寒さ対策してますか? 人気の床暖房で、ぬくぬく快適生活を!

寒い日が続きますね。外出の際はおしゃれなコートやマフラーがあれば、楽しく暖かく過ごすことができます。しかしお家の外だけではなく、お家の中の寒さ対策もしていますか?

我が家では窓周りの寒さ対策と床暖房で、快適かつ自分なりにおしゃれに過ごしています。冬でも暖かく快適な我が家の工夫と生活、気になる電気代などをご紹介したいと思います。

まずは我が家の寒さ対策をご紹介

●寒さは窓からやってくる。窓周りをおしゃれに寒さ対策

我が家は壁には断熱材をふんだんに使い、気密性を高めた「高気密高断熱住宅」です。しかし建物自体の断熱性能が高くても、どうしても冷気が入ってきてしまうのが窓です。
ガラスは2重ガラスで、窓枠はアルミなどと比べると断熱性能が高い樹脂サッシですが、それでも窓の側に行けばひんやりとした屋外からの冷気を感じてしまいます。我が家では窓まわりの寒さ対策に、ハンターダグラス社の”ハニカムシェード”を設置しています。

室内から見たところは一般的なプリーツスクリーンと変わりませんが、シェードを横から見るとハニカム構造になっており、その中の空気層が断熱材の役割を果たして、窓から入ってくる冷気を和らげます。

ハニカムシェードは窓枠の内側に取り付けているので、出っ張りがなく見た目がスッキリしており、シンプルな我が家のインテリアとも相性がいいので気に入っています。この設置方法であればさらにカーテンを重ねて取り付けることができるので、場所によってはカーテンと合わせてインテリアに変化をつけています。

寒さ対策にはシェードだけではなく、カーテンもおすすめです。厚手のものや遮熱効果のある生地を選ぶとより効果的です。生地や柄、タックの取り方になどにこだわれば、部屋のおしゃれ度もアップします。

冬の寒さ対策とインテリアのイメージチェンジに、カーテンやシェードを見直してみてはいかがでしょうか?

床からぽかぽか温まる、おすすめの床暖房

窓際からの寒気を防ぐことができると室温もだいぶ変わってきますが、お部屋を温めるためには、空気を温めてくれる暖房器具を併用する必要があります。
例えば、エアコンは賃貸物件であればもともと設置されている場合が多いですが、エアコンだけでは部屋全体が温まりにくく、足元の冷えが気になるという方も多いではないでしょうか。
我が家でも、引っ越し前はエアコンを入れて室温が高くなっても、どうしても床の冷たさが気になっていました。

そこで私たち家族が現在の家に引っ越す際に、条件の一つとしていた設備が床暖房です。以前住んでいたマンションには床暖房がなく、同じ頃に友人宅に遊びに行くと、特に新築の家ではLDKに床暖房を設置している家が多くありました。ほんのりと暖かい床が気持ちよく、そこにいたたくさんの友人の子どもたちが、床に座ったりゴロゴロしたりして楽しそうに遊んでいたのが印象的でした。

住み替えるなら次はもっとおしゃれで、収納が多くて広くて快適で…と夢が広がりましたが、結局大きな決め手の1つになったのが床暖房でした。

選んで良かった!床暖房のここがいいと思う3つのポイント

床暖房が特にいいと思う点は3つあります。1つ目は火を使わず安全性が高いことです。子どもが火傷をしないかなどと気を配る必要がないのは、当時まだ就学前の幼児がいる我が家には嬉しいポイントでした。

2つ目はこたつやラグなどがなくても寒くないので、インテリアもスッキリし、お掃除も楽なところです。我が家では床の傷防止用に子ども用のスペースにラグとマットを敷いているだけで、それ以外の場所にはラグをひいていませんが寒くて困ることはなく、こたつもありません。

3つ目は床暖房以外の暖房器具が不要なため、家の空気が綺麗なところです。冬場でもエアコンを使うことがないので、ほこりが舞い上がったりのぼせたりすることがありません。

快適な床暖房のある今の家に引越してから、生活自体も変化しました。冬も家の中で寒さを感じることがないので、こたつやホットカーペットなどの暖房器具から離れることができないということがないため、家の中での行動がアクティブになります。寝室にも床暖房が入っていて寒さを感じることもないので、さっと布団から出られて2度寝をしてしまうこともありません。

快適な床暖房の運用方法や気になる電気代は?

