近年増えてきているオール電化ですが、具体的にはどのような部分に変化があり、どんなメリットを感じられるのでしょうか。

今回は、オール電化を導入する場合の注意点も紹介し、オール電化への切り替えで必ず押さえるべきポイントをお伝えします。

IHコンロを使う女性

調理や空調、給湯などの熱源は、従来であれば電気とガス、灯油などで使い分けることが一般的でしたが、これをすべて電気で賄うシステムが「オール電化」です。

 

オール電化を導入すると、そのほかの熱源を利用することがなくなるので、光熱費を合算して割安にしたり、太陽光発電と組み合わせてエコに貢献したりできます。

まずは、オール電化に変更した際にどんな部分が変化するのか、主なオール電化設備の例をご紹介します。

電磁波を利用して熱を発生させ、直火を使わずに調理できる器具がIHクッキングヒーターです。コンロから火が出ないため、安全性が高く、平らな設計で掃除をしやすいことが大きなメリットです。さらに熱伝導率が高く、光熱費を削減できることもポイントになります。

 

IHクッキングヒーターを設置する際には、200Vの電源が必要なので、IH用にブレーカーを200Vに変更する工事を同時に行うことが一般的です。

電気代が安い夜間に蓄熱材を温めておき、需要が大きい昼間に放熱するシステムを取り入れられるため、光熱費を抑えて床暖房を使えます。

 

後述するエコキュートで温めたお湯を循環させる方法も使え、床だけでなく、部屋全体を包み込むように温められることがメリットです。

室外に大きなタンクを用意して、タンクにくみ上げた水を電気の力で沸かすことができるのが、エコキュートや電気温水器です。

 

いずれも仕組みや効果は変わりませんが、コンパクトな電気温水器に比べて、エコキュートの設置には、ある程度のスペースが必要になります。そのため、マンションやアパートでオール電化にリフォームする際には、エコキュートを設置できない可能性があります。

貯金する女性

オール電化へのリフォームにはそれなりの費用がかかりますが、初期投資を行ってでもオール電化を導入するメリットはあるのでしょうか。ここからは、オール電化を取り入れた場合に、日常生活でどんな効果を実感できるのか、具体的な例を挙げてご紹介します。

ガス代と電気代は、それぞれ使用した分の料金と別に基本料金がかかりますが、電気だけにまとめることで、ガスの基本料金がかからなくなります。

2014年に総務省統計局が行った家計調査では、電気とガス、灯油を合わせた年間平均使用額は23万円を上回っていますが、オール電化の家庭は、約19万円と割安です。

 

電気代は、需要が少ない夜間・深夜に安くなるという特徴があります。この時間を利用してお湯を沸かしたり、溜めたりできることもオール電化のメリットです。本来なら電気代が高い時間帯でも、安い夜間電力で沸かしたお湯を使うことができるので、電気代の節約につながります。

 

ただし、電気を使用する時間帯は各家庭によって異なるため、昼間に電気をたくさん使う家庭の場合は、反対に電気代が高くなる可能性もあります。

日本は地震や台風などの災害を受けやすい国で、その度に電気やガスなどのライフラインがストップし、復旧まで時間を要します。特にガスは、ガス漏れの有無について安全確認が必須なので、供給の再開に長い時間がかかります。

 

一方、電気は比較的速やかに供給が再開されるため、有事の際でも日常生活に戻りやすくなるというのもメリットです。

保険会社によっては、オール電化住宅の火災保険料の割引を行っているところもあり、通常のプランで契約を結ぶよりも、保険料を安くできます。

 

割引の適用条件は保険会社によって異なるため、内容を詳しく確認する必要がありますが、暮らしに必須な保険料を削減できることは大きなメリットです。

前述したように、電気代には夜間が安く昼間は高いという特徴がありますが、太陽光発電を取り入れると、料金が高い昼間の電気は自家発電で賄うことができます。

設置費用は高額ですが、使い切らなかった分の電気は売ることも可能なので、黒字化させられるケースもあります。

オール電化を取り入れる際には、いくつかのデメリットも生じることになります。メリットとデメリットを見極めて、ご自身の生活スタイルにオール電化がマッチする場合には、本格的に導入を検討しましょう。

オール電化に切り替えると、それまで使っていたガスコンロを使用できなくなり、IHクッキングヒーターを使った調理に限定されてしまいます。

中華料理のような、強い火力を必要とする調理を好まれている方にとっては、若干の物足りなさを感じる可能性があります。

 

また、電気を通さない調理器具を使うことができないので、IH非対応の土鍋などをIHクッキングヒーターで使うことはできません。こういった調理器具を使用したいのであれば、別にカセット式のガスコンロなどを用意する必要があります。

ガスを燃料にする暖房器具が使えなくなるので、過去に購入して使用していた器具がある場合には、なんらかの形で処分しなければなりません。エアコンはそのまま使い続けられますが、床暖房がガス式の場合には、全体のシステムを変更する必要が生じます。

災害時以外でも停電が発生することがありますが、なんらかの理由で電気の供給がストップしてしまうと、家全体の熱源が断たれます。ガスを併用している家庭なら、電気だけが止まってもガスを使用する調理などは行えますが、オール電化の場合はそれができません。

 

これはオール電化における最大の弱点でもありますが、それを解消するためのシステムも整えられつつあります。オール電化の普及に合わせて、停電時にも利用を継続できる機器も増えはじめていますから、停電に対応できる機器の導入も検討するといいでしょう。

オール電化を導入することにより、光熱費を削減し、安全性を高め、災害時にも素早くライフラインを復旧させられる住宅へとリフォームすることができます。

ガス器具が使えなくなることや、停電時に弱いことはデメリットになりますが、特に後者の問題に対しては解決策も用意されており、利便性が増していることも確かです。メリットやデメリットを考慮し、オール電化の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

公開日: