お中元の由来とは?

お世話になった方に贈り物をする「お中元」お世話になった方に贈り物をする「お中元」

夏のボーナスが出たころ、お世話になった方に贈り物をする「お中元」は、昔ながらの日本の風習だ。しかしそもそもなぜ、この時期に贈り物をするのだろう。

中元は「三元」の一つで、本来は贖罪行事の行われる日だったとされるが、「三元」について説明する前に、まずは三官大帝について語らねばならない。
三官大帝は道教の神で、天官、地官、水官の三帝のこと。それぞれ天官は福をもたらし(賜福)、地官は罪を赦し(赦罪)、水官は厄を祓う(解厄)神徳があると考えられており、窪徳忠著の『道教の神々』によれば、そのいわれは諸説があるが、頭がよく美貌の青年である陳子椿(ちんしちん)に龍王の三人の娘が恋をし、それぞれに子供を産んだのが上記三官らしい。そして長男である天官は1月15日、次男の地官は7月15日、三男の水官は10月15日に生まれたとする。この三官の誕生日を「三元日」と呼び、特に贖罪の神徳がある地官の誕生日である「中元」は、死者、特に先祖を供養する日とされるようになったのだ。

盂蘭盆会との混同

中元である7月15日は盂蘭盆会(うらぼんえ)の中日でもある。盂蘭盆会もまた祖霊供養の日であるが、この起源は仏教エピソードにある。
中国で成立した『盂蘭盆経』に載せられたもので、釈迦の弟子であり神通力のある目蓮が、餓鬼道に落ちた母親を救うため、比丘(びく=僧侶のこと)たちにご馳走をふるまった日とする。これは、7月15日が解夏、つまり厳しい修行を行う夏の安居が終わる日であるため、比丘たちをねぎらう意味もあったと考えられる。
道教と仏教のどちらが先かはわからないが、中国において7月15日は古来、先祖供養を行う日とされてきたのだろう。現在では、盂蘭盆会と中元は習合しており、明確に区別はつかない状況だが、先祖以外も含めた死者や神を供養するために庭で一日中火を焚く、中元由来の習俗も残っているようだ。
※参考 暮らしの中のお盆。その歴史としつらえを探る

台湾のお中元事情

道教の神様は「廟」と呼ばれる建物の中に祀られている道教の神様は「廟」と呼ばれる建物の中に祀られている

お中元の行事を行うのは、中国と日本だけでなく、台湾でも行われている。三官大帝への信仰は台湾でも盛んで、「三界公(さんかいこん=三官大帝のこと)」をまつる「三官廟」には参拝者が多い。
旧暦の7月は「鬼月」とも呼ばれるが、「鬼」は亡霊のこと。この月のはじめに冥界の門が開くと考えられており、死者を迎えるためのイベントが開催される。
特に有名なのは、台湾北部の基隆市で開かれる鶏籠中元祭だろう。中元祭祀文物館などがライトアップされるほか、旧暦の7月14日には灯篭流しが行われるので世界各地から観光客が集まるが、台湾人自身は、鬼月に旅行や出産するのを避ける風習があるのが興味深い。
死者へのお供え物は日本のお盆と大きくは違わず、果物やお菓子、ジュースなど。ほかに「紙銭」という、死者が使うお金も供えられる。そしてお昼過ぎになると紙銭は燃やされ、爆竹が鳴らされるのだ。

日本のお中元の始まりとは?

日本におけるお中元はお盆と区別されており、お世話になっている人に贈り物をする日と認識されている。
贈り物をする風習の起源は明らかではないが、地官の神徳にあやかって罪や穢れを贖うべく、近所で贈り物をしあっていた習慣ではないかと考えられる。日本では、不幸のあった人が、多くの人に贈り物をすることで厄災を分け合う思想があり、節分に厄年の男女が、近所の人々にぜんざいをふるまうのも同じ意味があるのだ。
また、お盆に両親への贈り物をする習慣が、お中元になったとも。鎌倉時代ごろには、一年間身内に死者の出なかった年のお盆を「生盆(いきぼん、しょうぼん)」とし、存命中の両親を祝う風習が生まれた。江戸時代には庶民にも広がり、子供から親へ魚を贈っていたのが中元の始まりであるという。

いつ、どうやって渡せば良いのか?お中元の時期や基本的マナー

お中元につけるのし紙は、赤白奇数本の水引をあわび結びや蝶結びのものを使うお中元につけるのし紙は、赤白奇数本の水引をあわび結びや蝶結びのものを使う

お中元の時期は地域によって違い、東日本では新暦の7月初旬から7月15日、関東では旧暦で考えるので、8月初旬から8月15日ごろまでに贈るのが通例だ。
しかし、うっかり忘れてしまった場合には、「暑中お見舞いの品」として贈ってもよい。ただし、立秋(毎年8月7日ごろ)を過ぎれば「残暑お見舞い」になるので、注意しよう。

お中元につけるのし紙は、赤白奇数本の水引で、あわび結びや蝶結びのものを使う。水引の色合わせは複数あるが、一般的なお祝い事に使われるのは赤白。結び方には、あわび結び、蝶結びや結び切りなどがあり、それぞれに意味が変わる。もっとも一般的なのがあわび結びで、慶事だけでなく弔事や仏事などにも使う。結び切りと蝶結びはあわび結びより簡単なので、身内など格式ばらない相手に使われたが、現代では違う意味付けがされているから注意が必要だ。蝶結びは結びなおすことができるので、何度繰り返してもおめでたいお祝い事に使われる。これに対して結び切りは、繰り返してはいけないお祝い事に使われる。だから、結婚のお祝いに蝶結びの水引をかけてはいけないし、お中元に結び切りの水引をかけると「もう二度としない」という意味にとられてしまうおそれがあるのだ。

従来は、事前に予約をし、先方のお宅に持参していたものだが、現代では宅配便などで贈るのが一般的。その際は、できるならお礼の気持ちを籠めた挨拶状を出そう。品物に同封できる場合はそれに越したことはないが、できない場合は先方に荷物が届くころに、はがきなどで挨拶状を送ると良い。
贈る相手は両親や上司、仕事の取引先のほか、習い事の先生や結婚式の仲人など。仕事関係の相手には、お世話になっている期間中、仲人は結婚式から最低3年送り続けるのが良いとされる。金額は地域や家庭の事情によっても違うので、親族やご近所にさりげなく相談してみると良いだろう。

お中元をいただいた場合、お返しは必須ではないが、自分もお世話になっている場合は同額程度のお中元をお返しすると良い。お返しをすると却って気をつかわせてしまう場合は、なるべく早くお礼状を出すようにしよう。

個人情報保護法の関係で、そもそも取引先社員の送り先がわからない例もあり、お中元の風習は廃れていく一方のようだ。
しかしながら、お中元やお歳暮は、年の中頃と終わりに、お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるもの。贈り物はしないまでも、節目ごとにお礼の連絡を入れてみてはいかがだろうか。

2016年 06月17日 11時05分