女性専用賃貸物件の特徴

pixta_11257090_S
設けられている制約は
確認しておきましょう

ここでいう女性専用賃貸物件とは、女性しか契約できない賃貸物件のことです。どの住戸にも女性しかいないという安心感から、若い女性や初めて一人暮らしをするお子さんを持つ親御さんからも人気があります。女性専用ということもあり、女性が好むおしゃれな外観や内装を施している物件もありますが、一見よくある賃貸物件と変わらないような物件もあり、造りはさまざまです。

女性しか住めないというのは大前提ですが、男性の来客に関しては許可している物件と、男性の立ち入りすら禁止されている物件に分かれます。“親族ならOK”“友人はNG”など、細かい規約が存在する物件もあり、インターネットの物件情報には書かれていない場合も多いようです。インターネットで気になる女性専用物件を見つけたら、詳細については問合せる必要がありそうです。

女性専用賃貸物件を選ぶメリット

ここでは、女性専用賃貸物件ならではのメリットを挙げています。すべての女性専用賃貸物件に当てはまるものではありませんが、物件を選ぶ際の参考にしてみてください。

住人が女性しかいない
エレベーターに乗ったりベランダで洗濯物を干すなど、何となく気を使ってしまう日常の行動も、同じマンションに住むのが女性だけであれば気兼ねなくできるようです。同じマンションに住む女性をターゲットにした犯罪も起きている中で、女性しか住んでいない物件ではそういった心配も少なく、精神的な安心感を得られます。

セキュリティがしっかりしている
女性にとっての物件選びで重要な点は、“安全”であるかということではないでしょうか。女性専用を売りにしているマンションは、一般的な賃貸物件よりもセキュリティ設備が整っている場合が多いようです。防犯カメラやオートロック、モニター付きインターフォン、二重施錠、防犯窓など、防犯面であると嬉しい設備が付いている物件が多くみられます。さらに、グレードの高い女性専用賃貸物件では総合セキュリティーシステムを導入しているところもあります。万が一の事態が起こっても、即時通報してくれるので女性の一人暮らしでも安心です。

pixta_18689023_S (2)1
万全のセキュリティは安心です

管理人が常駐しているから安心
総合セキュリティーシステムを採用している物件となると、物件数が限定されてしまいますが、24時間管理人が常駐している物件もおすすめです。仕事帰りや飲み会などで帰宅が遅くなってしまった時も、管理人がいることで心強く感じるでしょう。特に治安面で不安を感じるエリアに住む場合は、防犯レベルが高いということは重要なポイントです。

女性好みのおしゃれな外観や内装
女性専用ということもあって、中には女性が好みそうなおしゃれな外観や内装をしている物件もあります。外観は一般的でも、照明や壁紙が凝っているという物件も。女性が気になる清潔感を大事にしている物件が多いです。

pixta_15467024_S1
よりオシャレに暮らしたい女性は多いのではないでしょうか

設備が女性に合わせた仕様になっている
料理をすることが多い女性向けにシステムキッチンになっていたり、クローゼットなどの収納が通常よりも広めに設計されていたりするケースもあります。背の低い女性が届くように、収納が低めになっている物件も存在します。

気の合う女性の友達ができるかも
女性専用物件に住む女性は、学生やOLといった若い女性や、初めての一人暮らしで両親が心配して選んだという場合が多いので、同世代の女性が集まりやすい傾向にあります。地元から遠く離れて不安、新しい女友達が欲しいという方にも、同じ境遇の仲間を見つけやすいでしょう。

pixta_28445019_S1
頻繁に顔を合わせるうちに、仲良くできる人も見つかるかもしれません

女性専用賃貸物件のデメリット

次に、女性専用賃貸物件ならではのデメリットについて見ていきましょう。
“女性限定”の線引きが物件によって異なる
女性専用物件の中には、男友達はもちろん、自分の父親でさえ出入りを許されない物件もあります。建物内で見知らぬ男性を見ることがないというのは安心ですが、招きたい時に気軽に呼べないというのは不便という方もいるでしょう。

家賃が高め
内装が女性仕様だったり、セキュリティが万全な物件は、建築費や維持費がかかる分、家賃が相場より高くなってしまうようです。また、“女性限定”にこだわる方も少なくないことから、通常の物件よりもはじめから家賃を高めに設定している大家さんも多いといいます。

安全な女性専用賃貸物件を選ぶポイント

pixta_26000785_S
システムに任せきりではなく
自分で身を守ることも大事です

女性向け物件を選んだからといって安心してはいけません。家賃が安いものは、治安が悪かったり管理体制が甘かったりする可能性が考えられます。保証人なしでも入居可など、入居審査が甘いというのも要注意。最近、入居者の減少から空室を少しでも減らしたい貸主が、入居審査を甘くしているケースも少なくありません。そうなると、質の悪い入居者が集まっている可能性も否定できません。不動産会社の担当者に確認するなどして、なるべく入居審査がしっかりしている物件を選びましょう。

また、女性専用物件と謳っていても、セキュリティが不十分な物件では選ぶ意味がありません。オートロックや防犯カメラがついている、玄関の扉がダブルロックの物件などは、防犯性が高いといえます。ダブルロックではなくても、最低限鍵が交換されているかどうかの確認は怠らないようにしましょう。

女性専用のマンションだからといって、過信は禁物

マンション自体だけでなく、周囲の環境も大切です。夜になると人通りが少ない所や、治安が悪く家賃が相場よりも低いところは、一人暮らしの女性は避けた方が良いでしょう。
希望通りの女性専用賃貸物件を探すのは難しいかもしれませんが、“自分にとって何が大切なのか”ということを考え、優先順位を整理してから選べるといいですね。

●まとめ●
・女性専用賃貸物件は、セキュリティがしっかりしている所が多く安心
・物件によっては親兄弟でさえ男性は出入り禁止という厳しい規定があるところも
・女性好みの外観や、使いやすい設備が整っている物件は人気がある
・物件の決定は慎重に行う


女性限定(専用)の物件を探す全国の賃貸を探す