その間取りは? サービスは? そして家賃は? 

省庁や大企業のビルが軒を連ねる虎ノ門。このビジネス街再開発のシンボル的存在「虎ノ門ヒルズ」が6月11日にオープンした。
事業施工者は東京都。特定建築者は森ビル株式会社。建物高247m、地下5階、地上52階の超高層ビルに、商業施設、オフィス、ホテル、レジデンスなどが入る巨大な複合施設だ。
商業施設は1階から4階を占め、イタリアン、中華といったレストランはもちろん、人気のカフェや歯科、ヘアサロンなどバラエティー豊かな店舗が揃っている。

その中でも今回注目したのが住戸施設である「虎ノ門ヒルズレジデンス」だ。
間取りは? サービスは? そして家賃は? ビジネスの中心地に新たに登場したレジデンスはいったいどのようなものなのだろうか。

建物高247mの新しい虎ノ門のシンボル。室内からは東京タワーなどを見渡すことができる(資料提供:森ビル)建物高247mの新しい虎ノ門のシンボル。室内からは東京タワーなどを見渡すことができる(資料提供:森ビル)

入会金100万円以上のスポーツジムが入居者特典で利用可能

同レジデンスは虎ノ門ヒルズの37階から46階にあり、全172戸。そのうち半数弱が賃貸住戸だ。なお分譲住戸の販売情報は一般には公開されていない。
広さは51m2の1ベットルームから(月額賃料55万円)から233m2の3ベットルーム(同292万円)までで、2ベットルームが中心となっている。
なお、現在(2014年7月)はまだ空室があり、入居者募集中だ。

このレジデンスの魅力には次のようなものがある。

・ 日本初上陸で47階から52階に入る米ハイアットグループのホテル「アンダーズ東京」のルームサービスやランドリーサービスが利用可能
・ 同ホテルを手掛けたニューヨーク在住の世界的デザイナー、トーニー・チー氏による共用部デザイン
・ 皇居、東京タワー、東京湾といった名所が間近に見渡せる景観
・ ブレーキダンパー、セミアクティブオイルダンパー、アンボンドブレースの3種類の最新制震装置を採用した高い制震性能
・ 「職・住・遊」が近接する優れた利便性

この中で特に興味をそそられたのが、アンダーズ東京のサービス利用だ。最高クオリティーのランドリーサービスやハウスキーピングサービス、ホテルシェフのケータリングサービスだけでなく、同ホテルのAO SPA AND CLUB(アオスパ&クラブ)のスポーツジム、プールなども利用可能。宿泊客以外は100万円以上の入会金がかかる施設が、月々の会費のみで使えるのだ(一部のサービスは有料)。

4001号室モデルルームのリビング・ダイニング。参考賃料:162万円/月 。東京の夜景を一望できる(資料提供:森ビル)
4001号室モデルルームのリビング・ダイニング。参考賃料:162万円/月 。東京の夜景を一望できる(資料提供:森ビル)

東京五輪に向けて国際都市へと大きく変貌する街に住む

虎ノ門と聞けばお堅いビジネス街というイメージを持つ人が多いだろう。しかし、再開発の事業施工者である東京都は、虎ノ門ヒルズの地下を通り新橋へと結ぶ環状2号線を日本のシャンゼリゼ通りにしたいとしている。つまりアンダーズ東京を中心に国際色豊かな美しく、おしゃれな通りとなる予定なのだ。幅約40mのその通りには、すでにいくつかのオープンカフェなどが並び、その実現を十分予感させている。

環状2号線は数年先には有明までつながり、羽田空港へのアクセスが格段に向上する予定。2020年の五輪開催に向けて大きく変貌をする虎ノ門。この街に住むのはさぞやいい気分だろう。

4001号室モデルルームの間取り図。2ベッドルームで139.6m² (資料提供:森ビル)4001号室モデルルームの間取り図。2ベッドルームで139.6m² (資料提供:森ビル)

2014年 07月20日 12時31分