6畳と表記されているような場合は、6畳=1.62m2×6=9.72m2なので、水回りや廊下の占める割合が多くなることがわかります。

反対に、室内全体が20m2の1Kなのに居室が7畳と表示されているような物件は、キッチンやバスルームが非常に狭いことになります。

部屋探しをする際に重要なことは、室内全体の平米数と居室部分の畳数のバランスが、自分自身が希望しているライフスタイルにマッチしているかどうかです。

キッチンやバスルームがゆったりとした部屋を借りたいのであれば、「25m2で居室が6畳」の物件が理想的ですし、反対に居室がとにかく広い部屋を借りたいのであれば「25m2で居室8畳」がより希望に近いでしょう。

また、25m2だと家賃が予算オーバーしてしまうようであれば、「20m2で居室6畳以下」の部屋を探せば、安くてキッチンやバスルームが広い部屋を見つけられ、「20m2で居室8畳」の部屋を探せば、キッチンは狭くても居室が広い部屋を見つけられるでしょう。

このように室内全体の専有面積平米数と居室の畳数、どちらかだけを見ていると、自分のライフスタイルに合った部屋を探すのに時間がかかるかもしれません。室内全体の広さに対して、居室の畳数がどの程度あるのか、それによって物件を取捨選択していくことがポイントです。



ファミリータイプの一般的なサイズは?
 帖・畳とは
2人以上のファミリータイプの賃貸物件の場合、都内であれば室内全体の広さで40~60m2くらいが一般的です。40m2ですと、6畳2間の2DKくらいの広さになるため、2人暮らしのルームシェアなどに向いています。

新婚夫婦や子どもがいる世帯については、室内全体で50~60m2、6畳2間の2LDK以上の間取りを選んだほうが居住空間に余裕が持てるでしょう。

先ほどの一人暮らしの時と同じく、重要なことは平米数だけではなく、居室ごとの畳数などとのバランスです。

リビングをあまり使わないご家庭であれば、リビング6畳で居室が6畳2間くらいある方が使い勝手がいいですし、リビングで過ごす時間が長いご家庭についてはリビング10畳以上、居室6畳で、リビングにソファや家具などをたくさん配置できた方がよいでしょう。

このように、リビングが狭くても部屋が多い方がよいのか、それとも部屋は1LDKでもよいからリビングを広くしたいのか、個々の希望によってベストマッチする部屋は変わってきます。

平米数や畳数は一つの目安にすぎない

平米数や畳数は、部屋探しをする際の目安となりますが、広さだけではなく予算に合わせたバランスもとても重要です。特に、安くてよい物件を探すのであれば、平米数を絞って居室の畳数が広い部屋を探すとよいでしょう。

平米数にとらわれず、気になる物件は積極的に内見をして、実際の使い勝手などを確認することが最も重要です。

まとめ

・1畳=1.62m2とすることが一般的ですが、1.65m2とすることもある
・畳数の広さは必ずしも正確ではない場合があるため、気になる物件は積極的に内見して確認することが重要
・室内の平米数や居室の畳数など広さだけではなく、間取りのバランスと自身のライフスタイルとのマッチングが重要

賃貸物件を探す