室内でどれくらいの紫外線を浴びているのでしょうか?

pixta_29455646_S
室内と言っても紫外線は侮れません

そもそも紫外線は「人」にとっても「もの」にとっても、有害となる電磁波です。人が浴びれば皮膚が日焼けしますし、室内の家具やカーテン、壁紙などが浴びれば色褪せの原因になります。

一般的には、室内で窓を閉めている状態でも、晴れの日で屋外のおよそ80%、曇りの日でも50%の紫外線が室内にまで届いていると言われています。そのため、何の対策もしないまま窓際で昼寝をしていると、気が付かないうちに大量の紫外線を浴びてしまうのです。

紫外線は、日焼けをするだけでなく、健康面では皮膚ガンや白内障、さらには肌の老化にもつながると言われていますので、室内に入る紫外線はできる限りカットするのが好ましいと言えるでしょう。

紫外線をカットできる「low-e複層ガラス」とは?

室内の紫外線対策として最も有効なのが、窓ガラスのリフォームです。一般的な窓ガラスでは紫外線を室内に通してしまいますが、low-e複層ガラスと言われるガラスであれば、紫外線を一定量カットすることができます。

pixta_22995717_S
紫外線を一定量カットすることができるのがlow-e複層ガラスです。

low-e複層ガラスとは、複層ガラスの一種です。ガラスの内部に「low-e膜」と呼ばれる特殊金属膜を設けており、これによりかなりの紫外線量をカットできるのです。一般的なガラスの場合、カットできる紫外線量は屋外のおよそ20%程度ですが、low-e複層ガラスであれば、なんと80%以上の紫外線量をカットできると言われています。

室内の紫外線対策として、紫外線カットフィルムや紫外線カットカーテンなどの商品もあります。確かにこれらの商品でも、一定の紫外線カット効果は得られますが、その反面、設置することで室内が暗くなるというデメリットがあります。

これに対し、low-e複層ガラスは一般的なガラスと変わらず室内を明るく照らすことが可能です。採光性は維持しつつも、紫外線についてはカットしてくれる今までにない画期的な紫外線対策方法なのです。

low-e複層ガラスにデメリットはあるのか

メリットの多いlow-e複層ガラスですが、あえてデメリットをあげるとすれば、以下の3点です。

デメリット1:一般的なガラスよりも割高
low-e複層ガラスは特殊加工されたガラスのため、通常のガラスよりも価格が割高です。ただ、リフォームが必要なのは、窓際にいることが多いリビングや寝室など一部の窓のみのため、それほど大きな負担にはならないでしょう。

デメリット2:透明性に欠ける
low-e複層ガラスに含まれる特殊金属膜が、微妙に光を反射させるためか、一般的なガラスに比べ、透明性に欠ける場合があり、ものによってはミラーのように反射して見える場合もあるそうです。ただ、生活に支障が出るほどのものでもないため、そこまで気にする必要はありません。

デメリット3:費用がかかる
他の対策よりも費用がかかります。

このように、全くデメリットがないとは言い切れませんが、そこまで深刻な内容でもないため、予算さえ合えば問題ないでしょう。

室内の紫外線対策で、暮らしが豊かになる

pixta_14999331_S
UVカットフィルムやUVカットカーテン
なども有効な対策です

窓のリフォーム以外にも、例えばUVカットフィルムやUVカットカーテンを配置したり、家の中でUVカットのクリームをぬったりなど色々と対策はあります。用途や予算にあわせて対策をしていったほうがいいでしょう。

たかが紫外線対策と思うかもしれませんが、紫外線は私たちの生活に大きな影響をもたらします。日々の生活の中で室内に大量の紫外線が降り注げば、家族の健康面に大きく影響します。さらに、家具や衣類、壁紙などについても、紫外線を浴びる分だけ経年変化が早くなり、部屋の見た目も築年数以上に古くなってしまいます。

紫外線対策も様々あるので、健康や住まいのために気を付けていきたいですね。

関連記事

窓ガラスで暮らしが変わる!? 防犯・防音・防寒目線で窓ガラスを選ぶ
住まいの暑さ対策。少しの工夫で猛暑を乗り切る方法
本当にベストなの? 南向き部屋のメリット・デメリット
住まいの性能向上をしながら、お得な控除を活用しよう
生活費が抑えられそうな街ランキング

(2017/07/18)