アパートやマンションには“管理人常駐”という物件もあり、その安心感に付加価値を感じる人も多いでしょう。

では、管理人が常駐することで具体的にどんなメリットを得られるのでしょうか。また逆に、デメリットはあるのでしょうか。

今回は、管理人常駐の賃貸物件のメリットとデメリットを紹介します。

管理人常駐の賃貸物件

 

管理人常駐の賃貸物件とは、大家さんや管理会社の従業員が住み込むなどして、管理している物件を指します。

 

管理人の主な業務は、共用部分の清掃、設備のメンテナンス、定期点検の立ち合い、住人の相談受け付けなどになり、安全確保にも一役買ってくれます。

 

マンションの場合には管理人室が用意されていることが多く、上記の業務を日中の定められた時間で行う場合や、24時間体制で管理してくれる場合などがあります。

 

また、同じ物件の一室に大家さんが住んでいることもあり、このような場合も管理人常駐の物件に該当します。

管理人常駐の賃貸物件

 

管理人常駐の賃貸物件に住んだ際に得られるメリットを4つ紹介します。

 

空き巣など犯罪面のリスクを警戒する人にとって、管理人が敷地内にいてくれる物件はとても魅力的です。不審者は人目を嫌うため、“管理人がいる”ということだけでも犯罪抑止になります。

 

仮に管理人が日勤形式の物件だとしても、17時ごろまでは有人管理を行うケースが多いため、学校帰りのお子さんも心強いでしょう。

 

エントランスや廊下、庭やゴミ置き場などの掃除は、管理人の主な業務のひとつです。共用部分にゴミや枯れ葉などがたまることがなく、清潔できれいな状態を維持できます。

 

また、人が常駐することでチラシなどの投函を抑止する効果も生まれるため、不要なチラシでポストがすぐいっぱいになるということを防いでくれるかもしれません。

 

日中に宅配便を受け取れない場合など、物件によっては代わりに管理人が受け取り、預かってくれることがあります。留守にすることが多い人にとってはうれしいサービスです。

 

便利なだけでなく、宅配を装った犯罪を予防する効果もあるため、特に女性の一人暮らしなどには防犯効果が高まるといった利点もあります。

 

ただし、対応できる物件とそうでない物件があるため、サービス内容はあらかじめ確認しておきましょう。

 

管理人は有事の際に頼りになる存在です。住んでいて不安に感じることがあったり、問題が起こったりしたときに、すぐに相談や助けを求められます。

 

たとえば、住民同士でなにかトラブルが起こった際にも、管理人に間に入ってもらうことで、角を立てずにトラブルを解決しやすくなるでしょう。

管理人常駐の賃貸物件

 

防犯性や利便性など多くのメリットがある管理人常駐の物件ですが、一方でデメリットに感じることもあります。

 

ここでは、物件契約前に注意すべき項目を2つ挙げてみました。イメージと違う部分がないかチェックしてみましょう。

 

有人管理になるという都合上、管理人に対する人件費が発生するため、管理人がいない物件と比べると管理費が高くなる傾向にあります。

 

また、管理業務の形態には常駐管理、通勤管理、巡回管理の3パターンがあり、管理人が物件内にいる時間が最も長い常駐管理は、ほかの2つと比べて管理費は高額になります。

 

ちなみに、物件内に大家さんが住み、大家さんが管理人を務めるというケースでは、さほど管理費が高くならないこともあるようです。

 

管理人常駐という条件は同じでも、物件により管理費の金額は変わるため注意しましょう。

 

困ったことが起きた場合などには頼りになる存在ですが、そうでないときには煩わしさを感じる瞬間があるかもしれません。

 

毎日のあいさつを少しおっくうに感じる人や、出かけるときや帰るときになるべく誰かに会いたくないという人は、むしろデメリットに感じる可能性もあるでしょう。

 

ゴミ出しのルールを間違えたり、騒音を出したりした場合には、直接管理人から注意を受けることもあり得ます。

 

また、万一家賃を滞納するようなことがあれば、顔を合わせた際に指摘されることもありますし、直接督促されることもあるでしょう。

 

管理人常駐の賃貸物件がもつ防犯性や利便性、共用部分を清潔に保っていることが多いといったメリットは、暮らしに安心と豊かさを与えてくれます。

 

いくつかのデメリットには注意が必要ですが、月々の管理費が高くなったとしても、それに見合う価値を感じる人もいるでしょう。

 

特に、小さなお子さんがいるファミリーや、一人暮らしの女性などは検討してみてもいいかもしれません。

公開日: