目次
1. 賃貸マンション・アパートで鍵交換をする理由とは?
2. 賃貸マンション・アパートの鍵交換の費用負担と相場
 2ー1. 鍵交換の費用負担は重要事項説明の内容による
 2ー2. 鍵の種類ごとに異なる交換費用の相場
  2ー2ー1. シリンダーキー
  2ー2ー2. ディンプルキー
  2ー2ー3. カードキー
3. 賃貸マンション・アパートに引越した後の、鍵の受け渡しや合鍵作成について
 3ー1. 鍵を受け取るときの注意点
 3ー2. 合鍵を作るときの注意点
4. 鍵を紛失した、錠が壊れたときの対処法と費用負担
 4ー1. 鍵を紛失した・錠が壊れたときの対処法
 4ー2. 鍵を紛失した・錠が壊れたときの費用負担
5. 賃貸マンション・アパートの鍵交換費用は借主負担の場合あり。必ず事前確認を

賃貸マンション・アパートで鍵交換をする理由とは?

賃貸マンション・アパートでは、入居前に鍵交換をするのが一般的です。その理由は防犯のためです。

前の入居者が退去するときには、管理会社に鍵をすべて返却するものですが、こっそり合鍵を作っている場合があります。このとき、鍵交換をしていないと不法侵入や盗難などのリスクが出てきます。そのため、多くの管理会社では入居者が変わるたびに鍵交換を行うようにしています。

鍵交換をするときは、管理会社が専門の会社を手配します。ある程度費用がかかりますが、コストを抑えたいからといって自分で行ってはいけません。なかには複雑な構造のものや、特殊な鍵もあり、自分で交換するのが難しいものもあります。故障の原因にもなりますので、自分でやるのは控えましょう。

pixta_45467965_S
賃貸の鍵交換は必要?

賃貸マンション・アパートの鍵交換の費用負担と相場

◆鍵交換の費用負担は重要事項説明の内容による
鍵交換の費用を誰が負担するかについては、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に考え方のヒントが書かれています。鍵交換は物件を管理する上で発生する費用のため、「賃貸人(貸主)が負担することが妥当」とのことです。

ただし、これはあくまでもガイドラインであり、法律で厳密に定められているわけではありません。最終的にどちらが負担するかは、契約するときに受ける「重要事項説明」の内容によります。実際には、借主が鍵交換の費用を負担するケースは少なくありません。

◆鍵の種類ごとに異なる交換費用の相場
鍵交換の費用の相場は1万円~2万5,000円ほどです。ただし、鍵の種類や物件によって次のように差が出ます。契約時の初期費用として支払うことになるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

・シリンダーキー 1万円~1万5,000円

シリンダーキー
シリンダーキー

表面がギザギザしている鍵で、日本でもっとも一般的な種類です。ディスクシリンダー、ピンシリンダー、ロータリーシリンダーなどの種類によって鍵交換の費用は若干変わるものの、どれも安めの傾向にあります。

・ディンプルキー 1万5,000円~2万5,000万円

ディンプルキー
ディンプルキー

シリンダーキーの一種ですが、鍵の表面にくぼみが付いておりピッキングに強いという特徴があります。ただし、シリンダーキーの中でも鍵交換の費用が高くなります。



・カードキー 1万円~1万2,000円

カードキー
カードキー

磁気カードでできた鍵で、合鍵の作成が難しい、ピッキングに強いことなどから防犯面に優れています。財布に入れられる携帯性の良さも魅力的で、鍵交換の費用も比較的安めです。

なお、オートロックや特殊な鍵の場合は2万円~4万円とさらに高くなることがあります。

賃貸マンション・アパートに引越した後の、鍵の受け渡しや合鍵作成について

◆鍵を受け取るときの注意点
鍵交換が完了すると、新しい入居者に鍵が渡されます。このとき渡される本数は2本が一般的です。家族で引越ししたときなど鍵が足りない場合でも、勝手に合鍵を作ってはいけません。管理会社に相談して、許可を得た上で作る必要があります。

◆合鍵を作るときの注意点
管理会社から許可を得て合鍵を作るときは、必ず交換が終わった後に渡された純正の鍵を使います。合鍵から合鍵を作ると品質が悪くなり、鍵穴を傷付けてしまうことがあるためです。また、退去時は最初に渡された鍵だけでなく、合鍵も返却する必要があります。紛失や盗難に気を付けて、しっかりと管理しましょう。

pixta_43693652_S

鍵を紛失した、錠が壊れたときの対処法と費用負担

◆鍵を紛失した・錠が壊れたときの対処法
鍵を紛失した、錠が壊れたなど不具合があるときは、すぐ管理会社に連絡しましょう。特に、紛失時は併せて警察にも相談してください。最寄りの交番などで遺失届を出します。これは合鍵を持っている場合、もしくは合鍵の方をなくした場合などでも同じです。鍵を1本でもなくしたら、不法侵入や盗難など防犯上の危険性があるため、錠そのものを交換することになります。

◆鍵を紛失した・錠が壊れたときの費用負担
紛失・故障によって鍵交換をする場合の費用は、やむを得ない理由でない限り、基本的には過失があった入居者の負担になります。ただし、火災保険や入居者サポートなどの契約内容によっては補償される場合もあるため、契約内容を確認してください。

賃貸マンション・アパートの鍵交換費用は借主負担の場合あり。必ず事前確認を

ここまで、鍵交換の必要性や相場、紛失・盗難時の対処法などをご紹介してきました。

鍵交換は必要なことで、入居者が費用を負担するケースは少なくありません。どのようなときに、どれぐらいの費用がかかるのかをしっかり押さえておき、くれぐれも紛失や盗難が起きないよう管理していきましょう。

全国の賃貸を探す家賃相場を調べる