九州で初めて家庭用核シェルターを発売

七呂建設が取り扱うアトラス・サバイバル・シェルターズ社の核シェルター七呂建設が取り扱うアトラス・サバイバル・シェルターズ社の核シェルター

ここ数年、ミサイル発射や核実験の報道により、日本でもにわかに「核シェルター」への注目が高まっている。とはいえ、全国民あたりの核シェルター普及率は、スイスやイスラエルが100%、シンガポール54%に対して、日本はわずか0.02%という低さだ(NPO法人日本核シェルター協会調べ/2014年)。

鹿児島市の住宅メーカー・株式会社七呂(しちろ)建設は、2017年11月に九州で初めて家庭用核シェルター「ピースルーム」の販売を始めた。七呂恵介社長は、1993年に多くの被害をもたらした鹿児島水害を経験し、もともと防災分野への関心が高かった。「ミサイルの脅威や原発事故、自然災害など、いつ何が起きるか分からない社会情勢となり、シェルター専門家の話を聞いてみて、自社で取り扱うことを決めました」と導入の背景を語る。また、1960年に創業した同社は型枠工事が強みで、地下室を備えた住宅も手がけており、その技術も生かせると考えたという。

七呂建設が取り扱っているのは、アメリカで冷戦時に発足したアトラス・サバイバル・シェルターズ社の製品。世界各国に輸出されているが、日本への輸出は七呂建設が初めてとのこと。現物を見学するため、鹿児島市にある同社の住宅展示場を訪れた。

パワージャッキや空気清浄機など、有事対応の設備が充実

左上:玄関の前に設けた入口からシェルターへ/右上:シェルター内から入口を見上げたところ/左下:汚染された外気を浄化し、換気するNBC空気ろ過システムを導入/右下:シェルター担当の武藤さん。大人が立っても、圧迫感は全くない。奥に見えるのが簡易な二段ベッド左上:玄関の前に設けた入口からシェルターへ/右上:シェルター内から入口を見上げたところ/左下:汚染された外気を浄化し、換気するNBC空気ろ過システムを導入/右下:シェルター担当の武藤さん。大人が立っても、圧迫感は全くない。奥に見えるのが簡易な二段ベッド

素敵なモデル住宅の玄関前。「ここが入口です」とシェルター担当の武藤康治さんが指さした地面には、1メートル四方の黒い四角があった。ここから地下4.5メートルまで、鉄製のシェルターが埋められている。

鍵を回して持ち上げたドアは、軽くて丈夫なスチール製。パワージャッキがついているので、もし家屋の倒壊によりがれきなどで入口が覆われても、重さ8トンまで押し上げることができる。これがピースルームの特徴のひとつだ。

ドアから部屋までは、はしごを使っておりる。シェルターは4人用で、部屋の広さは4.5畳。入ってみるとゆったりしたつくりで、意外に圧迫感はない。外は暑い日だったが、シェルター内は涼しくて快適だ。携帯電話も通じる。電気と水道なしで、大人4人が2週間ほど生活できるようになっているという。

ピースルームの2つ目の特徴は、空気清浄機を備えていること。外気を取り込んでいるが、放射線やサリンなどの化学物質を除去する機能があり、クリーンな空気の中で過ごすことができる。もし電力がなくなっても、手動クランクを回すことで動かし続けられるのも安心だ。

そして3つ目の特徴として、2段ベッドとソファベッドがあり、足をのばして眠ることができるという利点がある。ベッドを使わないときは壁側に倒して、部屋を広く使える。さらに床下には大きな収納がある。

元自衛官の経験を生かし、ソフト面もこだわり満載

これまで紹介した3つの特徴は、アトラス・サバイバル・シェルターズ社の製品自体に備わったハード面に関するものだ。さらに七呂建設では、武藤さんが中心となって、ソフト面でさまざまな工夫を加えている。武藤さんは元自衛官で、東日本大震災なども経験。自らの実体験と知識、人脈を生かして、シェルターに必要なものを吟味したという。

例えば、トイレは防災士に相談の上、衛生に保つことができる仕組みを考え、簡易トイレを設けた。床下には2週間分の非常食をはじめ、イスラエル製のガスマスクや防護服などを収納。また、多様な事態に対応できるように、一通りの工具やリュックサックなども用意した。保存食には献立表があり、おやつや温かいものも盛り込むなど、備品一つひとつに至るまで実際に使うときのシチュエーションを考えて、こだわっていることがわかる。

左上:簡易トイレの上にはカーテンレールがあり、カーテンを閉めればプライベート空間になる/右上・左下・右下:非常食、軍手やヘルメット、工具などがそろっている左上:簡易トイレの上にはカーテンレールがあり、カーテンを閉めればプライベート空間になる/右上・左下・右下:非常食、軍手やヘルメット、工具などがそろっている

平時はスタジオやワインセラー、金庫という用途も

「あれがあればよかったのに…と思われないように、あらゆるケースを想定してアイテムをそろえました。非常時、家庭にシェルターがあればすぐに避難できるので、やはり安心感が違いますよね。シェルターは防音効果が高く、温度が一定しているため、普段はスタジオやゲストルーム、ワインセラー、金庫、物置などにもご活用いただけます」と武藤さん。

シェルターには複数のタイプがあり、価格は本体と備品、設置費込みで1,500万円から。発注から施工完了まで半年以上を見込んでおり、屋外のほか、新築であれば住宅の下に設置することもできる。同社では発売開始から半年で、九州を中心に全国から300件ほどの問合せや見学があったという。

「住宅メーカーとして、地域の皆さまを守りたいという思いで核シェルターの取り扱いを始めました。当社の住宅展示場でご覧いただけますので、気軽にお問合せください」(武藤さん)

左:シェルターの内部/右:このシェルターを地下に埋めている左:シェルターの内部/右:このシェルターを地下に埋めている

2018年 07月11日 11時05分