暖かく快適な床暖房ですが、床暖房の運転のしかたにはちょっとしたコツがあります。我が家の動かし方や床暖房の種類、床暖房を効果的に使うための住宅設備についてもご紹介したいと思います。

床暖房には温水式と電気式の2種類があります。我が家では温水式を採用していて、1階にある床暖房の機械から不凍液の流れる配管が収納とバスタブを除く家中に行きわたっており、家全体を温めています。トイレやお風呂の洗い場にまで床暖房の配管が入っているため家の中の温度差が少なく、ヒートショックに対しても配慮がされているのが特徴です。

我が家では床暖房は10月末〜11月頭にスイッチを入れてから4月半ばまで、24時間スイッチを入れたままにしています。住んでいるのは東京なので”24時間運転”だということをいうとびっくりされるのですが、ごく低温で動かしているので家の中が常に春のような温度で快適に過ごすことができています。

電気代が気になる方も思う方もいらっしゃるかとは思いますが、我が家の場合を比較すると、旧宅の3LDK(ガス+電気)と約倍の面積の現在の家(オール電化)を比べると、光熱費は年間でプラス1万円程度に収まりました。家が大幅に広くなるため、光熱費も大幅に増えるのではないかと心配していたので、この結果は驚きでした。
なお、我が家では電気代を抑えるために床暖房についているタイマーを活用しています。

このタイマーは時間帯によって温度設定ができる機能があり、「高温/低温/電源OFF」の3段階の温度を24時間それぞれの時間帯に設定することができます。

さらに家の中がいくつかにエリア分けされているので、LDKや寝室などそれぞれの用途に合わせてタイマーの「高温/低温」を設定することができます。我が家は電源を入れっぱなしなので、タイマーの「電源OFF」は使っていません。

電気の料金プランはオール電化専用のプランで契約をしています。我が家のプランは、「通常10:00〜17:00」「朝晩7:00〜10:00/17:00〜17:00〜23:00」「夜間23:00〜翌7:00」と3つの時間帯で電気代が異なり、1番電気代が安い「夜間」の時間帯と1番高い「通常」の時間帯で3倍の開きがあるので、極力「夜間」の時間帯に電気を多く使う高温、「通常」やその次に電気代が高い「朝晩」の時間帯には電気をあまり使わない低温に設定しています。


床暖房の設定温度は、室温が21〜22℃前後になるように外気温などに合わせて調整しています。我が家の床暖房は温度を感知するセンサーが配管に取り付けられているので、室温ではなく配管の中を循環している不凍液の温度をタイマーで設定します。

タイマーで設定した温度を超えると加熱をやめて、不凍液が冷めるとまた加熱して…と、設定温度を維持するように自動調整されます。24時間スイッチは入っていますが、実際には加熱をやめている時間帯があり、温度が上がりすぎることはありません。

我が家の場合、床暖房の設定温度は高温32℃くらいまで、低温21℃までくらいで、各エリアの高低の温度差は2〜3度くらいです。我が家の1月某日のLDKの設定温度を例に出していうと「高温28℃ 低温25℃」で、高低の温度の差は3℃でした。私たちは今年で6回目の床暖房のある冬を迎えましたが、様々な方法を試した結果、肌寒さを我慢せず家の中がほぼ1日一定の温度で、かつ電気代が比較的抑えられる今の方法に落ち着いています。

ただしこの24時間運転の方法は家の気密性や断熱性が高く、家全体に床暖房の配管が張り巡らされている我が家のようなタイプの家の場合にはおすすめですが、部分的な床暖房のお宅や気密性や断熱性に特別に配慮されていないお宅の場合は、電気代の面を考えると必要なタイミングに入れるなど別の工夫をされた方がいいかと思います。

また、床暖房を取り入れている友人宅では、タイマーで明け方の一番電気代が安い時間帯に3時間くらい温め、あとは電源をOFFにしているそうです。温水式ですとその後も不凍液がしばらく暖かいので、昼間は十分しのげるそうです。我が家の場合は寒さを我慢したくないので24時間運転ですが、さらに節電を考えるのであれば高気密高断熱の家であっても1日数時間の運転にしてもいいかもしれません。

理系文系夫婦の嫁

理系文系夫婦の嫁ブロガー

理系で数字が大好きな旦那と文系で感覚派の嫁の夫婦2人で「理系文系夫婦のHome Sweet Smart House」というブログを書いています。正反対の2人がそれぞれの目線で注文住宅の建築、入居後の生活を代わる代わる綴っています。今回は文系嫁が記事を担当させていただきました。

※このページの内容は、2019年2月8日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください