目次
そもそも賃貸マンションとは
賃貸でもこれだけの種類がある!さまざまなマンションタイプ
  ・ 構造
  ・ 入居タイプ
  ・ 特殊な契約形態
  ・ 趣味を満喫できる物件
自分に合ったマンションを探すには?
賃貸マンションを借りる際の注意点


そもそも賃貸マンションとは

賃貸マンションとは、一般的に大家さんが他人に部屋を貸し出して賃料をもらうことを目的としたマンションのことをいいます。賃貸マンションの契約者は、契約時にまず初期費用として礼金・敷金・保証金などの入居一時金を支払い、入居後は一定の家賃を支払うのが一般的です。

賃貸マンションには、ライフスタイルの変化などにより気軽に転居できるというメリットがあります。広さや間取りもさまざまで、単身用のワンルームマンション、ファミリー向けマンションなど、入居人数に応じたタイプも豊富です。また近年では、女性限定やDIY可の物件など生活スタイルに対応した物件も増えています。

賃貸でもこれだけの種類がある!さまざまなマンションタイプ

多種多様な特徴をもつ賃貸マンションですが、具体的にどんな種類があるのでしょうか。ここでは、構造、入居者、契約形態などのカテゴリーに分けて、賃貸マンションのタイプについてご紹介します。

タイプ①構造
タイプ①構造

構造
・一般的な賃貸マンション通常、マンションといえば、鉄筋(または鉄骨)コンクリート造、3階建て以上、エレベーター付き、住戸数が多いといった特徴をもつ共同住宅のことを指します。分譲マンションの場合はすべて当てはまることが多いですが、賃貸マンションはその限りではありません。大家さんが見た目や設備で「マンション」と判断していることが多く、人によってはアパートと感じる物件も。たとえば「エレベーターなしの鉄筋コンクリート造の共同住宅」であれば、アパートともマンションとも捉えられます。物件を選ぶときは、募集図面とあわせて実態も確認するとよいでしょう。

・タワーマンションタワーマンションとは地上20階以上の高層マンションのこと。上層階になると視界を遮る建物がないため眺望が良かったり、建物内にハイスペックな共用施設を有していたりと、他では得にくい魅力があります。駅近くや再開発エリアに建築されることが多いです。

・大規模マンション単身用からファミリー向けまでさまざまな間取りがある場合が多く、幅広い世代の人たちが暮らしています。共用施設が充実しているマンションも多いです。

関連記事:マンションの戸数・規模による種類と住み心地の違いとは


・デザイナーズマンション建築デザイナーが設計したこだわりのマンションです。築浅の物件やリノベーション物件に多く見られます。壁紙のデザインやカウンターテーブルの形など、ちょっとしたところにデザイナーの遊び心を感じられます。

関連記事:まだまだ人気!?デザイナーズマンションのメリットとデメリット

・分譲賃貸分譲マンションの何部屋かを賃貸マンションとして貸し出している物件です。所有者が転勤などの理由で住まなくなった部屋を一定期間だけ賃貸として貸し出しているケースもあります。家賃は通常の賃貸マンションより高めですが、分譲マンションの設備を利用しながらグレードの高い部屋に住むことができます。

関連記事:やっぱり一味違う!?分譲賃貸マンションのメリット・デメリット

入居タイプ
・単身用一人暮らし用に建設された物件です。住人の入れ替わりが比較的多く、住人間の交流は少ない傾向にあります。間取りはワンルームや1Kが多いです。

・2人入居可1LDKやワンルームといった一人暮らしを想定した間取りでも、2人で住むことを許可された物件です。カップルや兄弟、夫婦で生活するのにおすすめです。

・ファミリー用3LDKや4LDKなど、家族が住むのに適した間取りが中心の物件です。ファミリー層が自然と集まるため、住人間の交流が生まれやすいという特徴があります。

