マンションとアパートは、どちらも「共同住宅」や「集合住宅」を表す言葉ですが、いったいどのような違いがあるのかご存知ですか。普段、何気なく使っている「マンション」と「アパート」について考えてみましょう。

どのような物件がマンションで、どのような物件ならアパートなのかといった明確な定義はありません。そもそも英語で「mansion」とは、大邸宅や館(やかた)を表す言葉であり、一般的な日本のマンションのような集合住宅は「apartment house(米)」もしくは「flats(英)」です。高級マンションなら「luxury apartment」、分譲マンションなら「condominium」となります。外来語の誤った用法が広まって、ごく普通の住宅に「マンション」という用語が使われるようになったのですが、不動産の広告においては主に構造の違いによって区別されています。

  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造

 

  • 木造
  • 軽量鉄骨造
  • プレハブ造

 

また、2階建てまでの建物を「アパート」、3階建て以上を「マンション」とするなど、階数によって区別している場合もあります。建物の名称はさらにあいまいで、古いマンションでは「○○アパート」と名付けられた建物が少なからず存在しています。その逆に、木造2階建てのアパートでありながら「○○マンション」と称している場合もあるのです。外観の雰囲気や建物設備のグレードなどによって、不動産会社が任意に「マンション」と「アパート」を使い分けている例もあるでしょう。

 

マンションアパート違い

マンションアパート違い

同じ立地、同じ広さ、同じ築年数の物件で考えれば、建築工事費が安いぶん、アパートのほうが賃料は安く設定されます。しかし、極端に差が生じるわけではなく、築浅のアパートと古めのマンションなら、アパートの賃料のほうが高いこともあるでしょう。ただし、アパートでは一般的に管理人がいないため、管理費や共益費は安くなります。一方で、木造アパートは老朽化が早く進むケースも多く、相当に古くなった場合には家賃が大きく引き下げられることもありますが、逆に建て替えが視野に入ってくる頃になると新たな入居者を募集しなかったり家賃を下げなかったりといったこともあります。

 

マンションに比べてアパートには高級感がなく、遮音性能や断熱性能が劣る、室内や共用部分の設備が十分でないなどといったデメリットもありましたが、近年はアパートのデザインや性能、設備が進歩し、一般的なマンションと遜色ない物件も増えつつあるようです。また、閑静な住宅地で地主が敷地の一角に建てた場合など、住環境がたいへん優れたアパートもみられます。

 

建物名としては「○○マンション」や「○○アパート」のほかに、「○○コーポ」「○○ハイツ」「○○ハウス」「○○ホーム」「○○レジデンス」などの名称も多く使われています。本来のイギリス英語に基づいて「フラッツ○○」としている例や、家や住宅を意味するフランス語の「メゾン」、イタリア語の「カーサ」もアパートなどの名称として使われていることがあります。賃貸マンションでありながら「○○ビル」という例もあるでしょう。「○○荘」はたいてい木造アパートですが、数棟が並んでいる場合の「壱号館」「弐号館」「参号館」といった表記はマンションでもアパートでも使われます。

 

その他にも「キャッスル(城)」「パレス(宮殿)」「シャトー(大邸宅)」「コート(中庭)」「アーバン(都市の)」「ヴィレッジ(村)」などといった言葉を組み合わせて建物名にしている例もあります。その建物にふさわしいかどうかは別にして、語感で決められることも多いようです。その一方で、本来は分譲マンションを表す「コンドミニアム」が建物名として使われるケースは少なく、主にハワイなど海外の「リゾートマンション」を意味する用語とされています。

 

公開日: / 更新日: