なぜ押入れにカビが生えやすい?

日本家屋の押入れは、布団だけでなく衣類などが詰め込まれている日本家屋の押入れは、布団だけでなく衣類などが詰め込まれている

梅雨のシーズンは湿気が高いため、窓ガラスやシンクに結露が発生することが多く、拭き掃除が大変だと感じる人も多いだろう。しかし案外気づかれないのが、押入れやクローゼット内部の結露。気づいたら衣類や布団がカビくさくなっていて、びっくりしたことはないだろうか。押入れの襖や戸を開いた途端、カビくさいにおいにむせてしまった経験のある人もいるだろう。しかしなぜ、押入れやクローゼットにカビがはえやすいのだろうか。

押入れは外壁に接していることが多いため、冬場に結露しやすいものだが、古い家屋などでは、土壁に囲まれていることも多く、室内の気温よりも冷たいため、夏場にも結露が生じてしまう。さらに人間は自覚している以上の汗をかいているものだ。朝の布団や外出から帰って脱いだばかりの衣類は、多くの水分を含んだ状態であることがわかるだろう。そのまま狭い押入れやクローゼットの中に収納してしまえば、中の湿度が異常に高くなってしまうのに不思議はない。
一度カビがはえてしまったら、除去は大ごとになる。浴室とちがってじゃぶじゃぶ水洗いすることもできないし、布団の綿にカビがはえて、アレルギーの原因になる可能性もある。クローゼットも同じで、カビくさい衣類ではいくらオシャレをしても台無しだ。
では、どうすれば押入れやクローゼットのカビを予防できるのだろうか。

カビが生えやすい環境とは

カビを予防するため、まずカビにとって居心地の良い環境とはどのようなものか見てみよう。

まずは湿気だ。どのような植物でも、生きていくには水が不可欠だが、特にカビなどの菌類は湿気を好むものが多い。そして通気が悪ければ、水蒸気が逃げないうえ胞子が分散されず、繁茂しやすくなる。そして、直射日光が少ないこと。日光にふくまれる紫外線はカビの胞子を殺す作用があるので、カビにとっては日陰の方が生活しやすい。また、栄養分も必要だ。人間の汗や垢などはカビにとってはおいしい餌になってしまうのだ。
カビが生えないようにするには、この反対の環境を作れば良いわけだが、具体的にどのようにすれば良いか、考えてみよう。

風通しをよくして、湿度をさげる

すのこは通気を確保するのに有効だすのこは通気を確保するのに有効だ

まず、湿度を上げない工夫を考えてみよう。収納する布団や衣類は天日で干して十分乾燥させること、これが一番大切だ。紫外線がカビの胞子や雑菌を殺してくれるので、一石二鳥にもなる。朝起き出してすぐに布団を収納してしまわず、できれば日当たりの良い部屋に1時間ぐらい放置すると良いだろう。衣服も脱いですぐ収納するのではなく、しばらくハンガーにつるしておいてから収納すると良い。

それでも湿気が多い季節は、押入れやクローゼットに吸湿剤を置くと良いだろう。市販されているものもあるが、新聞紙を敷いておくだけでも効果がある。新聞紙が湿気てきたら、こまめに取り換えよう。壁に貼るタイプの除湿シートもあるので、湿気がひどい場合には併用すると良いだろう。また、瓶に重曹を入れて押入れに置けば、湿気だけでなくにおいも吸い取ってくれるから、試してみたい。
湿気を逃がすためだけでなく、胞子を充満させないためにも換気は重要だ。できれば一日に1時間ぐらい押入れとクローゼットの扉を開き、扇風機の風などをあてて空気を入れ替えよう。その際、部屋の中で除湿機を使えば湿度を下げる効果がアップする。

また、布団の下にすのこを敷いても良い。すのこで床との間に隙間をつくれば、布団の内部まで空気が循環して、湿気を逃してくれるのだ。
同じ理由から、あまり詰め込み過ぎないよう注意をしたい。布団や衣類でぎゅうぎゅうになってしまっては、空気が循環しなくなるからだ。空間の2割程度は空けるようにしよう。
また、水蒸気は下方に溜まるため、衣類の中でも湿気に弱い素材のもの、例えば絹製や皮製の衣服は、なるべく上部に収納するように気を付けたい。

梅雨前の大掃除で、日々の手間を少なく

人間の汗に含まれるナトリウムやカリウムなどの成分はカビの栄養になってしまうから、汚れた衣服は必ず洗濯やクリーニングをしてから収納しよう。冬場は、脱ぐ度に洗わないかもしれないが、収納前に日当たりの良い部屋や室外に干すなどして、殺菌を心がけると良い。
また、クリーニングから戻ってきた衣類にはビニールがかけられていることが多いが、そのまま収納してしまうと湿気がこもる原因になるので、必ず取っておきたい。もし埃が気になるようなら、不織布など、通気性のあるカバーをつけると良いだろう。

そして最後に、できれば梅雨を前に大掃除をしておきたいものだ。押入れやクローゼットの中身をすべて出し、天日干しや陰干しをする。空になった押入れやクローゼットは雑巾などで乾拭きをし、カビが発生していないかチェックしてみよう。もしカビのかたまりを見つけたら、除菌剤を使って丁寧に拭き取っておく。
そしてその後も、晴れた日には扉を開けて換気する。その時、同時に部屋の窓を開ければ空気の通り道ができ、押入れやクローゼットの内部を効率的に換気できる。雨の日は、扉を開けると却って湿度があがってしまうから避けた方が良いが、何日も雨の日が続く場合は、除湿機やエアコンで部屋を除湿したうえで、扇風機を利用して押入れやクローゼット内部に空気を通すようにしよう。

カビ対策は面倒なように思えるが、一度大掃除をしてしまえば、除湿剤の取り換えや換気は日々の掃除のついでにできる。ちょっとした工夫で、梅雨を快適に過ごしたいものだ。

2015年 05月19日 11時06分