福岡版「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング2016の結果は?

住み替えを検討しているときに、借りて住むのか、買って住むのかによって選ぶ街は変わるのだろうか?昨年に引き続き、購入して永く住みたい街と、部屋を借りて一時的に住みたいと思う街について調査を行った。
「買って住みたい街」調査は、3年以内に住まいの購入を検討中、「借りて住みたい街」調査は、1年以内に賃貸物件への住み替え・引越しを検討中の首都圏、近畿圏、中部圏、福岡に居住している人を対象に行った。

その調査結果をもとに、HOME'S総研が分析した内容を、ランキングの結果とともに公表する。第四弾として、最後に福岡版「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング2016をご紹介する。

福岡版「買って住みたい街」ベスト20駅~1位は「博多」、「小倉」が5位にランクイン!

「買って住みたい街」ランキングで1位を獲得したのは福岡市の中心である「博多」で2年連続での1位となった。「西新」「姪浜」「大橋」など、福岡市市営地下鉄空港線沿線と西鉄天神大牟田線沿線の各駅に人気が集中する結果となった。福岡市以外では唯一、北九州市の「小倉」がランクインした。
以下、トップ3にランクインした街の結果とコメントを紹介する。4位以下については記事末の「配信元ページを見る」からHOME'S総研のレポートを参照してほしい。

第1位 「博多」 
福岡県で最も買って住みたい街(駅)は、2年連続して「博多」が選ばれた。JR鹿児島本線と福岡市営地下鉄空港線が乗り入れ、山陽新幹線と九州新幹線の乗り継ぎ駅、また九州・西日本各地に延伸するバスターミナルでもあり、交通の要衝としての価値はさらに高まっている。駅前の整備と周辺エリアの再開発が進み、ショッピングや食事も楽しめる“ミニ東京”としての機能を果たしている。
「天神より少しマンションが安くて、これからも色々発展していきそうなので便利だと思う(30代・女性/会社員)」「交通至便。新幹線の停車駅で福岡空港にも5分、天神にも5分で行ける。買い物、外食に困らない。駅ビルが新しくなって5年になるが、開発途中で、資産価値も上がると思う(40代・女性/パート)」「博多駅周辺は買い物が便利。交通の便もよい(40代・女性/自由業)」

第2位 「薬院」 
次いで、福岡市営地下鉄七隈線と西鉄天神大牟田線が乗り入れる「薬院」が昨年調査の3位から上昇し、2位にランクインした。もともと「薬院」は隣接する渡辺通と共にオフィスが立ち並ぶ福岡市内中心部の商業地だが、近年では飲食店、カフェなどが増え、職住近接エリアとして人気が高まっている。また人気住宅地の浄水エリアにも連なっており、年齢・性別を問わず支持が高かった。
「天神・博多のどちらにも近く交通の便利さが最大の理由。生活面でも多数のお店が近くにあるのもとても魅力的(20代・女性/自由業)」「西鉄薬院駅と地下鉄七隈線薬院駅のダブルアクセスで、博多や天神、大橋などにアクセスしやすく交通の便が非常に良い。マンション等の価格は高いが、人気のエリアであり資産価値も下がりにくい(30代・女性/主婦)」「衣・食・住、文句のつけようがない(50代・女性/自営業)」

第3位 「大濠公園」 
昨年調査の10位から大きく順位を上げ、ベスト3に登場したのは、福岡市内の高級住宅地の代名詞「大濠公園」。池の周囲に沿って遊歩道があり、能楽堂や美術館、日本庭園などが点在する落ち着いたエリアで、福岡市民憩いの場であると同時に、中心部からほど近い高級住宅地として知られている。

「街の雰囲気が素敵で落ち着いているから子供に良さそう。大濠公園を庭のように使える。学区も良い(30代・女性/主婦)」「天神と姪浜の真ん中あたりでちょうど良い場所。ちょっとリッチなイメージ(30代・女性/主婦)」「春には近隣の舞鶴公園や西公園とともに、花見の名所。夏の花火大会も魅力的(60代・男性/無職)」

福岡_買って住みたい街_ベスト20駅福岡_買って住みたい街_ベスト20駅

福岡版「借りて住みたい街」ベスト20駅~賃貸も「博多」「薬院」の人気根強い

福岡版、「借りて住みたい街」ランキングは、買って住みたい調査結果とほぼ同様の顔ぶれとなり、交通利便性の良いエリアの駅名が並んだ。福岡市内および福岡市周辺での居住ニーズの高いエリアがほぼランクインする結果となった。
以下、トップ3にランクインした街の結果とコメントを紹介する。

第1位 「博多」 
福岡県借りて住みたい街(駅)の1位は、買って住みたい街でも1位の「博多」が獲得し2冠を達成した。駅周辺の開発が進んだことで、交通利便性と生活利便性に優れた住環境が高く評価される結果となった。

「車、電車、新幹線、飛行機あらゆる交通の便が良い(20代・女性/会社員)」「家賃は高そうだが、都会で困ることが少ない(20代・女性/会社員)」「通勤・通学だけでなく休日の買い物や旅行も行きやすい(20代・男性/学生)」

第2位 「薬院」 
2位に入ったのはこちらも買って住みたい街2位の「薬院」。オフィスや商業施設が立ち並ぶ事業集積地のイメージから変わりつつあり、賃貸物件の数が増えてきていることから、居住ニーズが顕在化していることがわかる。また「博多」と「天神」の中間地点でもあることから、都心の住宅地として今後ますます注目が高まる可能性が高い。

「天神に歩いていける距離で、可愛い雑貨屋カフェ飲食店が多く一人暮らしをするのに楽しそう。西鉄バスや地下鉄も豊富(20代・女性/会社員)」「飲食店やおしゃれな洋服、雑貨店が多い。人が多くて活気がある。公共交通機関が充実している(40代・女性/主婦)」「都会の真ん中でおしゃれなビジネス街。買い物や食事も楽しむことができそう  (30代・女性/会社員)」

第3位 「西新」 
3位には買って住みたい街4位の「西新」が入っている。タワーマンションが分譲されたことで新興の人気住宅地として数年前から注目され始め、賃料相場が市内中心部よりは安価に設定されているため、若年ファミリー層を中心に高い人気を誇っている。地元福岡ダイエーホークスの選手が住んでいることも手伝って、今後も人気が上昇する可能性が高い。

「学生がたくさん住んでいるので家賃も比較的安い(20代・女性/学生)」「家賃が安い、商店街などで買い物がしやすい、天神までのアクセスがいい(20代・女性/会社員)」「学生街という事もあって家賃が手頃な場所が多い。定食屋など価格が手頃な店が沢山あり様々な面でメリットがある。アクセスも天神や博多にそれほど時間は掛からないため魅力的(20代・男性/アルバイト)」

福岡_借りて住みたい街_ベスト20駅福岡_借りて住みたい街_ベスト20駅

「買って住みたい街」と「借りて住みたい街」の傾向

2016年の「買って住みたい街」、「借りて住みたい街」は、ともに1位が「博多」、2位は「薬院」となり、買って住むにも借りて住むにも、同様の街に人気が集中する結果となった。「博多」は昨年度も「買って住みたい街」と「借りて住みたい街」で1位を獲得しており、2年連続の2冠。不動の人気となった。

ベスト10にランクインした街の、詳しいHOME'S総研による分析内容やアンケート回答者のコメントについては、記事末の「配信元ページを見る」からHOME'S総研のレポートを参照してほしい。

配信元ページを見る

2016年 02月05日 11時12分