節約できるだけでなく、エコにも貢献できる物件として支持されるオール電化住宅。住宅設備で物件を選ぶ際、またはリフォームなどを行う際に、どのタイプの床暖房がよいのか迷ったことはありませんか。オール電化住宅の場合は、温水循環式の床暖房との相性がよいといわれています。その理由がどこにあるのか、そして何に注意すべきなのかを解説します。

温水循環式床暖房

床暖房には複数のタイプがあります。代表的な2種類に分類すると、電気ヒーター式床暖房と温水循環式床暖房に分かれています。それぞれメリットとデメリットがありますので、まずは両方の特徴について詳しく見ていきましょう。

電気を使って暖めるタイプの床暖房です。床材のすぐ下に発熱体、または蓄熱体を設置し、そこに電気を流すことによって加熱していきます。長所として考えられるのは、暖まるまでの時間が短く、素早く暖房効果を感じられることや、小さなスペースに対しても設置できる柔軟性を擁していることです。一方で短所になりやすいのが、温度のムラが生じやすく、低温火傷を負う可能性があることです。

こちらは床暖房を使用したい場所にパイプを通し、外部で加熱した温水をパイプに流すことによって、床下から部屋を暖めるタイプの床暖房です。必ずしも電気を通して加熱する必要がなく、ガスを使ったり、灯油を使ったりしながら加熱する場合があることも特徴的です。温水循環式床暖房の長所と短所は、これからじっくりと紹介していきます。

電気によってすべてのエネルギーを賄おうとするオール電化住宅に床暖房を導入する際には、温水循環式床暖房、中でも電気を熱源とするタイプの相性がよいと考えられます。電気ヒーター式床暖房にも多数のメリットが備わっているにもかかわらず、なぜ温水循環式床暖房のほうが相性良好なのかといえば、高額な電気代がかかりやすい時間帯に電気を使わずに床暖房を利用できることなどが挙げられます。その詳細について詳しく触れていきましょう。

温水循環式床暖房は熱源によりさらに細かくタイプが分類されますが、オール電化住宅の場合、電気を熱源とするエコキュート、あるいはヒートポンプ式床暖房を選ぶことで、より大きなメリットを感じられます。

 

エコキュートの床暖房は、床下に配置したパイプに向けて、エコキュートを使って沸かしたお湯を流し込み、床暖房として機能させるタイプの商品です。一方のヒートポンプ式床暖房の場合は、仕組みそのものはエコキュートと同等ですが、エネルギー源として大気熱を利用することが特徴的で、CO2を排出することがないエコな床暖房です。

 

選び方としては、これからオール電化を始めようという方にはエコキュートが適しています。これははじめから多くの機能を備えているエコキュートを導入することにより、新しく熱源機を設置しなくても床暖房を備えられるためです。

 

一方で、すでにオール電化住宅であり、これから床暖房を追加したいという方にはヒートポンプ式床暖房が適しています。オール電化済みの場合、すでに設置している機器を多機能型のエコキュートに付け替えなければならず、工事を含めたコストがかさみやすくなるためです。ヒートポンプ式床暖房を導入すれば、熱源機と床暖房パネルを追加で設置するだけで、床暖房を手に入れることができます。

リビングでくつろぐ家族

ここからは、エコキュート床暖房を導入するメリットについて3点を紹介していきます。コスト面から安全面に至るまで多くのメリットを得られるため、さまざまな面に期待することができ、魅力的に感じられるはずです。

第一のメリットがコストの削減です。深夜に沸かしておいたお湯を使って床暖房を稼働させられるので、ランニングコストが安くなります。オール電化を選択した場合、需要が高い日中に電気を使うと電気代が高額になるというデメリットがありますが、その半面、需要が低い夜間に利用する電気代は割安になるという特徴があります。エコキュートでは、電気代が安い時間帯にお湯を用意できるので、電気代を減らして床暖房を稼働させられるのです。

後から床暖房を設置する場合、熱源機を設置することが必須となり、熱源機のためのスペースを用意しなければなりません。はじめからエコキュートを導入しておくと、この設置スペースそのものを削減できるので、土地や建物にゆとりを持たせたまま床暖房を設置できます。

