仏壇と神棚の違いとは

仏壇と神棚の違いとは?
仏壇と神棚の違いとは?

神棚は、その名の通り神様を祀る場所です。神棚には神社を模して作られた「宮形(みやがた)」を安置し、その中に伊勢神宮のお札や、地域の氏神様のお札を祀ります。家の中に小さな神社があると考えて、拝礼すると良いでしょう。毎日新しい水と米(またはご飯)をお供えします。神棚の祀り方には完全に統一された形式はなく、地域や家庭によって様々な伝統があります。

一方、仏壇は、亡くなって「仏」になったご先祖様を家庭内で祀る場所です。仏壇の中心には、仏さま(故人)の位牌とともに、信仰の中心となる「ご本尊」を祀ります。ご本尊の種類は信仰する宗派によって異なりますが、木彫りの仏像あるいは仏さまの姿や曼荼羅(まんだら)を描いた掛け軸が多いようです。そのほか、香炉・鈴(りん)・灯籠・燭台(ろうそく立て)・花立などの仏具を配置するのが基本ですが、宗派によって様々な種類があります。

神棚を安置する場所と方角

神棚を安置する方角は?
神棚を安置する方角は?

神棚は、太陽の方角である南向きあるいは東向きとなるように、明るく清浄で天に近い場所に安置します。直射日光が当たる場所、人の出入りがある扉の上、トイレと背中合わせになる場所、暗くじめじめした場所などは避けましょう。建物が平屋でない場合は、最上階に安置するのが望ましいとされています。住宅事情から最上階への安置が難しい場合は、すぐ上の天井に「雲」と書いた紙や、「雲」の文字をかたどった彫刻を貼り付けることで、「これより上が天である」と見なすことが可能です。「雲」以外に「空」や「天」の文字を用いることもあります。

2階建ての一戸建てで下の階に神棚を安置する場合は、廊下や居室などの人が踏みつける場所の下は避けます。神棚の上にあたる場所には何も置かないのがベストですが、難しい場合には家具を置くなどして人が歩かないようにしましょう。

仏壇を安置する場所と方角

仏壇を安置する場所は?
仏壇を安置する場所は?

仏壇用の和室「仏間」があれば、そこに置くのが一番ですが、必ずしも仏間や和室に置かなければいけないという決まりはありません。リビングなど、家族が過ごす時間が長くて毎日お参りしやすい場所にすると良いでしょう。ただし、トイレのすぐ近くや廊下、家族があまり使用しない薄暗い部屋などは避けます。

昔ながらの仏壇は比較的大型で純和風のデザインですが、近年は住宅環境の変化に合わせて様々な種類の仏壇が登場しています。洋風のリビングに置いても違和感のないシンプルなデザインや、小さめの仏壇も多いので、好みに合わせて選択すると良いでしょう。また、家具の上に置けるほどのごく小型な仏壇もあります。ただし、正座でお参りする際に、仏さまが目線よりも下になるのは望ましくないので、小型の仏壇は床へ直置きせずに台や棚の上に安置しましょう。

仏壇の方角は諸説ある

仏壇の方角は諸説あります
仏壇の方角は諸説あります

仏壇は東向きあるいは南向きに安置することが多いです。ただ、仏壇の向きについては諸説あり、どの方角を向けても大きな問題はないとされています。仏壇の位置や方角にこだわりすぎるよりも、毎日のお参りのしやすさを考えることがおすすめです。それでもやはり方角が気になる場合は、菩提寺(法事などで日頃お世話になっているお寺)に相談しましょう。

方角が気になる場合は、菩提寺に相談を
方角が気になる場合は、菩提寺に相談を

・南面北座説
曹洞宗・臨済宗に多い、仏壇は南向きに安置するべきという説です。お釈迦様が南向きに座って説法をしていたという逸話に基づいています。

・東面西座説
浄土真宗・浄土宗・天台宗に多い、仏壇は東向きに安置するべきという説です。これらの宗派がご本尊として祀る阿弥陀如来がいる極楽浄土は、西方にあるといわれています。そのため、西を向いてお参りできるように仏壇を東向きにします。

・本山説
真言宗では、本山(寺院)の方角を向くように仏壇を安置するのが望ましいとされています。そのため、方角は自宅と本山との位置関係によって異なります。

・春夏秋冬説
どの方角にも意味があり、良し悪しの区別はないため、仏壇をどの方角に安置しても良いという説です。東西南北を春夏秋冬になぞらえ、太陽が昇る東(春)が万物のはじまりとなり、太陽が昇る南(夏)に結実し、西(秋)に収穫の時期を迎え、北(冬)に収めるという思想に基づいています。

神棚と仏壇を同じ部屋に安置しても大丈夫?

同じ部屋に安置は大丈夫?
同じ部屋に安置は大丈夫?

神棚と仏壇の両方がある場合、同じ部屋に安置しても問題はありません。ただし、できれば離れた位置に安置するのが望ましいとされています。また、避けるべきとされている配置もあるので確認しておきましょう。

向かい合わせに安置しない

仏壇と神棚を向かい合わせに配置するのは「対立祀り」といわれ、家相的に凶とされています。どちらかにお参りする際に、もう一方にお尻を向けてしまうため失礼にあたるからです。

上下に安置しない

上下に安置しないようにしましょう
上下に安置しないようにしましょう

神棚の下に仏壇を安置するのは、どちらに手を合わせているのかが分かりにくいため、避けるべきとされています。住宅事情から、別の位置に確保するのが難しい場合には、神棚と仏壇が完全な上下とならないように、中心がずれるように安置するのが望ましいです。その場合は、神棚には立った姿勢で手を合わせる、仏壇には正座してお参りする、と明確な区別をすると良いでしょう。

LIFULL HOME'Sで住まいを探す

関連記事

引越し先の間取りや方角は気にした?【住まいの風水・家相調査1】
風水で考える一戸建ての間取り~開運は気の入り口である玄関から
改めておさらいしよう!お正月飾りの基礎知識
【不動産プロが教えるマンション選び:自宅投資編】 資産価値が落ちにくい物件とは?
本当に良かった設備1位は副収入にもなるあの○○【住まいと設備の調査】