中秋の名月とは

中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと

旧暦で秋は7月から9月にあたり、それぞれ初秋、仲秋、晩秋と呼ばれた。旧暦は「太陰暦」とも呼ばれるとおり、太陰・すなわち月の満ち欠けと連動している。新月を1日とし、次の新月には新しい月が始まる。つまり太陰暦で15日は必ず満月となる計算だ。
そして中秋は旧暦7月~9月の中間にあたる日、つまり、旧暦8月15日の別称でもある。「中秋の名月」とは、この夜の満月を指す言葉なのだ。似たような言葉で「仲秋の名月」があるが、これは旧暦8月の月夜全般を指す言葉なので、間違わないようにしよう。
この時期に満月を眺めるのは、暑さがひと段落し、涼しい夜長を楽しむ意味があるのと、空気が澄んできて月が綺麗に見えるからであると言われているが、そもそも農耕国家の日本において、月の満ち欠けは祭儀の合図にもなっており、新月や満月の夜には、さまざまなお祭が行われてきた。
中秋の名月も、農民にとっては、収穫祭と密接にかかわっていたのである。

月見のお供えと、珍しい風習

中秋の名月は里芋の収穫祭でもあった中秋の名月は里芋の収穫祭でもあった

収穫祭とはいっても、旧暦8月は、稲の収穫には少し早い。里いもの収穫と関連づけられていたようだ。そこで、中秋の名月を「いも名月」と呼び、蒸した里芋をお供えしていた。それが団子に変ったが、当初は団子を里芋の形に似せて作っていたという。お団子の形や数は地域によって変わるが、一年の満月の数となる12~13個の団子を供えることが多い。
形は里芋のような球形が一般的だが、関西では「月に叢雲」を表現して、俵型に丸めた団子を餡子で巻いたものもよく見かける。

ススキの穂を飾るのは、稲穂に見立ててのこと。豊作祈願の意味もあるのだ。
鳥取県などでは、その年初めて芋を掘る日でもあったため、「芋の子誕生」とも呼ばれていた。また、この日に綱引きをし、豊作か凶作かを占った故事から、九州などの地方では、中秋の名月に綱引きをする風習が残っている。
また、現代では廃れてしまったが、中秋の名月だけは、畑の作物や月見団子を盗んでも良いとする慣例のあった地方もあり、秋田県では「他人の畑の作物でも、片足を突っ込んでとれる範囲なら盗んでかまわない」として、「片足御免」と呼ばれた。これもまた、収穫のシーズンであるがゆえだろう。

世界の月文化

このように日本人にとっては、月を愛でる気持ちはしごく当然のことに思えるが、世界を見渡してみると、決して自然なことではない。特にヨーロッパ圏では月と言えば不吉の象徴のように語られる。ラテン語で月をルーナ(Luna)と表記するが、lunaticは「狂気の」という意味だ。フランスなど、振り返って月を肩越しに見ると精神錯乱を起こすというジンクスが信じられていた国は少なくないし、狼男が変身するのも月夜だけだ。

また、ギリシャ神話で月の女神の一柱はヘカテーだが、彼女は冥府の守護神でもあり、死の女神とも呼ばれている。古来、夜空を照らす月は、死を連想させたのだろう。
翻って中国では、月には嫦娥(じょうが)という不老不死の女神が住んでいると考えられている。夫は羿(げい)という英雄で、太陽を射落したことで知られる。その昔、地球には太陽が10個もあったため、地は枯れ、人々は暑さに苦しんでいた。それを救ったのが后羿というわけだ。嫦娥は西王母の不死の薬を后羿と分け合わず、一人で飲んで月に逃げた。その罪の意識からヒキガエルの姿になったが、夫の后羿は妻を恨まず、満月の夜には月を眺めた。これが月見の始まりと言われ、中国では月の模様をヒキガエルにも見立てている。

日本における月

日本に中国の月見文化が輸入されたのは、平安時代だと考えられる。貴族たちは月の下で酒宴を催し、楽器を演奏し、詩を詠じたという。しかしそれ以前の日本人は、月をどう考えていたのだろうか。

日本神話において月の神と言えば、月読(月夜見・つくよみ)命だ。黄泉の国から帰ってきた伊弉諾命は、日向の国の阿波岐原(あわぎはら)で禊をし、たくさんの神々を生みだす。このとき最後に生まれたのが、天照(あまてらす)大神、月読命、素戔嗚(すさのお)命の三柱だ。もっとも貴い神であるというので、「三貴子」とも呼ばれる。しかしその割には、月読命にまつわるエピソードはほとんど語られない。日本書紀においては、天照大神の命令で穀物神を訪ねるが、口から出した食べ物を饗されたことを怒り、これを殺してしまう。天照はこれを知って激怒し、「二度と月読の顔をみたくない」と言ったため、太陽と月は一緒に出ることがないのだと説明する。この話しだけを読むと、月読命は悪神のようだが、実は穀物神は死ぬことによって五穀を生む神であった。後日天照大神の使者が確認すると、頭からは牛馬が、額からは粟が、眉に蚕、眼の中から稗、腹からは稲、陰部に麦、大豆、小豆といった、農耕に関連するものが生じており、それを人民(神)に分け与えたというから、月は五穀の発生に一役買っていることになる。ちなみに古事記では同じ話が素戔嗚のエピソードとして語られており、不思議なことに月読命のエピソードは、ほとんどない。
このことから、古代日本では月への信仰はなかったのではないかと考える学者もいる。

また、日本で月といえば竹取物語を思い浮かべる人もいるだろう。かぐや姫は罪により地上に落された月の天人だ。三ヶ月ですくすくと成長し、絶世の美女となるが、三年を過ぎた春の初めごろから、月を見ては物思いにふけるようになる。それを見たある人が、「月の表面を見るのは慎むべきこと」と止めたという記述があるから、日本においても、月は不吉という考えがあったのかもしれない。また、かぐや姫が月に帰るとき、不老不死の薬を竹取の翁と媼に残したというエピソードは、月と不老不死を関連付ける中国神話の影響を受けてのことだろう。

日本人にとっては、崇拝の対象でもあり、不吉の象徴ともされてきた月。しかし、現代人の目から見れば、満月は美しいものだろう。
この秋は、里芋を煮て飾り、満月を愛でてみてはいかがだろうか。

様々な逸話があるが、日本人には月を見て「美しい」と感じる人が多いだろう。</br>今年は里芋や団子とススキを飾り、満月を愛でてみてはいかがだろうか様々な逸話があるが、日本人には月を見て「美しい」と感じる人が多いだろう。
今年は里芋や団子とススキを飾り、満月を愛でてみてはいかがだろうか

2015年 08月17日 11時09分