キッチンにはいくつもの種類があり、現在は開放的なオープンキッチンが主流ですが、リビングなどの居室とは明確に区分けする独立型も根強い人気を誇っています。

そこで今回は、独立型キッチンのメリットやデメリット、その他の形式のキッチンが持つ特徴についてもご紹介します。新居をお探し中の方をはじめ、リフォームやリノベーションをご検討中の方も、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンに立つ女性

 

 

独立型キッチンとは、キッチンが壁で囲まれていて、リビングなどの居住空間とは明確に分けられた間取りのキッチンです。「クローズドキッチン」と呼ばれることもあります。

 

現在は、後述する「オープンキッチン」や「セミオープンキッチン」が主流となってきており、新築のマンションや建売住宅で独立型キッチンが採用されることは少なくなりました。しかし独立型キッチンにも特有のメリットがあり、あえて独立型を選ぶという人もいます。

まずは独立型キッチンのメリットとデメリットを具体的に見てみましょう。独立型の特徴を知ることで、ご自身のライフスタイルにマッチするかどうか判断しやすくなります。

来客の目を気にせずに済む

来客があった際、食事でもてなしたいという気持ちがあっても、散らかったキッチンを隠したいという人や、料理している様子を見られたくないという人は多いのではないでしょうか。そのような場合でも、独立型ならその他の部屋からキッチンの様子が見えないので、安心して準備を行えます。

においが居室に広がらない

独立型キッチンは、その他の部屋と壁で隔てられています。そのため、料理のにおいが居室に広がることを防げるので、調理に専念できるという点もメリットといえます。

部屋でくつろいでいるときに、排水溝のにおいなどを感じることもありません。

収納が多い

独立型キッチンは一種の「部屋」ともいえる形式です。面積が広く、収納スペースが多めに取られていることが多いので、利便性の高さを感じられるでしょう。

調理器具が多い、調味料や食材をストックしたいという場合も、独立型キッチンとの相性がいいのでおすすめです。

においがこもりやすい

においが居室に流れにくいことはメリットですが、その分キッチンにこもりやすくなってしまいます。独立型キッチンの場合、近くに窓がなければ、換気扇に頼る以外、においを解消することが難しくなります。

家族の様子が分からない

リビングなど他の部屋で過ごしている家族の様子が分からず、少し孤独感を覚えてしまう可能性もあります。特に小さな子どもやペットと一緒に暮らしている場合、調理中や洗い物をしている間に様子を見られず、不安を感じることがあるかもしれません。

料理を運んだり片づけたりするのが手間になる場合も

独立型キッチンはリビングやダイニングから少し離れていることが多いため、料理を運んだり片づけたりする手間がかかりやすくなります。何往復もすることに疲れてしまったり、運ぶ間にせっかくの盛り付けが崩れてしまったりするリスクもあります。

システムキッチン

築年数の経過した物件でずっと暮らしてきたという人にとっては、これまでに紹介した独立型キッチンこそベーシックかもしれません。しかし現代では、独立型以外にもさまざまなタイプのキッチンがあるので、それぞれの特徴を見ておきましょう。

壁などの仕切りがなく、リビングをはじめとした居住空間とつながっているタイプのキッチンです。開放的な空間になることに加え、家族とのコミュニケーションも取りやすく、現代型キッチンの主流になっています。

 

主な種類としては、アイランド型・セパレート型・ペニンシュラ型のキッチンがあります。アイランド型はキッチンが完全に独立していることに対し、ペニンシュラ型は「半島」を意味する名前のとおり、左右のどちらかが壁についているタイプです。セパレート型は、調理機器などを置く棚とシンクやコンロが向かい合わせに配置された間取りです。

 

オープンキッチン

吊り戸棚やコンロ前の壁などを使い、部分的に仕切りをつくって居住空間と区分けしているタイプのキッチンです。キッチンからリビングの様子が見えるというメリットはオープンキッチンと同様ですが、反対にリビングからはキッチンの様子が丸見えになりません。

 

セミオープンキッチンの主な種類にL型やI型があり、独立型キッチンとオープンキッチンのちょうど中間のタイプです。リビングからキッチン方面の眺めをすっきりさせたいという人にもおすすめの間取りです。

 

セミオープンキッチン

独立型キッチンはやや古い間取りといえますが、以下のようなライフスタイルの人にとっては、むしろ便利に感じられる可能性があります。

独立型キッチンを特におすすめできるのは、料理が好きな人や、料理に費やす時間が長い人です。オープンキッチンと比べて、より集中して料理に取り組めますから、調理のペースを乱されたくない人に向いています。

 

器や調理器具などに凝っている人も、収納場所を多く確保できる独立型キッチンを選ぶとよいでしょう。オープンキッチンは開放的ではありますが、リビングに向かって開いている分、壁が少ない間取りになるので、収納スペースが少なくなってしまいます。

来客が多い人の場合、人目につく場所から食材などを隠しておける独立型キッチンは非常に便利です。調理や準備をしている様子を来客に見られることもありませんから、作業に集中できるというメリットもあります。

食事を終えた後も、食器をまとめてキッチンに運んでしまえば、リビングなどから洗い物が見えることもありません。自分自身や家族、来客がリラックスして過ごしやすい間取りを求める場合、独立型キッチンを選ぶとよいでしょう。

間取りの問題で自室を確保できない場合、キッチンがその代わりの空間になります。独立型キッチンなら1つの部屋のようにして使えるため、たまには一人になれる時間が欲しいという願望を持つ方にも向いています。

近年はオープンキッチンが主流ですが、独立型キッチンにも特有のメリットがあります。においが居室に流れにくいことや、収納を増やせること、落ち着いて過ごせる場所を確保できるところは、オープンキッチンにはないメリットです。

 

独立型キッチンは、調理に手間暇をかけることが多い人や、来客が多い人、間取りの問題で自室を用意できない人には特に向いています。自分や家族のライフスタイルを見極めて、相性のいいキッチンを選びましょう。

公開日: