快適に一人暮らしをするためには、費用面でどれくらい準備をしておけばいいかを把握しておくと安心です。物件の契約時にかかる費用だけではなく、引越し代や家具・家電購入費、毎月の生活費も併せて考えておく必要があります。また、女性であれば防犯対策にかける費用についても押さえておきましょう。今回は一人暮らしにかかる初期費用の内訳や節約のためのコツを解説していきます。

一人暮らしの部屋でくつろぐ女性

初めて一人暮らしをするときには、どれくらいの費用がかかるか、気になるものです。一人暮らしを始めるときに必要な初期費用としては、一般的には家賃の5~6ヶ月分といわれています。家賃8万円の物件であれば、40万~50万円程度がかかるのです。

 

初期費用は賃貸借契約を行うためにかかる、もろもろの費用のことを指します。地域によっても異なりますが、東京都の場合は具体的に以下のような費用がかかります。

項目 目安となる費用 ポイント
敷金 家賃の1~2ヶ月分 物件を借りるための保証金。退去時に原状回復費用(クリーニング代)を差し引いた金額が返金される。
礼金 家賃の1~2ヶ月分 大家さんへの謝礼であるため、返金されない。
前家賃 家賃の1ヶ月分程度 契約月の翌月分の家賃。物件、入居時期などによってはかからないこともある。
日割り家賃 入居日(月末までの日数)により異なる 入居月分の家賃。入居日により、日割り計算される。
仲介手数料 家賃の0.5~1ヶ月分 宅地建物取引業法(宅建業法)によって上限額が決められている。
鍵の交換費用 数万円程度 鍵のタイプによって金額は異なる。
火災保険料 契約内容によるが、一般的には2年契約で数万円程度 家財や建物を守るための保険。
保証料 保証会社によって異なる 連帯保証人がつけられない場合に利用する。

このほかにも、24時間トラブルサポートなどのオプション料金が発生することもあるので、物件の契約時には費用の内訳をよく確認することが大切です。不明な点はそのままにせず、不動産会社の担当者に尋ねてみましょう。

新居に引越しをするための費用は、荷物の量や引越し時期、移動距離によって違ってきます。一人暮らしの場合であれば、数万円程度を見込んでおきましょう。

 

引越しまでに時間的な余裕があるときには、複数の引越し会社に問合せをして、相見積もりを行うことも大切です。また、自分でレンタカーを借りたり、友人や知人に手伝ったりしてもらうと費用を抑えることにもつながります。

 

そして、新たに一人暮らしを始めるときには、生活のために必要な家具・家電を一通りそろえる必要もあるでしょう。テレビや冷蔵庫といった家電製品やテーブルなどの家具類、調理器具などをそろえると20万円程度は見込んでおく必要があるのです。

 

すぐにそろえるべきものと、後から買うべきものを分けて、出費のタイミングをズラしてみると入居時の金銭的な負担を軽減できます。

一人暮らしを始めるには家賃のほかにも、食費・水道光熱費・通信費・交際費・医療費などの生活費がかかります。ライフスタイルの違いによって必要となる金額は異なりますが、月13万~17万円程度は必要です。

 

総務省統計局が公表している2019年「家計調査」を基に、1ヶ月の生活費(家賃5万円を想定)の主な項目を男女別にシミュレーションしてみると以下のようになります。

支出項目 男性 女性
家賃 5万円 5万円
食費(外食費を含む) 4万4,000円 3万7,000円
水道光熱費 1万1,000円 1万2,000円
通信費 7,000円 6,000円
交際費 1万1,000円 1万7,000円
医療費 6,000円 9,000円
交通費 1万円 5,000円
合計 13万9,000円 13万6,000円

また、厚生労働省の2019年「賃金構造基本統計調査結果(初任給)」によれば、大卒初任給の平均年収は210万円程度となっています。収入とのバランスを考えたうえで、毎月の生活費を決めていきましょう。

住まいの防犯イメージ

女性の一人暮らしにおいては、防犯対策面での費用も考えておく必要があります。初めからオートロックなどの設備が備わった、セキュリティの高い物件を選んでおけば、その分だけ費用を節約することができます。

 

ただ、オートロック付きの物件は家賃も高くなる傾向にあるので、ライフスタイルを考えたうえで検討することが大切です。オートロック付きの物件は築年数が浅く、設備も新しい場合が多いので、快適な暮らしをしたいときには選んでみるのもいいでしょう。

 

自分で防犯対策を行う場合には、手軽に行えるものから取り組んでみましょう。賃貸住宅でも後付けできるモニター付きインターホンには家電量販店で2万~3万円で購入できるものがあり、ワイヤレスタイプのものもあるので取り付けも簡単です。

 

低層階に住んでいる場合は、防犯ブザーやセンサーライトを導入するなど工夫してみましょう。いずれも市販されているので手軽に行えます。

また、窓サッシ用の補助ロックも安いものであれば数百円ほどで購入できるので、取り付けておくと安心です。

一人暮らしを始めるための初期費用を抑える方法としては、まず礼金ゼロの物件を探してみるといいでしょう。礼金は家賃の1~2ヶ月が相場となるので、この費用を抑えられれば初期費用をかなり圧縮できます。

 

不動産会社によっては、仲介手数料を無料や家賃の0.5ヶ月分としているところもあるので問合せをしてみましょう。また、フリーレントの物件であれば入居してからしばらくの間は家賃がかからないので節約につながります。

 

初期費用を抑えることで、その分を他の費用に回すことも可能になります。物件を選ぶときにどの部分を重視するのかを決めて、契約を進めていきましょう。

 

そして、引越しをする時期を選べるのであれば、繁忙期である3~4月を避けたほうが費用を節約できます。家具や家電はあらかじめ持っていこうとするよりも、新居に移ってから新しく購入したほうが荷物の量を減らせるので、引越し費用と購入金額を試算してみましょう。

 

毎月の生活費については、外食ばかりが多くなってしまうと食費がかさんでしまうので、できるだけ自炊を心がけてみましょう。つくり置きをしたり、食材を冷凍保存しておいたりすることでうまく食費を抑えられます。

 

水道光熱費については節水や節電を心がけるだけでなく、省エネ家電を購入するなどして、無理のない形で節約する方法を考えておくことも重要です。格安スマホを利用するなどして、毎月かかる通信費を抑えることもできます。

 

また、毎月の収入と支出をきちんと把握するためにも、家計簿をつけることも大事です。お金の流れを適切に把握しておくことによって、無駄な出費を抑えられるでしょう。家計簿アプリなども無料で使えるものも多いので、うまく活用していくことが大切です。

  • 賃貸物件を契約するときには、敷金・礼金などさまざまな費用がかかる
  • 引越し代や家具・家電購入費も、あらかじめ準備しておく必要がある
  • 毎月の生活費を把握したうえで、無理のない家賃の物件を選ぶことも大切
  • 単身女性の場合には、防犯対策費用も考えておくことが重要
  • 物件選びや生活の工夫次第で、初期費用は抑えられる

公開日: