日本全国に二千以上あるニュータウン

千里ニュータウンで最初に生まれた南センタービル前千里ニュータウンで最初に生まれた南センタービル前

ニュータウンとは、大都市の郊外に、計画的に開発された街のこと。日本では戦後の高度成長期に造られたものが多く、都市部で働くビジネスマンたちのベッドタウンとしての要素が強い。
その先陣を切るようにして、大阪北部に千里ニュータウンが誕生したのは、1962年。1,160ヘクタールの面積に新しい駅が生まれ、学校が建てられ、ショッピングセンターができ……と、計画しつくされた街並みは、人々の目にいかにも近代的に映った。1970年には、ニュータウンの隣接地で日本万国博覧会が開催され、太陽の塔が見守る千里の街は、発展を続ける日本の象徴とも感じられたであろう。
それから50年あまり。緑の木々は大きく育ち、人々の暮らしの中では様々な地域活動や市民活動が展開され、街は「ニュータウン」から「成熟したまち」へと成長を遂げた。
しかしその一方、少子・高齢化の問題も発生。高齢化は住民の問題だけにとどまらず、住宅、業務ビル、商業施設などの老朽化も深刻化した。また、住民構成の変化やライフスタイルの変遷に適応していないことなどからも、施設の建て替えや改修の必要に迫られている。

これは千里だけのものではなく、日本全国二千以上存在するニュータウンが、今後直面することになる問題だ。現在、千里ニュータウンは、全国に先駆けて第二段階のまちづくりに着手している。大阪府、吹田市、豊中市、独立行政法人都市再生機構西日本支社、大阪府住宅供給公社、一般財団法人大阪府タウン管理財団が合同で、千里ニュータウン再生連絡協議会を立ち上げ、ニュータウンの再生に取り組んでいる。今回は、その取り組みをレポートする。

憧れの街を、さらに進化させるために

北公園には広々としたプールもできた北公園には広々としたプールもできた

日本の高度成長は、経済的発展をもたらすと同時に、公害や交通事故などの問題も作りだした。そんな中、郊外に造られた千里ニュータウンは、都心へのアクセスがよく、日々の買い物に便利なショッピングセンターが整理され、公害を知らない澄んだ空気と、便利さと快適さが共存する「憧れの街」であった。万博跡地内にある国立民族学博物館を始め、多くの学術・研究施設が建てられ、「グレーター千里」という顔もある。それゆえにその住民たちは、この街を愛し、木々を育て、地域活動に取り組んできたのだ。
その結果、千里ニュータウンは、住民活動の活発な地域の一つとして知られる。例えば、まちびらき40周年にあたる2002年に開催された「千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム」をきっかけとして、千里市民フォーラムが設立された。フォーラムでは暮らしにおけるさまざまなテーマを学べ、誰でも自由に参加できる「サロン」などが開催されている。2012年の、千里ニュータウンまちびらき50年事業では、市民公募による実行部会メンバーが、様々なイベントを企画・運営し、イベントの一つである「千里50年まつり」には二日間で約3万人が来場した。住民主導の活動としてこれほど大きな規模のイベントを開催している都市は珍しいのではないだろうか。市民にとって街は誇りであり、愛する故郷となりつつあるということだろう。街の整備は行政の仕事とはいえ、住民を置いておきぼりにして、千里ニュータウンの再生はあり得ないのだ。
そこで、2006年に街再生のための「千里ニュータウン再生のあり方検討委員会」が設立された際は、学識経験者やNPO等だけでなく、住民代表も参加。住民たちの思いを見失うことなく、ニュータウンの再生を活発化するため、まず基本理念を決めた。それは、
・住民が生活していることを重視すること
・将来、住民となる次世代のことを重視すること
・グレーター千里の中心として、新しいものを生み出す先導性を重視すること
・コミュニケーションと再生のプロセスを重視すること
の4つ。
具体的には、住民が今後も千里ニュータウンへの愛着を持ち続けながらも、新しい世代の住民を迎えること。また、学術的かつ国際的な交流の場であり続けるために、情報の共有とコミュニケーションを充実させることで、地域活動をさらに活発にしようというもの。そのために、住民や事業者、行政、専門家などがそれぞれの役割を担いながら、再生へと取り組もうというわけだ。

共通の「みちしるべ」に基づき、各主体が施策を展開する

現在の千里中央あたりの俯瞰現在の千里中央あたりの俯瞰

まちの基本理念や、目指すべき都市像とともに、さらに各主体が再生に向けて取り組んでいくための共通の「指針(みちしるべ)」として、取り組み方針が定められている。それは、住環境をまもり・つくるルールを決める、地域の賑わいや交流の場づくり、柔軟な利用が可能なスペースの確保など20項目にわたる。
具体的に決めたからこそ、それぞれの立場から自由な活動の土台ができたのだろう。既に、この項目にしたがって、さまざまな取り組みが始まっている。例えば「地域の賑わいや交流の場づくり」という項目に添うように、2008年に建設された豊中市千里文化センター「コラボ」は、公募による市民委員が住民の交流や市民活動を支援する拠点となっている。また、吹田市は、2012年に千里ニュータウン情報館を建設。歴史や生活に関する資料の展示や企画展などを行っている。
また、住民の活動として、まちびらき50年イベントに続き、千里ニュータウンの人口とほぼ同じ9万本のキャンドルを、ニュータウン内の公園で灯すイベント「千里キャンドルロード」を、毎年11月に実施。住民の和を拡げているといった具合だ。

新しい千里ニュータウンへ

モノレールも走り、大阪国際空港まで15分で行けるモノレールも走り、大阪国際空港まで15分で行ける

現在、千里ニュータウン再生は着々と進んでいる。府営住宅の建替えや改修、など、公的賃貸住宅の刷新が順次進められているほか、民間分譲マンションの建設も活発に行われており、千里中央のよみうり文化センターの建替えも2014年4月に着工された。
「千里ニュータウンの特長は、緑豊かな閑静な住宅地として、居住者から一定の評価を得ていること、そして、立地の良さでしょう。北大阪急行電鉄、阪急電鉄を使えば大阪市内まで20分前後、新幹線を利用する場合も新大阪駅まで15分程度です。さらに、大阪国際空港までもモノレールを使えば15分で行くことができます。道路は、名神高速道路、中国自動車道、近畿自動車が接続する吹田ジャンクションも近傍にあります」
千里ニュータウン再生連絡協議会の担当者も、この街の持つポテンシャルに太鼓判を押す。
実際、1975年の129,860人をピークに右肩下がりで減少し、一時は9万人を割り込んでいた人口も、2011年以降は増加に転じ、2013年時点で95,882人と、ニュータウン全体としては微増ではあるが、住宅の建て替えや供給が行われた地区を中心に、若年世帯が増加しつつある。
また、ニュータウンに近接して、2014年7月には、三井不動産による万博記念公園内エキスポランド跡地の再開発も着工し、今までにない新しいタイプの水族館のほか、ショッピングゾーンなどを作る計画も発表された。
今後も千里ニュータウンの魅力はますます高まっていくに違いない。

■参考リンク
大阪府千里ニュータウンの再生について
http://www.pref.osaka.lg.jp/jumachi/senri/
吹田市千里ニュータウンのまちづくり指針
http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-toshiseibi/senri/_48848/011608.html
豊中市千里ニュータウンの再生について
http://www.city.toyonaka.osaka.jp/machi/senrinyutaunsaisei/

2014年 09月21日 12時13分