共働き夫婦が物件を探す場合、どのような間取りを選ぶのがベストなのでしょうか。共働きと一言で言っても、その生活パターンやリズムは家庭によりさまざまです。

今回は、共働きに適した間取りを知りたい方へ、賃貸マンションを借りる、分譲マンションや一戸建てを購入するなど、どのケースでも当てはまる間取り選びのポイントを解説します。

共働きの家族

共働き夫婦の生活について考えてみましょう。世帯収入は多いものの、お互いに会社勤めでいつも忙しく、家事に割く時間が限られてしまうというご夫婦も多いのではないでしょうか? 時には家事の分担でケンカすることもあるかもしれません。

 

そんないつも忙しい共働き夫婦が助かるのは、時短につながる「家事動線の良い間取り」。家事動線とは、生活に必要な家事を行うときに移動する経路のことです。家事動線が悪いと無駄な動きが多くなり、スムーズに家事をこなせません。ただでさえ時間が足りないのに、家事の効率が悪くなってしまうのです。

「家事動線が良い間取り」について、具体的には以下のようなものが挙げられます。賃貸住宅を借りる場合でも、マンションや一戸建てを購入する場合でも、以下にご紹介する、家事動線の良い間取りを参考にしてみましょう。

洗濯は洗濯機がやってくれますが、乾燥機能がない洗濯機の場合は「干す」という過程があります。水を含んだ衣類はとても重くなりますので、洗濯機置き場から物干し場までの距離が数歩で済む間取りはとても便利です。乾いた衣類を取り込み、しまうスペースも近いと言うことなしです。

 

近年では、洗濯機を設置している洗面スペースの上部に物干しざお、壁際には下着などの収納スペースがある間取りも見られます。このような間取りであれば、「洗濯する・干す・しまう」の動作が同じスペースですべて完了します。

朝は、朝食や弁当づくりでキッチン、洗濯や身支度などで洗面スペースを動き回ります。会社からの帰宅後は、洗濯物を取り込む、キッチンで夕飯をつくる、お風呂の準備をするなど、朝晩ともに、複数の水回りを行き来することになるでしょう。これらの水回りが近くに設置されている間取りであれば、移動が少なくて済み、時間を節約できます。

キッチンにおけるワークトライアングルとは、冷蔵庫・シンク・コンロという料理をするときに欠かせない3つの位置を結んだ三角形のことです。理想は、このワークトライアングルが大きすぎず小さすぎない正三角形であること。調理を効率よくこなすためには、三角形の三辺の合計が4m前後となっている間取りを選ぶといいでしょう。

収納はたくさんあるのに越したことはありませんが、必要な場所になければ意味がありません。キッチンに備蓄食品を保管するパントリー、玄関に人数分の靴や傘、その他こまごましたものを収納できるシューズクロークなど、適切な場所に十分な量の収納がある間取りであれば、しまうのも探すのも楽です。

共働きの夫婦がお互いに快適に暮らすためには、ご紹介したような家事動線に優れている間取りだけでなく、以下のような点についても考える必要があります。

将来子どもをつくる予定があるかどうかで、今後必要となる部屋の広さが変わってきます。現在は共働きで、二人暮らしには十分な広さや間取りであっても、子どもが生まれると収入が一時的に1人分となったり、子育てスペースを家全体へ広げることになったりと、さまざまな変化に対応していかなければなりません。

 

国土交通省の『住生活基本計画における「水準」について』の「誘導居住面積」では、豊かな住生活を実現するために必要な居住面積(m2)が設けられています。これによると、都市圏では2人世帯で55m2以上、子どもが1人生まれた場合は65m2以上の広さが必要とのことです。

 

また、毎日使う設備についても、変化に柔軟に対応できるかを気にしておくとよいでしょう。持ち家であれば、キッチンを子どもに目が届くオープンタイプにリフォームするなど、そのときに必要な工夫を施すことで、より快適に生活できるようになります。

共働きの夫婦の中には、夜間シフトや休日が土日ではないなど、二人の生活リズムが違う家庭もあるでしょう。このような場合、寝室を一緒にしたり、寝室がリビングから近い位置にあったりすると、お互いに睡眠不足となってしまったり、物音を立てないように気を使いすぎて疲れてしまう可能性もあります。

 

生活リズムが合わないようなすれ違いの生活では、お互いがストレスをためることなく過ごせるように、それぞれの個室を持てる間取りを選ぶのもいい案です。

「外でも内でも誰かが必ずそばにいる」という状況を好む人もいれば、自分一人のプライベートな時間が必要だと考える人もいます。共働き夫婦の場合、外で働いて帰宅したら、時には夜に自分一人の時間も欲しいと思うときもあるかもしれません。

 

間取り選びの前に、自分一人の時間がどのくらい必要と感じているのか、またどう過ごしたいのか、二人で話し合ってみましょう。それぞれが個室を持つ、映画観賞のためにリビングを広くとるなど、間取り選びのヒントが見つかります。

リビングイメージ

家事動線の優れた間取りの例を2つご紹介します。

ゆったりしたリビングの間取り図

こちらは1LDKの物件で、リビングが14畳とゆったりしている間取りとなっています。ポイントは、玄関に大きめのシューズインクローゼット、廊下・洗面・寝室に充実した収納、そしてキッチンと洗濯スペースがドア一枚隔てた近さにあるという点です。

 

寝室は1つですので、休日が同じ共働き夫婦にぴったりです。休日に早起きしたほうは、壁を隔てた広いリビングで自由時間を楽しめます。

個室が2つある間取り

個室が2つある2LDKタイプの物件です。キッチンの必要な場所に収納があり、ワークトライアングルが絶妙な配置になっています。また、洗面スペースにリネン庫もあるため、浴室乾燥機を利用した場合、洗濯する・干す・しまうという動作のほとんどをここで完了させることも可能です。キッチンと洗面スペースは離れていますが、家事を分担して行うにはちょうどよいかもしれません。

 

玄関のシューズインクローゼット、廊下にたくさん設けられた収納、各個室のクローゼット(うち1つは広めのウォークイン)など収納スペースがたくさんあるのも、非常にポイントが高いといえます。

共働きのご夫婦の毎日は慌ただしいもの。貴重な家時間を自由に使えるように、家事動線の良い間取りを選んで、ストレスフリーの生活を送りましょう。二人の休日が重ならない場合は、2LDKの間取りを選んでそれぞれ個室を持つなどの工夫も必要です。自分たちの生活スタイルに合った間取りをぜひ見つけてください。

公開日: