リノベーションに限らず、新築であっても、住宅は住み出してから何かしらの不具合が発生することはあり得ることです。万が一のときにどのような対応を取ってもらえるかを事前に知っておくことが重要です。

一般的な保証範囲

リノベーション会社の保証

ほとんどのリノベーション会社は、独自の保証基準にもとづいて「保証書」を発行していますので、工事完成後、何らかの不具合が生じた時には、その範囲内で適切な対応を取ってくれます。一般的には、「躯体などの重要な部分は10年」「給排水配管は2年」「内装仕上げは1年」など、部位ごとに保証期間を定めており、施工上の不具合に対しては、無償で修理したり新品に取り替えたりしてくれます。
逆に言えば、このような保証制度が存在しない会社(ほとんどありませんが・・)は、最初から選ばないほうが良いでしょう。また、リノベーション会社が加盟する団体等が、独自の品質基準や保証基準を定めている例もあります。

メーカー保証

ユニットバス、システムキッチン、エアコン、照明器具など、メーカーが製造している設備や器具などについては、メーカーが1~2年程度の保証をつけていることがほとんどです。保証期間内の故障についてはメーカーのサービスセンターなどに連絡することで無償で修理を受けることができます。

住宅専門の保険法人による保険


リノベーション会社独自の保証だけでは心配な場合、住宅専門の保険法人による「リフォーム瑕疵(かし)保険」という制度があります。この制度を利用すれば、保険法人が指定する検査員が検査を行い、万が一のときには保険金で不具合を補修することができます。
なお、利用にあたっては、リノベーション会社が保険の代理店として登録されている必要があります。あらかじめ、保険を使うことができるかどうか、相談してみましょう。

保証期間内でも保証されないもの


リノベーション会社の保証を受ける場合でもメーカーの場合でも、保証の範囲となるのは施工ミスや機器の初期不良に起因するものです。故意に壊した場合、間違った使い方をした場合などは、当然ながら保証期間内であっても保証の対象にはなりません。また、契約上の免責事項が定められていることもあります。例えば、無垢の木など自然素材は、反り、割れなどが発生することがよくあるため、あらかじめ保証の範囲外としていることがあります。契約時によく確認しておきましょう。