マンションで地震が起こったら?

マンションで地震が起こったら?
マンションで地震が起こったら?

・身の安全を確保マンションで地震が起こった場合、最優先する事は身の安全の確保です。大きな地震の際は家具が倒れる、ガラスが割れる、上から物が落ちてくるなど様々な危険があります。地震が発生したら机などの下に身を隠し、安全を確保しましょう。

地震によって扉がゆがみ、外に出られなくなる可能性もあります。素早く戸を開けて出口の確保をしましょう。特にマンション高層階の場合、揺れ始めると長時間にわたり揺れ続け、揺れ幅も低層階に比べ大きくなる傾向があります。小さな地震と油断せず、少しでも揺れたら身の安全・出口の確保に気を配りましょう。

・火元や電源の確認地震の揺れが収まったら次は火の元の確認です。揺れている最中にでもすぐに火を消さなければならないと考えている人もいるかもしれませんが、その行動は間違いです。現在ほとんどの家庭で地震の揺れを感知し、自動でガスの供給を停止するガス漏れ遮断器が設置されています。揺れている最中には火を消さず、揺れが収まるのを待ってからガス栓を閉めてください。

避難する前にはブレーカーを落としていくことも忘れないでください。地震によって停電になったマンションにもいずれは電力供給が再開します。電気供給再開時、地震発生前に稼働していた電気ストーブやオーブントースター、熱帯魚用のヒーターなどが再び動きだし可燃物に引火し、通電火災につながる可能性もあります。家電の配線がショートし、ほこりに着火する事や、漏れたガスに引火する可能性もあるのでブレーカーは必ず落として避難しましょう。

マンションでの避難方法

・マンションの1階へ避難マンションで地震が発生した場合の避難はまず1階に向かいましょう。部屋や廊下にはガラスなどの飛散物がある可能性があります。怪我をしないよう靴やスリッパを履いて移動しましょう。停電が発生していない場合はエレベーターが動いている事がありますが利用は厳禁です。エレベーターに乗っている最中に余震が発生し、エレベーターが止まり閉じ込められる事も考えられるからです。マンション高層階からの移動は大変ですが、絶対にエレベーターは使わず非常階段で1階へ避難しましょう。

・マンション内避難場所へ移動1階に到着したら各マンション内で定められている避難場所へ移動しましょう。多くのマンションでは独自に避難場所が定められています。もしもマンション内の避難場所が指定されていない場合はマンションの敷地にとどまらず、素早く次の避難の段階にあたる一次避難場所や広域避難場所へ移動しましょう。地震発生後も余震によりマンション上部から窓ガラスや植木鉢など様々な物が落下してくる可能性があります。すみやかに安全な一時避難場所や広域避難場所へ移動を開始しましょう。

・指定の避難場所へ避難一時避難場所・広域避難場所は一時的に身の安全を確保することを目的として市区町村などにより用意されています。避難場所の多くは、周りに危険の少ない公園や農地などです。近くの一時避難場所・広域避難場所へ避難完了後は地域で定められた指定避難所へ移動することになります。

指定避難所は多くの場合、小中学校などの学校施設が指定されています。指定避難所では避難者が一時的に生活できるように乾パンや水などの食料の他に毛布など生活用品の備蓄もあります。しかし最低限の備蓄しかない事もあり、避難所だけでは満足な量の食糧や水を確保できない事もあります。そのため日頃から防災対策を自主的に準備する必要があります。

普段からできる地震への備え

普段からできる地震への備え
普段からできる地震への備え

・備蓄の確認大地震の備えとして一般的に最低3日分以上の水・食糧を準備しておくと良いとされています。これは地震発生後、支援物資が届くまでに時間がかかるためです。支援物資が届くまでの自分や家族の分の水・食糧は必ず備蓄しておきましょう。また、避難生活に必要な物を詰めた非常用持ち出し袋を準備しておくのも大切です。

政府では首相官邸ホームページに地震の対策として備蓄しておくべきリストを公開しているので紹介します。

≪食糧・水・生活必需品≫
・飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
・非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
・トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

≪非常用持ち出し袋の中身≫
・飲料水
・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
・ヘルメット、防災ずきん
・マスク
・軍手
・懐中電灯
・衣類
・下着
・毛布、タオル
・携帯ラジオ、予備電池
・携帯電話の充電器
・使い捨てカイロ
・ウェットティッシュ
・洗面用具
・携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。
引用元:平成29年度全国統一防火標語 「火の用心 ことばを形に 習慣に」

・家具の固定防災対策として家具の固定も重要です。もしまだ家具を固定していないご家庭があればすぐに作業することをおすすめします。特にマンション上層階に住んでいる場合は地震の揺れが大きく長時間にわたる可能性があります。しっかりと対策を施しましょう。

避難経路や避難所の場所を確認することも大切です。マンションの非常階段の位置やマンション内の避難場所の確認、一時・広域避難場所、指定避難所などを確認し、家族で共有しましょう。マンションによってはマンション独自の避難マニュアルを作成している場合もあります。ぜひ確認してみましょう。

耐震性能の良いマンションへ住み替えるのも手

防災対策の一つとして耐震性能の優れたマンションへ住み替えるのも一つの手段です。耐震性能に優れたマンションかどうかを見極めるには新耐震基準によって建てられたマンションか旧耐震基準で建てられたマンションかどうかが重要なポイントとなります。

1981年に建築基準法が大幅に改正され、以前の旧耐震基準からさらに厳しい耐震性を求めたいわゆる新耐震基準が設定されました。旧耐震基準では震度5程度の地震で倒壊しないことが基準の一つでしたが、新耐震基準では以下の通り変更になりました。

・震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと
・震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと

つまり新耐震基準のマンションであれば震度7でも倒壊・崩壊は避けられるという事です。マンションを購入される際はぜひ新耐震基準後に建ったマンションかどうかをチェックしてください。

揺れの少ない免震構造マンションを選ぶのも防災対策の一つの手段です。免震構造とは地震による揺れが直接マンションに伝わらないように基礎部分と建物の間に免震装置を施したものです。免震構造のマンションを選ぶことで大地震が来た際にも揺れが比較的少なくなります。家族のためにもできる限り安全なマンションに住みたいという方にはぜひおすすめです。

日頃からの防災意識が大切

大きな地震が発生すると大災害につながる可能性があるのが地震です。マンションでは特に上層階で揺れが大きく長時間となる可能性があります。自分や家族の命を守るためにも家具の固定や水・食料、持ち出し袋の準備、避難経路・避難場所の確認などの必要な対策を日頃から行いましょう。もし、今お住まいの物件の耐震性に不安が場合は耐震性に優れた物件や免震構造の物件への引越しなども検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ
・地震の際はまずは身の安全の確保を
・ブレーカーを落とし、火の元を確認し、階段を利用し避難所へ
・3日分以上の水・食糧、持ち出し袋を常備
・地震で倒れやすい家具の固定を
・マンションの耐震性は新耐震基準のものが安心

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す