賃貸と持ち家、最終的にどちらが得か? という議論をテレビや雑誌などでよく見聞きします。

賃貸派からすると、社会情勢の変化や解雇などからローン返済が破たんするリスクが懸念され、持ち家派からすると年金制度の不信感から老後も家賃を払い続けられなくなるリスクがあります。

持ち家・賃貸双方のメリット・デメリットを確認し、老後破たんしないためにも今のうちからできる資金計画を立てましょう。

まずは、将来のライフプランを立てましょう

まずは、将来のライフプランを立てましょう

 

持ち家の場合、住宅ローンの支払いが済んだら固定資産税や管理費などの維持費はかかるものの、老後の住居費にかかる負担はかなり軽くなります。

 

しかし、住宅を購入せずに賃貸で家賃を払い続ける場合、老後のための貯蓄を持ち家派よりも多めに準備しておく必要があるでしょう。老後十分な貯蓄があれば、ローンを組まずにキャッシュ一括払いで家を購入するという選択も可能です。

 

つまり、持ち家か賃貸のどちらが老後の暮らしに有利なのかというのは大きな問題ではなく、まず将来のライフプランを立ててから無理のない選択をすることが大切です。

 

持ち家派のメリット・デメリットとは?

持ち家派のメリット・デメリットとは?

 

それでは、まずは持ち家派のメリット・デメリットを整理します。

 

  • マイホームを手に入れたという満足感と安心
  • 間取りを変更したり、好みの内装に変更したり自由にリフォームができる
  • 老後を見越してバリアフリー仕様で建てられる
  • 「持ち家」であることで社会的信用を得られる
  • 世帯主にいざということがあったら、団体信用生命保険に加入していることで住宅ローンの支払いがなくなる

  • 家を買うための多額の住宅購入費用が必要になる
  • 家族構成やライフスタイルの変化があっても簡単に住み替えできない
  • 住み替えによる家の売却では、思っている金額で売れなかったり買い手がつかなかったりする場合が多い

 

一生賃貸の場合のメリット・デメリットとは?

一生賃貸の場合のメリット・デメリットとは?

 

続いて一生賃貸の場合のメリット・デメリットを紹介します。

 

  • ローンがないので破たんリスクがない
  • 家族構成や住環境の変化に応じて、その都度ライフスタイルに合った広さや家賃の物件に引越しすることができる
  • 隣人とのトラブルが起きても、持ち家より気軽に引越しをすることができる
  • 世帯主の年収がダウンした場合でも、家賃の安い物件に移り倹約することができる
  • 最終的に老後は老人ホームや高齢者住宅にいくという選択肢も残せる

  • 改築、壁に穴を開けるなど自由にリフォームすることができない
  • 防音性が低い物件が多い
  • 家賃を払い続けなければならない、という老後に向けての精神的な不安

 

持ち家と賃貸のどちらが楽なのか、大変なのかは一概にはいえずそれぞれ一長一短があります。

 

毎月の住居にかける費用は月収の25%以内が理想といわれているので、家賃が25%以内なら賃貸は住宅ローンを抱えている持ち家よりも楽に感じるかもしれません。

 

収入のあるうちは賃貸だと月々の家賃だけの支払いで済みますが、問題は年金生活を迎えた時です。年金収入に対し家賃が25%を上回ってしまうと、今まで余裕があった生活が一気に困難になるケースが考えられます。

 

持ち家は多額の頭金・住宅ローン・安定した収入といった最初のハードルが高い分、ローンを完済するとその後の生活が楽になるという利点があります。

 

老後のリスクを考えて、贅沢はほどほどに

老後のリスクを考えて、贅沢はほどほどに

 

持ち家と賃貸のメリット・デメリットを踏まえたうえで、一生賃貸という決断をするのであれば、老後のリスクを考えておかなければいけません。

 

いずれ働けなくなる定年後に向けて、老後も家賃を払い続けられるだけの貯蓄を準備しておく必要があります。よく「老後資金は夫婦で3000万円」といわれていますが、この3000万円というのはあくまで生活費であって家賃などの住居費は含まれていません。

 

仮に定年後30年生きたとして、家賃5万だと1600万円が最低必要となることから、一生賃貸派の老後資金は持ち家派の1.5倍以上に膨らむことになります。つまり、初期投資は持ち家の方がかかりますが、長く住めば住むほどずっと賃貸より持ち家の方がお得といえます。

 

実際どの位生きられるかなんて誰にも分かりませんが、一生賃貸派は老後に家賃が払えなくなるリスク対策を考えておくのが賢明でしょう。

 

まずは現在の収入に対して家賃とは別に、毎月の貯金がどの程度できているのかを確認してみてください。住宅ローンがなくてもあるつもりになってできる範囲で毎月一定額を積み立て、ボーナスの一部も住宅ローンのボーナス払いをしているつもりで老後の家賃用に貯めておくのがベストです。

 

賃貸暮らしの方は住宅ローンがない分、当然持ち家派よりも貯蓄が多いケースが多く、つい財布の紐が緩みがちですが、油断は禁物です。

 

一生賃貸で通すのであれば、若い頃から部屋の狭さや古さといった多少の不満には目をつぶり家賃の安い物件を探し、老後の家賃確保に向けて堅実な生活を送る覚悟が必要でしょう。

 

公開日: / 更新日: