一人暮らしを始めるために必要な資金とは

一人暮らしを始めるときには、どんな資金が必要なのでしょうか。ここでは、大きく3つに分類して考えていきます。

1.賃貸借契約をするための資金賃貸物件の契約には、契約金が必要です。契約金には、前家賃、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料、保証会社利用料などが含まれています。金額としては、契約する物件の家賃の4〜5ヶ月分程度と考えておきましょう。

2.引越し資金家財を運び込むために、引越し業者を利用する際の資金です。一人暮らしの場合、引越し業者の作業料金は3万円程度から可能ですが、地域や業者によって金額は変わってくるため、一度見積もりを取ってみましょう。

3.家具家電品、その他備品を買い揃えるための資金生活に必要な家具や家電品をはじめ、カーテンや食器などの生活備品、食品なども買い揃えなければなりません。
おおよその予算については、以下を参考にしてください。

・家具
ベッド:40,000円
テーブル:5,000円
棚:5,000円
椅子:4,000円

・家電品
冷蔵庫:30,000円
電子レンジ:7,000円
炊飯器:10,000円
洗濯機:30,000円
テレビ:50,000円

・その他
生活備品などで50,000円程度

目安として、250,000円程度の予算があれば、ほとんどのものは買い揃えられるでしょう。

毎月の生活費は事前に試算しよう

毎月の生活費は事前に試算しよう
毎月の生活費は事前に試算しよう

一人暮らしを始めると、家賃のほかにも毎月必ず出ていくお金があります。生活費と呼ばれるものです。

自分でお金を管理し、やりくりをしていくのが一人暮らしの鉄則です。そのためには、毎月必ず出ていく生活費を事前に試算しておく必要があります。

参考として、総務省統計局「平成26年全国消費実態調査」から、一人暮らし世帯の生活費の平均額を見てみましょう。

一人暮らし世帯が1ヶ月で消費する代表的な生活費の平均額は、以下の通りです。

・食費・・・39,279円
・水道光熱費・・・11,079円 
・医療費・・・6,920円
・交通通信費・・・21,456円
・交際費・・・15,663円

続いて、男女別に分けて比較してみましょう。
 男性女性
食費44,279円34,920円
水道光熱費10,465円11,614円
医療費5,278円8,351円
交通通信費24,430円18,862円
交際費12,049円18,814円

男性は女性より食費の支出が1万円ほど多く、女性は男性よりも交際費や医療費の支出が多いという特徴がわかります。

医療費、交通通信費、交際費については、一人暮らしを始める前でも金額相場がわかります。領収書などは保管し、支出計算に役立てましょう。

平均額を参考にすると、生活費だけで毎月10万円くらいの出費は見ておく必要がありそうです。よって、手取り月収から10万円を差し引いて残った金額が、家賃と貯金にあてられるイメージになります。

手取り月収-生活費10万円=家賃+貯金

このように、生活費を試算することで、自分にとって適切な家賃や貯金できる額も見えてくるようになります。

参考:総務省統計局「平成26年全国消費実態調査」平成 27 年9月 30 日

突発的な出費のための貯金も確保しよう

毎月の生活費以外に、突発的な出費に備えて貯金をしておくことも考えましょう。

例えば、冷蔵庫や洗濯機などの家電品が壊れてしまった場合、買い換えるためには少なくとも万単位のお金が必要です。

車やバイクを所有する予定であれば、税金やメンテナンス費用、車検費用も準備しておかなくてはなりません。

また、賃貸物件の中には、更新の度に更新料というお金を支払う場合があります。更新料の相場はおよそ家賃の1ヶ月分。更新のある月は家賃が2倍かかると考えておきましょう。

支払いのタイミングであわてて工面することのないよう、毎月少しずつでも貯金することが大切です。

一人暮らしを始める前に、計画をしっかり立てる

一人暮らしを始める前に、計画をしっかり立てる
一人暮らしを始める前に、計画をしっかり立てる

一人暮らしは、生活費を自分で管理していかなければならないため、無計画にお金を使ってしまうと、月末までに生活費が底をついてしまう可能性があります。

自分が生活していくために毎月いくらの生活費がかかるのか、あらかじめ試算しておくことが大事です。学生の場合は、仕送りで足りるのか、それともアルバイトが必要なのかが見えてくるでしょう。

社会人であれば、初期費用だけでなく、当面の生活費分も貯めてから一人暮らしを始められるとベスト。一人暮らし後の資金に余裕ができ、生活も安定するはずです。

賃貸物件で一人暮らしを始める際に、初期費用を抑えるポイント

どうしてもかかってしまう初期費用ですが、節約する方法もあります。
ここでは、2つのポイントをご紹介します。

1.引越しシーズンを避ける
引越しが特に多いのは、進学、就職、転勤などで入退去が増える1月から3月頃です。
この時期に引越し業者に作業を依頼すると、通常の倍以上の料金がかかってしまうことがあるため、できれば避けたいところです。

引っ越し業者だけでなく、賃貸物件そのものも割高になるケースがあります。引っ越しニーズが高い時期は、条件が揃えば多少高くても契約する人が多いため、普段よりも家賃や礼金を高くして募集をかける賃貸物件が増えるためです。

引越しシーズンを避ければ、割安な料金で引越し業者に依頼できるうえ、家賃や礼金などの条件交渉も有利に運びやすいというメリットがあります。

2.フリーレント物件や、家具家電付き物件を活用する
賃貸物件の中には、契約してから一定の期間は家賃が無料になる「フリーレント」という特典が付くものもあります。最初の1ヶ月だけでも家賃が無料になれば、初期費用はかなり節約できるでしょう。

また、おもに学生や新社会人向けのワンルーム物件などでは、家具や家電製品を備え付けた物件がリーズナブルな家賃で賃貸されています。家具一式や家電品を一通り揃えるためには、前述の通りまとまった資金が必要です。こういった物件を選ぶことでも、初期費用はぐっと抑えることができます。

一人暮らしにかかるのは、家賃の4~5ヶ月分の初期費用と月々の生活費

一人暮らしを始めるにはまず、家賃の4~5ヶ月分に相当する初期費用を支払い、その後は毎月の生活費を支払っていかなければなりません。
仕送りや給料などと照らし合わせて、収入に見合った家賃の物件を選ぶことが、安定した一人暮らしを送るためのポイントです。

まとめ
・契約金、引越し業者の作業料金、家具家電や生活備品の購入資金が初期費用となる
・生活費をまかなうだけでなく、少しずつ貯蓄していけるだけの収入が必要
・引越しのタイミング調整やフリーレント物件を選ぶことなどで、初期費用は節約可能

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す