世界における風呂の歴史

湿度の高い日本では、毎日風呂に入る人が多い。風呂の歴史は紀元前4000年までさかのぼるとされるが、時代により場所により、そのスタイルには大きな違いがある。
世界最古のメソポタミア文明時代にも入浴施設はあったが、当時は水で体を清める沐浴のための施設で、清潔を保つというよりも、ケガレを清める意味が強かったようだ。お湯に漬かり、体を温めて汚れを洗い流す、現代式の浴場が誕生するのは紀元前2000年ごろとされる。
ギリシャでは紀元前9世紀ごろからオリンピアの祭典が開催されており、競技場に公衆浴場が作られることが多かったようだ。しかしこの浴場も水風呂であり、お湯で体を温めるものではなかった。
下水道の発達したインダス文明でも、古くから公共浴場が建設されている。ただ、例えばモヘンジョダロの大浴場はそれ自体が神殿の役割を果たしていたと考えられ、沐浴のための施設だったようだから、現代人の感覚とは違う使われ方をしていたかもしれない。
そして、漫画や映画でも有名になったが、古代ローマ帝国では、豪華な入浴施設がたくさん作られていた。カラカラ浴場遺跡を見ると、当時の広さや華美さが想像できるだろう。
しかしその後ヨーロッパでは、キリスト教の布教により、男女混浴の公衆浴場はすたれていくのだ。

日本における風呂

古来日本人は温泉を楽しんできた古来日本人は温泉を楽しんできた

日本にも川や滝で身を清める「禊」の風習があり、これが現在の入浴の起源であると考えられている。
禊は神道由来のものだが、庶民にこの習慣が広がったのは仏教伝来以降とされる。入浴は病除けになるとされ、福祉施設として、一般庶民も自由に入浴できる浴堂が作られたのだ。聖徳太子や光明皇后が、貧しい人々や孤児救済のための施設を建立したことはよく知られているが、悲田院や施薬院とならんで浴堂もそのひとつ。仏教説話には、仏様が病人の姿で入浴施設に現れ、かいがいしく世話をした聖人の徳をたたえる物語が残されている。
たとえば鎌倉時代に成立した『元亨釈書』には、光明皇后が浴堂で1000人の貧者の汚れを流すと誓ったが、1000人目はひどい皮膚病の患者だったと書かれている。臭気に耐えながら全身を洗い終えた皇后に、病人は「体中の膿を吸い出してくれれば病は癒える」、と訴える。そこで言われた通りにすると、たちまちまぶしい光が満ち溢れ、「私は仏である。あなたの真心を見届けた」と告げて天に昇っていったという。当時の浴堂は湯に薬草を入れ、その蒸気を使った蒸し風呂だったから、1000人もの垢を流すのは大変だっただろう。
その後長い間、風呂と言えば蒸し風呂であったが、江戸時代後期になり、浴槽に張ったお湯に漬かる現代式の入浴が始まったとされている。とはいえ、火山の多い日本には、古来数多くの温泉があった。
奈良時代に編纂された伊予国風土記の逸文には、病に倒れたスクナヒコナを道後温泉のお湯に浸けたところ、生き返って四股を踏んだと書かれているし、心の病にかかった有馬皇子が現在の白浜温泉で療養したと日本書紀にも書かれているから、お湯に漬かって体を休める風習は古くからあったと言えるだろう。

和洋でみる浴槽の違い

入浴といえば浴槽は必須と思われるが、実はお湯にじっくりと漬かる入浴方式は、世界共通とは言えない。たとえばフィンランドのサウナは、日本式の入浴とは大きく違う。小屋の中に熱く焼けた石をたくさん入れ、100度近くなった室内で汗を流すものだ。
また、水資源が豊富でない国では、浴槽を使用せず、シャワーだけで汚れを落とす。現代でも、アメリカやヨーロッパを旅行すると、浴槽が設置されていない宿泊施設が見つかるはずだ。
また、浴槽の形は日本と欧米で違い、和式のものは狭く深いのに対し、洋式は広く浅い。
これは、肩までお湯に漬かった後、湯船の外で体を洗う日本式の入浴と、浴槽の中で体を洗う欧米式入浴の違いから来たものだろう。

浴槽の材質

FRPは浴槽によく使われる材質だFRPは浴槽によく使われる材質だ

浴槽の材質にも、さまざまなものがある。
初期の浴槽には、五右衛門風呂のように底あるいは全体が金属で、下部で火を焚いて水を温めるタイプのものと、ヒノキなどの木桶に金属でできた風呂釜を付設し、お湯を沸かすタイプのものの2種類が主流だったが、現代では、樹脂素材のFRPをはじめ、ステンレスや人工大理石など、さまざまなタイプが存在する。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、一つずつ見ていこう。
もっともよく見かけるのはFRPの浴槽だろう。fiberglass reinforced plastic(ガラス繊維強化プラスチック)の略で、保温性が高く軽量。耐久性も高いが、汚れやすいのが欠点。また、たわしで強くこするとコーティングがはがれ、キズができると雑菌の温床となることもある。しかし材質の向上により、汚れにくく手入れしやすいものも開発されている。
ステンレスは裏に保温材を取り付ければ保温性が高くなり、傷やサビにも強い。しかし湯垢が目立ちやすく、肌触りが不快と感じる人も。
人工大理石の浴槽は肌触りがよく、デザイン性に優れているのが一番の特長だろう。ただ材質によっては重量があり、FRPと同じように、スポンジなどで優しく洗わないと、キズがつく可能性がある。一般的に高価だが、アクリル系とポリエステル系があり、ポリエステル系のものは安価なものもある。
そのほかホーロー製のものは肌触りが良いが、価格が高い。重量もあるので、設置場所によっては建物の強度を上げる必要がある場合もある。

しかし、日本人ならなんといってもヒノキの風呂に憧れるのではないだろうか。独特の香りに癒されるし、保温性も高く肌触りも心落ち着くに違いない。
木製の浴槽は腐りやすく、カビが生えやすいため、手入れが大変だが、最近では水や汚れが入り込みにくい処理をした商品も発売されている。
また、ヒノキは、「ヒノキチオール」という成分を含む。ヒノキチオールは抗菌性があり、浴槽内を清潔に保ってくれるし、その香りはリラックス効果があるともされているから、一日の疲れをとるには良い材質だろう。
ヒノキのユニットバスもあるので、家の改装の際には、ヒノキ風呂も選択肢に入れてみてはいかがだろう。

2016年 04月17日 11時00分