大型犬の定義と人気の犬種

大型犬

どのような犬が大型犬と呼ばれるのでしょうか。はっきりとした定義はありませんが、一般的に成犬時の体重が20kgほどを超える犬種を“大型犬”、40kgほどを超える犬種を“超大型犬”といいます。

大型犬のなかでも人気の犬種は“ラブラドールレトリバー”や“ゴールデンレトリバー”。人間の言うことをよく聞く賢さと穏やかでフレンドリーな性格が特徴で、盲導犬に多い犬種として知られています。そのほか、警察犬として知られる“ジャーマンシェパード”や、“忠犬ハチ公”で有名な日本犬の“秋田犬”も人気です。

大型犬を飼う際のポイント

まずはペットが飼える物件かどうか
ひとくちにペット可物件といっても何を自由に飼っていいというわけではありません。管理規約や賃貸借契約書のなかで、ペットの種類や頭数に制限が設けられているので、必ず事前に確認しましょう。

大型犬の飼育が認められている物件は、足洗い場やリードフックなど、ペットと暮らしやすい設備が整えられていることも多いです。
マンションや築浅物件でペット可物件が見つけられない場合は、築年数の古い一戸建てを狙って探すのもいいでしょう。


大型犬を飼うなら駐車場も必要
大型犬を飼育する人の多くが、自家用車を所有しています。体重20kgを超える大型犬は、ケガや体調不良で自力で歩くのが難しいときや、高齢や病気で介護が必要となったときに、飼い主がケージを抱きかかえて病院まで運ぶことができないからです。
そのため、住まいのほかに駐車場も借りる必要があります。車の維持がどうしても難しい場合は、大型犬対応のペットタクシーや、往診に応じてくれる病院を見つけておくべきでしょう。

一人暮らし向け物件で大型犬の飼育は可能?

大型犬
一人暮らしをしている人の多くはワンルーム〜1LDKほどの間取りに住んでいます。
このような単身向け物件で大型犬を飼うことは可能なのでしょうか?

20〜40kgにもなる大型犬は、人間ひとりと同じかそれ以上の存在感があります。
当然ながら食べるフードの量も多く、その分、排泄物の量も多いです。

市販のペット用トイレシーツで最大の“スーパーワイド”サイズは60×90cmほど。
畳の大きさは88×176cm(関東間)なので、じつにトイレだけでおよそ半畳分の大きさを占めることになります。また、当然ながら犬は排泄物を水洗トイレに流してはくれませんから、人間が片付けるまでは室内ににおいがこもります。
犬も人間と同様に、食事をしたり寝たりする場所とトイレの場所はきちんと区別して離すのが望ましいです。また、一部屋で人間と大型犬が離れずに暮らすとなれば、家具や衣類は犬の毛だらけになってしまうことも考えられます。

このような理由から、一人暮らし向けの物件で大型犬と暮らすのは難しいでしょう。
人間用の居室と犬用の部屋が別々に必要と考えると、大型犬を飼育するなら最低でも2LDKから3LDK以上の広さは確保したいところです。

狭い物件で大型犬を飼うとどうなる?

大型犬

ワンルームや1LDKなどの一人暮らし向けの物件で、無理に大型犬を飼うとどうなるのでしょうか。


犬は横方向に広い空間が必要
猫は木登りが得意で上下運動を好みますが、犬は横方向に移動できる広い面積が必要です。
また、人間と犬との長い歴史のなかで、大型犬はおもに狩りの補助や牧羊犬として働くために品種改良されてきました。そのため要求する運動量が多く、狭い場所に一日中閉じ込められているとストレスが溜まります。


問題行動や犬の体調不良につながる
飼育に適さない住環境によるストレスは、犬の問題行動や体調不良を引き起こす可能性があります
問題行動のひとつである無駄吠えは、近隣との騒音トラブルに発展する可能性も高いです。
また、愛犬が体調不良で苦しむ姿は、飼い主さんにとってもつらいもの。
犬にとっても人間にとっても暮らしやすいよう、住まいには十分な広さを確保しましょう。

一人暮らし向け物件で大型犬の飼育は難しい

大型犬には広い空間が必要です。ワンルームや1K程度の間取りの、一人暮らし向け物件での飼育は難しいでしょう。体が大きい分、小型犬や猫に比べて飼育のハードルは高いといえます。
また、大型犬の寿命は10〜15年ほど。老年期には介護が必要になる可能性もあります。
現在だけでなく、最期まで責任を持って飼えるかどうかをよく考えましょう。

まとめ

・排泄量も多くトイレだけでも半畳ほどの広さが必要
・一人暮らし向け物件での大型犬飼育は難しい
・大型犬を飼うなら、間取りは広めの2LDKや3LDKが最低ライン
・もしもの事態や将来的な介護についても考えておこう

ペット可(相談)の物件を探す一人暮らしにぴったり物件を探す賃貸物件を探す