そもそもワンルームで同棲は可能なの?

そもそもワンルームで同棲は可能なの?
そもそもワンルームで同棲は可能なの?

そもそもワンルームにカップルが入居することは可能なのでしょうか? ワンルームや1Kの物件は単身世帯を対象としています。そのため2人以上の入居を規約で認めていないことが多く、カップルは審査の時点で断られてしまうケースが多いです。同棲を認めているオーナー(大家さん)は、ごくまれと考えておきましょう。

※“同棲”とは2人以上で同じ家に住むことですが、一般的には結婚前の男女の同居を指します。

どちらかが一人暮らしをしているワンルームの住まいに、もう一人が転がり込むかたちでこっそり同棲しているカップルもいるかもしれません。しかし、近隣からの苦情など何らかのトラブルが発生した場合、契約違反として退去を命じられる可能性もあります。オーナーとの合意がなければ、賃貸物件での同棲はNGと覚えておいてください。

ワンルームで同棲をするメリット

それでは、ワンルームで同棲ができる物件を見つけられたと仮定して、二人で暮らすメリットを確認してみましょう。

ワンルームは家賃が安い
基本的に単身向け物件であるワンルームは、他の間取りと比べて家賃が安く抑えられています。さらにカップルで折半すれば、家賃を大きく節約できるでしょう。

ワンルームは利便性の高い物件が多い
単身向け物件は、利便性の高いエリアに多い傾向があります。駅からの距離が近い、近隣にコンビニエンスストアや24時間スーパーがあるといった条件が揃っていれば、毎日の生活に便利です。

ワンルームは掃除がしやすい
ワンルームはシンプルな間取りで、床や壁の面積も少ないため掃除が楽です。二人で協力すれば大掃除も短時間で終わるでしょう。

ワンルームで同棲をするデメリット

ワンルームで同棲をするデメリット
ワンルームで同棲をするデメリット

つぎに、単身用のワンルームで同棲するデメリットを考えていきましょう。

部屋が狭くストレスが溜まる
本来単身向けであるワンルームの広さは6〜8畳ほどのため、二人で住むにはそもそも狭いです。何をしていても常に同じ空間で顔を突き合わせることになり、息が詰まってしまうこともあるかもしれません。収納も1人分のため、2人分の持ち物をすっきりと片付けるのは難しいでしょう。

喧嘩をしたときの逃げ場がない
どんなに仲の良いカップルでも、たまには喧嘩することもあるはずです。少しの時間一人になりたいと思うこともあるでしょう。2部屋以上あれば離れて頭を冷やすことができますが、ワンルームでは逃げ場がないため、気まずくても同じ空間で過ごさなくてはなりません。

生活習慣が合わないと気を使う
ワンルームは食事も就寝も同じ空間で行います。仕事などの都合で二人の生活リズムが合わないと、就寝のタイミングが違う場合もあるはずです。同じ空間でどちらかが先に就寝していると、照明を点けたり生活音を出したりすることに気を使うことになります。少なくとも居間と就寝スペースは分けて確保したいものです。

同棲するなら1LDKや2DKが暮らしやすい

同棲生活を始める前は、愛し合うカップルならどんなトラブルも乗り越えられると思うかもしれません。しかし、毎日の生活の中で小さなストレスが積み重なっていくと、やがて不満の爆発につながってしまうこともあります。同棲するのであれば、1LDKや2DK以上の物件のほうが暮らしやすいかもしれません。

ワンルームでは狭すぎる、と新しい物件に住み替えることになれば、引越し代金や初期費用として再びまとまったお金が必要になります。ワンルームで同棲したい最大の理由が“家賃の節約”だとしたら、ワンルームと決めつけず、予算に合う物件を探したほうが得策ではないでしょうか? 

一般的に家賃を無理なく支払っていくためには、収入の3分の1までに抑えるとよいとされています。賃貸物件を探すエリアを郊外まで広げる、築年数の多少古い物件にも目を向けるなど、家賃以外の条件を緩めてみるとよいでしょう。

まとめ
・ワンルームは単身向け物件のため同棲が認められていないケースが多い
・ワンルーム物件は利便性が高いことが多く、同棲なら家賃を大きく節約できる
・ワンルームでの同棲は生活のストレスが溜まりやすく、空間に逃げ場がない
・同棲するなら居間と寝室は別に確保するのが理想
・同棲するなら1LDKや2DK以上の物件が暮らしやすい

全国の賃貸を探す家賃相場を調べる