二人入居可はどのくらいの広さが多いのか

二人入居可はどのくらいの広さが多いのか
二人入居可はどのくらいの広さが多いのか

二人で住む部屋を賃貸で探す際、物件が「二人入居可」であることを確認しましょう。どのくらいの広さや間取りが対象になっているでしょうか。

一般的に二人入居可の賃貸住宅で多くみられるのは、30m2以上の広めな1Kやコンパクトな1LDK・40m2程度の2DK・50m2程度の2LDKの3パターンです(※1)。国が定める「住生活基本計画における居住面積水準」によると、二人暮らしで最低限必要とされる部屋の面積は30m2とされています(※2)。

30m2の部屋の場合、基本はリビングやダイニングがある一部屋で一緒に過ごす生活になります。広さを重要視していないなら、30m2程度の物件に二人で住むことは可能でしょう。40m2以上の部屋になると、リビングや寝室の一角などに個人の専用スペースを作る位のゆとりができるようになります。

※1LIFULL HOME'Sの物件検索を参考にしています。
※2国土交通省「住生活基本計画における居住面積水準」

二人暮らしで快適に暮らせるm2数は?

最低限二人で住むのに必要な面積は30m2ということでしたが、快適に住むために必要な面積の目安はどのくらいなのでしょうか。国は、豊かな住生活を実現するために必要とされる面積を示した「誘導居住面積水準」も公表しています。これによると、望ましいとされる広さは55m2となっています(※)。

55m2の部屋となると、1LDKや2DK、2LDKといった間取りが多くなります。リビング・ダイニングスペースに大型の家具を置くことができたり、寝室やそれぞれの個室を持つこともできる広さです。住むエリアの家賃相場によっては予算的に厳しいこともあるでしょう。あくまで二人暮らしで最低限ほしい広さは30m2であって、55m2は理想的な広さという認識で問題ありません。

国土交通省「誘導居住面積水準」

狭い部屋で同棲するメリットとデメリットは?

狭い部屋で同棲するメリットとデメリットは?
狭い部屋で同棲するメリットとデメリットは?

30m2~40m2程度とそこまで広いとは言い切れない専有面積の部屋で同棲することで、どんな暮らしが送れるのでしょうか。

メリット・同じ空間にいることで安心感や一体感が生まれる
・常に相手の気配が感じられるので、コミュニケーションがとりやすい


デメリット・喧嘩をすると行き場がなくなる
・収納スペースが少ないため散らかることが多い
・一人作業に集中しづらい


狭い部屋を選ぶカップルは、それぞれが別々の部屋で過ごすよりも、いつも相手の気配を感じていたいと思っている方が多いようです。また、いくらカップルでも居住空間をすべて二人で共有することになると、時にプライベートな空間が恋しくなることも考えられます。
収納スペースに関しても、住み始めは充分でも長く生活しているうちに物が増え、入りきらなくなるかもしれません。無駄な物を増やさないことや、家具の配置を工夫するなどの対策が必要になりそうです。

広い部屋のメリットとデメリットは?

広い部屋のメリットとデメリットは?
広い部屋のメリットとデメリットは?

広い部屋のメリット・デメリットは以下になります。

メリット・収納スペースを広く確保できる
・間取りによってはそれぞれの個室が持てて、つかず離れずの距離感が保てる
・2DKや2LDKであれば家族や友人部屋に泊められる


デメリット・掃除が大変
・1部屋が物置部屋のようになる可能性がある
・家賃が高い傾向がある


プライベート空間も大事にしたいという方は、個々のスペースが持てる部屋を選択した方が長く快適に二人暮らしを送ることができそうです。収納スペースが十分にあり、部屋が散らかりにくいですが、部屋が広いという余裕から物の増えすぎに注意しましょう。

部屋の広さは二人のライフスタイルに合わせて選択しよう

日々の生活時間がパートナーと合わないため、起床時間や就寝時間、活動時間帯がバラバラというカップルも中にはいるでしょう。片方が日勤でもう一方が夜勤であったり、相手が寝ている時間に帰宅するという生活であったりする場合、寝室は分けた方がお互いにとってよいかもしれません。また、共働きで仕事を家に持ち込むことがあるという場合も、個室など一人で集中できるスペースがあったほうが気が散ることもありません。

一方、お互いの生活スタイルが似ているカップルの場合は、寝室が一緒でも問題ないでしょう。寝室が一緒であれば、普段は忙しくてすれ違いがちでも、寝る前に少し話ができるので、コミュニケーションがとりやすくなります。

まとめ
・二人暮らし向けの賃貸は30m2~50m2程度の部屋が多い
・国の基準によると、二人暮らしの部屋の広さは最低30m2以上と推奨されているが、快適に暮らすには55m2以上が望ましい
・いつも相手が同じ空間にいることが苦に感じない方は比較的狭い部屋でも大丈夫
・相手と生活スタイルが異なる場合、寝室が別々に設けられる部屋の広さがある方が気を使わなくてよい

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す