・女性限定文字通り女性だけが借りられる物件です。オートロックや防犯カメラなどのセキュリティ設備が充実している物件が多く、安心感があります。

関連記事:女性のみが入居できる賃貸物件のメリットと気をつけるポイント

・ペット可物件ペット飼育が可能な物件です。ただし、どんな動物でもOKというわけではないため、事前に大家さんへの確認が必要です。

関連記事:快適なペットとの暮らしを応援する「ペット可物件」ガイド

・ルームシェア可ルームシェアとは、1つの部屋で他人同士が同意の上で共同生活を送ること。ルームシェア前提で設計された間取りでは、共同スペースとプライベート空間がきちんと確保されており、入居者同士が程よい距離感で暮らせるように工夫されています。

関連記事:どんな間取りが快適?友だちとルームシェアするポイント

特殊な契約形態
・マンスリーマンション一般的な賃貸物件は2年契約が原則ですが、マンスリーマンションは1ヶ月から月単位で住むことができます。生活に必要な家具や家電があらかじめ用意されているのが特徴です。

関連記事:短期契約できる賃貸の種類や選ぶポイントは?

・定期借家物件賃貸借契約期間が満了すると、原則として契約の更新ができない物件のことをいいます。気に入っても長く居住できないのがデメリットですが、相談によっては再契約できる場合もあります。

関連記事:実はお得!?それとも実は…。定期借家契約で借りる賃貸住宅のメリット・デメリット

趣味を満喫できる物件
・楽器演奏可楽器演奏が可能な物件のことです。防音室が完備されている物件、一定の時間帯のみ楽器演奏が可能な物件など、仕様やルールは物件ごとに異なります。演奏不可な楽器もあるため事前確認が必要です。

・リフォーム・DIY可設備の変更や壁紙の交換など、賃貸物件でも自分で手を加えることが許可されている物件です。自分好みの部屋を作りたいという人におすすめです。

関連記事:DIY賃貸、カスタマイズ賃貸とは?注意点と契約の仕方

自分に合ったマンションを探すには?

自分に合ったマンションを探すには?
自分に合ったマンションを探すには?

このように多岐にわたる賃貸物件の中から、自分に合った物件を効率よく探すには、様々な不動産会社の物件情報が載っている不動産情報ポータルサイトを活用するのがおすすめ。特に「これだけは外せない」という条件がはっきりしている人にはメリットが大きいです。

LIFULL HOME'Sでは、膨大な物件の中から希望のエリアや駅・路線に絞って検索できるほか、部屋のこだわり条件や、物件の契約タイプなど、より詳細な条件で検索することが可能。またおすすめ特集のページでは、マンションの構造や設備、ライフスタイルなどのテーマからお気に入り物件を探すことができます。

不動産情報ポータルサイトでさまざまな物件情報を見ることで、賃貸マンションの相場を知ることもできます。不動産会社に問合せる前に、一度チェックしてみるとよいでしょう。

賃貸マンションを借りる際の注意点

賃貸マンションの種類や探し方について紹介してきました。
最後に、理想の物件が見つかった後に注意したいことをご紹介します。

入居したい物件が見つかったら入居審査を経て賃貸契約へと進ます。契約するためには、物件や契約に関する情報を網羅した「重要事項説明書」という書類の確認が必要ですが、契約日当日に流し読み程度で済ませてしまうことがほとんど。そのため、物件に関する重要な事柄を理解せずに入居してしまい、後からトラブルになるケースも多いようです。

仮に不動産会社の説明が不足していたとしても、契約が終わってしまっていればその後のトラブルの処理まではしてはもらえません。入居後に困らないよう契約内容は必ずしっかりと確認してください。またトラブルを未然に防ぐには、きちんと対応してくれる不動産会社や営業担当者を選ぶことも大事です。部屋や契約に関する知識は十分か、質問に丁寧に答えてくれるかなど、信頼できる相手かどうか見極めていきましょう。

まとめ
・賃貸マンションは、構造、入居者タイプ、契約形態などでさまざまな分類に分けることができる
・賃貸マンションでもデザイナーズマンションや分譲賃貸などグレードの高い物件があり、ルームシェア可、ペット可といったライフスタイル重視の物件も豊富で選択肢が広い
・物件探しは、不動産検索サイトを活用すると効率的
・契約書にはマンションの重要な取り決めが書かれているため、契約の前によく確認する

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す