2K〜2LDKはどんな間取り?

2K〜2LDKはどんな間取り?
2K〜2LDKはどんな間取り?

間取りの種類を示す2K・2DK・2LDK、それぞれの先頭にある“2”は居室が2つであることを示します。そしてKは調理をする“キッチン”、Dは食事をする空間の“ダイニング”、Lはくつろぎの空間の“リビング”を意味します。具体的にはどこが違うのでしょうか?

首都圏不動産公正取引協議会が提示する目安によると、居室が2つ以上ある間取りにおいて、キッチンが備えられた空間をDKと表示するには最低6畳以上、LDKの場合は10畳以上としています。つまり、2K〜2LDKそれぞれの間取りは下記の通りです。

2K:居室2つ+6畳未満のキッチン
2DK:居室2つ+6〜10畳のキッチン
2LDK:居室2つ+10畳以上のキッチン


なお居室がひとつの場合は、4.5畳以上のキッチンをDK、8畳以上をLDKとします。

DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準│公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会

1DKや1LDKの家賃よりも2Kのほうが安いことも!?1LDKや2LDKといった間取りでは、一般的に頭に付く数字が大きいほうが居室の数が多くなり、家賃も高めになります。ところが、実際に賃貸物件を比較すると、1DKや1LDKの家賃よりも2Kのほうが安いケースもあるのです。なぜなのでしょうか?

近年は、キッチン周りをゆったりと確保した間取りが人気傾向です。そのため居室が2つ以上ある築浅物件において、キッチンの広さが6畳未満の間取りは少なめとなります。2Kの物件は築年数が古い物件が多いため、家賃が安い傾向があるのです。

2K〜2LDKで一人暮らしするメリット

居室を異なる目的で使える2K〜2LDKの間取りでは、2つの居室を異なる目的で使い分けることができます。例えば1部屋を寝室にして、もう1部屋を趣味の部屋にすることが可能です。

絵画や手芸など物作りが好きな人なら、資材を収納する棚や広いデスクを置いて作業に没頭できる部屋にしたり、おしゃれが好きで洋服の量が多い人なら、1部屋まるまるウォークインクローゼットにしたりと、趣味を思い切り楽しむ空間にできます。

2K〜2LDKで一人暮らしするデメリット

2K〜2LDKはゆとりある間取りですが、それゆえのデメリットもあります。

面積が広い分家賃が高い賃貸物件において仮に立地条件や築年数などの条件が同等の場合、専有面積が広くなるほど家賃も高くなっていきます。

部屋を持て余す可能性もある2LDKになるとファミリー向け物件も増えてきますから、一人暮らしだと部屋を持て余してしまう可能性もあります。もし広さの割に家賃が安い物件を見つけた場合でも、自分にとって本当に2部屋必要かを考えてみたほうが良いかもしれません。

維持する手間や費用が増える2K〜2LDKの物件は、1K〜1LDKに比べて生活に関する金銭的・時間的なコストが増えやすいです。居室の数が多い分掃除しなければならない面積が増えますし、家電や照明器具が多い分電気代も高くなりがちです。

2K〜2LDKの部屋を選ぶポイント

2K〜2LDKの部屋を選ぶポイント
2K〜2LDKの部屋を選ぶポイント

2K〜2LDKの間取りでは、2つの居室の配置や間仕切りの種類によって、空間の使い勝手が異なってきます。

目的をはっきり分けたい場合部屋の使い方や雰囲気をはっきりと区別したい場合は、振り分けの間取りがおすすめです。振り分けとは、それぞれの部屋に廊下やリビングなどから直行できること。間取りによっては、手前の部屋を経由しないと、奥の部屋に行けないケースもあるからです。

フレキシブルに使い分けたい場合居室がふすまや引き戸で仕切られている間取りなら、必要に応じて空間の広さを変えることができます。2つの居室をつなげたり、居室とキッチン(LDK)をつなげたりして一体的に使うことが可能です。来客時には間仕切りを閉めてしまえば、プライベートなスペースを隠すことができます。

暮らし方と家賃とのバランスを考えよう

2K~2LDKの住まいは、一般的な単身向け物件に比べて間取りのバリエーションが豊富になります。

1部屋を寝室、もう1部屋を趣味の空間にするなど、目的に応じて使い分けられますが、専有面積が広いと家賃は高くなりやすいです。

それぞれの居室でどのように過ごしたいかを具体的に考えながら、自分のライフスタイルにあった物件を探しましょう。

まとめ
・2K・2DK・2LDKで一人暮らしをする選択肢もある
・2K〜2LDKは居室が2つあり、アルファベットはキッチンの広さを示す
・2K〜2LDKの間取りなら、居室を目的に応じて使い分けることができる
・一人暮らしでは部屋を持て余してしまう可能性もある

全国の賃貸を探す家賃相場を調べる