築10年目でチェックしておくこととは?

築10年目でチェックしておくこととは?
築10年目でチェックしておくこととは?

新築から築年数10年目までは劣化が進んでいないため、家のリフォームの必要性は低い時期です。
また「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいて完成引渡しから10年間の保証が義務付けられているため、建物に瑕疵が見つかった場合は買主が売主や施工会社に対して補修や損害賠償、修補不能な場合は売買契約の解除を請求できます。
ただし保証の対象となる部分は、構造耐力上主要な部分(基礎、柱、屋根、床など)と雨水の浸入を防止する部分(屋根、外壁など)であり、住宅設備は対象外です。築10年目までに住宅設備に関わる配管の水漏れや電気系統の不具合が起こった場合は、製品自体の問題とは別に新築時の施工上の問題の可能性があるので施工会社に問合せしてみるのも良いでしょう。

また一戸建てと違ってマンションの場合は排水管などが共用部になるため管理組合で修繕することになります。設備機器のメーカー保証期間は商品によって異なりますが、1~2年前後と短いものが多く、メーカーや施工会社が独自にメーカー保証と同等の保証を有償で延長できるサービスを行っているため、利用するのも1つの手です。

築10年目以降の状況

築10年目のリフォームに多いのは?
築10年目のリフォームに多いのは?

築10年を過ぎた時期から外壁や屋根は雨風による汚れや腐食、錆が出始め、内装は壁クロスの汚れやフローリングの傷や反り、建具の開閉時の不具合などが気になりだします。また住宅設備機器では見た目と性能面での劣化が始まります。
キッチンではコンロやレンジフードなどの電気系統の劣化による誤作動の頻度が増え、排水管内の詰まりや腐食、収納棚の開閉の不具合、キッチンカウンターやバックパネルの汚れや傷が目立ってきます。

また、家族構成や年代の変化によるキッチンカウンターのレイアウトへの不満が出てくるのもこの時期です。
キッチンの保証期間はメーカーや製品によって異なりますが2年が多く、レンジフードなど電子部品を含むものについては1年と短いのが一般的です。
リフォームをする前に家族でキッチンへの不満やレイアウトの希望を聞いて考えをまとめておきましょう。
キッチン本体はI・L・U字型があり、シンクとコンロが分かれたアイランド型を組み合わせるパターンなど様々なので、生活スタイルに合ったタイプを選ぶと良いでしょう。カウンターの高さや奥行きなどちょっとした寸法の違いで調理作業のしやすさが変わりますので、メーカーのショールームで実物を体験した上で決定することをおすすめします。

想定される工事としてはキッチンを入れ替えて排水管経路の変更をする、コンセントや換気扇の位置変更では電気配線工事、収納棚設置では壁下地補強など内装工事が必要になります。
キッチン以外の住宅設備機器については次で紹介します。

洗面化粧台のリフォーム

洗面化粧台のリフォーム
洗面化粧台のリフォーム

洗面化粧台ではボールやカウンターの欠損、配管のひび割れやジョイント部劣化による水漏れ、収納棚の開閉の不具合、鏡枠など金属部分に錆が発生してきます。
また洗面化粧台のメーカー保証期間は2年が一般的です。現在の機器と同じサイズ・機能のものへの入れ替えであれば基本的に工事は必要なく、収納棚を新たに設置したり鏡に曇り止めヒーター機能を付ける場合には内装工事や電気配線工事が必要になります。
洗面化粧台周りは水がこぼれやすく床材が劣化していますので、同時に床材や壁クロスの張替えをして部屋の雰囲気を変えてみるのもよいでしょう。

トイレのリフォーム

購入から10年、気になる住まいのリフォーム
購入から10年、気になる住まいのリフォーム

トイレでは便器の落ちにくい汚れや床材の腐食が気になり、配管ジョイントからの水漏れも起こりやすくなってきます。
便器のメーカー保証期間は1年が一般的で、リフォームをする時期には保証期間が終了していることが多いです。温水やおしり洗浄機能などが付いた多機能な便器への入れ替え、床材や壁クロスの張替え、タンクを囲い込んだ収納スペースに設置するなどのリフォーム方法が挙げられます。

また、今では新素材を使った掃除しやすい便器もあり、毎日の煩わしさから解放されるためにリフォームをするのも良いでしょう。1日のうちにトイレには短い時間しかいませんが、快適とは言わないまでも傷みや汚れが気にならない空間にすることで快適な毎日を過ごせます。

浴室のリフォーム

浴室リフォームの種類は?
浴室リフォームの種類は?

浴室では壁や床タイルの剥がれや欠損、給湯器や操作パネルの誤作動、温水循環系統の配管の詰まり、金属部分の腐食が発生しはじめます。
メーカー保証期間はユニットバスについては2年、付随する電気・ガス器具については1年、ガス給湯器は2年が一般的で、浴槽と内装が別になっている浴槽については施工会社との取り決めによって異なります。

浴槽の入れ替えや床・壁のタイル張替え、ユニットバスへの変更などバリエーションに富んだリフォーム方法がありますので、予算や生活スタイルに応じて検討してみるとよいでしょう。
浴槽本体では広いデザインにしたり、人工大理石・FRP・ほうろう・木製など好みの材質に変更するなどがあり、断熱仕様の浴槽に替えることで冷めにくく、合わせて光熱費の向上効果も得られます。
浴室の内装については床や壁に断熱材を埋め込んだ材料に替えることでヒートショックの危険が軽減できます。お年寄りがいる場合は、手摺を設置して転倒への危険を減らすなどがあります。また追い焚きや浴室乾燥機を追加してより便利なものにするのもよいでしょう。
想定される工事としては内装工事から電気・配管工事が変更内容によって発生します。
お風呂は日々の疲れを癒してくれるので、より快適さを求めてこだわりたい空間です。

関連記事

築5年、築10年、築20年…築年数によって異なる中古住宅リフォーム費用の目安とは?
リフォームする - 減税と優良基準作り - エコリフォーム減税
リフォーム費用も住宅ローンが利用できる
一戸建ての水回りは進化している
【理想のキッチン特集8】家族みんなが使いやすいキッチンとは?~一戸建て編~