床暖房を導入することでストーブなどを使用しなくなり、火事の危険を減らすことができます。とくに小さな子どもがいる場合、ストーブは火傷のリスクも抱える道具になりますが、床暖房ならそういった危険が減り、安全性を確保することが可能です。

 

部屋全体を暖める方法としてはエアコンも有効ではありますが、エアコンが抱える空気が乾燥しやすくなるというデメリットを床暖房は持たないため、喉を痛めたり、肌が乾燥したりすることも少なくなります。温風が頭に直撃することもなく、足元から優しく暖められることも床暖房ならではのメリットと言えます。

 

リビングに床暖房を設置した場合は、床暖房を求めて家族が1ヶ所に集まりやすくなるため、一家団らんの機会が増えることにも期待できるでしょう。

次に、ヒートポンプ式床暖房のメリットを4点紹介します。エコキュートとは異なるメリットを備えており、こちらも有力な選択肢になることは間違いありません。

ヒートポンプ式床暖房を導入するために必要な工事は、室外に熱源機を設置することと、床暖房のパネルを張り替えることの2つに限定されます。そのため、リフォーム工事も長い時間がかからず、費用も抑えられます。

エコキュートの場合は暖められる面積が一定以下に限られてしまいますが、ヒートポンプ式床暖房の場合は自由度が高く、エコキュートと比べておよそ3倍の範囲を暖められる点もメリットです。

都市ガスを使って床暖房を稼働した場合と比較してランニングコストを2/3以下にまで削減できます。エコキュートほどではありませんが、数十年という期間にわたって使用することを考えれば魅力的です。

エコキュートの場合は深夜につくったお湯を利用するため、お湯を使い切ると床暖房を稼働させられませんが、ヒートポンプ式床暖房ならお湯切れの心配がなく、いつでも好きなだけ床暖房を使えます。

床で眠る女性

最後に、温水循環式床暖房を導入する場合に考えるべき注意点を紹介します。コストの面を筆頭に、故障時の対応や地域により異なる事情なども考慮しなければなりません。マイナス面についても詳しく知ったうえで、導入の有無を検討してください。

とくにエコキュートの場合、導入する際にかかる初期費用が高いことがデメリットになります。エコキュート本体を購入する際にかかる資金に加え、本体を取り付けるための工事費や基礎工事費、現在ガス給湯器などを使用している場合には、それらの機器を撤去するための費用も初期費用としてかかるため、トータルの費用が高くなるのです。

 

エコキュート本体は、サイズやタイプによって価格が変動します。床暖房を稼働させる時間が長い場合は、それに対応できる量のお湯を蓄えられる機器を設置する必要があり、容量が大きくなればなるほど価格も高くなります。機種などによって変動しますが、エコキュートの設置にかかる初期費用はおよそ40万円~、工事費が10~15万円程度、床暖房の設置にかかる費用が6畳約65万円~とされています。

温水循環式床暖房は、床暖房の機能を持つだけではなく、給湯器としての役割を果たすことにもなります。そのため、もしも本体が故障してしまった場合には、床暖房としての機能が停止するだけではなく、給湯もストップすることを覚えておかなければなりません。

 

給湯機能が止まってしまうと、キッチンでお湯を出すことも、浴室でお湯を出すこともできなくなってしまいます。そうなれば快適な生活を送ることができません。保証対象外の修理を迫られた場合には、修理費を計上する必要まであります。

温水循環式床暖房は、外気温に性能を左右されるという特性を持っています。そのため、外気温が低い寒冷地で導入する場合には、専用仕様の温水循環式床暖房を購入しなければなりません。一般仕様の温水循環式床暖房を購入して寒冷地で使用した場合、カタログなどに記載されているとおりの性能は期待できません。

 

専用仕様の機器は、寒冷地でも十分な暖かさを確保する性能が備えられているだけではなく、凍結しにくい配管が使用される場合もあります。将来的な故障リスクを考慮したうえでも、地域に合ったタイプの温水循環式床暖房を購入しましょう。

新たに床暖房を導入する際、オール電化の家庭の場合には、温水循環式床暖房との相性が優れていることを覚えておきましょう。温水循環式床暖房はエコキュートとヒートポンプ式床暖房の2種類に分かれます。双方のメリットとデメリットを併せて知り、何を導入すべきか検討してください。

公開日: