賃貸物件でもよく見かける“ロフト付きワンルーム"。ロフトの機能や活用方法を知っているのと知らないのでは、せっかくのロフト付きの部屋に住む価値が変わってしまいます。

今回は、そんなロフト付きワンルームに入居するメリットとデメリット、そして有効活用の方法も併せて紹介していきましょう。

ロフトとは

 

そもそも“ロフト”とは、どのような条件のスペースのことをいうのかご存じでしょうか。ロフトを一言でいえば屋根裏部屋のようなものです。部屋の一部を2層式にした、上の部分を、居住空間もしくは収納目的で使います。

 

住居内の空間がロフトと見なされるための定義は、建築基準法上でも明記されています。扱いは”小屋裏物置等”であり、本来は居住スペースとは見なされず、建物や物件の床面積には含まれません。

 

また、天井が1.4m以下、ロフトスペースの面積がその部屋の面積の1/2未満、固定はしごがないことなどの条件が満たされている場合に、そのスペースはロフトと見なされます。

 

本来は収納する場所としての機能を持つロフトですが、賃貸のワンルームではこのロフトスペースが大活躍します。そんなロフト付きのワンルーム物件に入居するメリットで代表的なものを2つ紹介しましょう。

 

ワンルームということで、キッチンとトイレ、洗面スペース、リビングなどがすべてつながっている物件もあれば、玄関ドアを開ければ部屋の中が丸見えという間取りの物件もあります。

 

ここにロフトが付いていると、収納スペースや寝室などがもう1部屋あるように活用できます。活用できるスペースが増えるということは、リビングスペースを広く取れるということでもあり、ワンルームでも十分快適に暮らすことができるわけです。

 

寝室として使用した場合は、リビングにシングルベッドを置くはずのスペースがまるまる空くことになります。床面積としては狭いながらも、まるで2ベッドルームあるような感覚ですので、来客を泊める際にリビングスペースを提供することが可能です。

 

収納スペースとして使用する場合は、季節家電など一時期しか使わないものをしまっておくことができたり、突然の来客時にも荷物をロフトへ上げられたりなどのメリットがあります。もし、天窓付きのロフトスペースの場合には、洗濯物干しの場所としても利用できます。

 

ロフト付きの賃貸物件は、ロフト部分の天井高を確保するために、天井が通常の部屋よりも高く設計されています。

 

そのため、リビングから見上げた天井は遠くに感じ、部屋が広く見えるというメリットが生まれます。この開放感は、ロフト付きのワンルームならではのポイントではないでしょうか。

ロフトのデメリット

 

スペース的にも視覚効果的にもメリットが多いロフト付きワンルームですが、デメリットもあります。ここでは、3つのデメリットを紹介しますので、確認しておきましょう。

 

建築基準法上では固定の階段が設置できないため、ロフトへの移動は“はしご”が用意されていることがほとんどです。はしごを上り下りする際には、どうしても両手を使うことになります。

 

そのため、ロフトに大きな荷物を上げるのは結構大変な作業です。また、ロフトを寝室として使う場合にはトイレに行くたびに上り下りが必要だったり、体調が悪いときには移動が大変になったりすることなどが考えられます。

 

暖かい空気は高いところにとどまるため、冬のロフトスペースは快適でも、夏場は下のフロア部分に比べて暑くなりやすいです。

 

天井が高いというメリットは、エアコンの効きを悪くするデメリットにもなるため、夏場にエアコンで部屋を冷やそうと思っても、ロフト部分は暑いままということも。

 

特に、エアコンがロフトよりも低い場所に設置されている場合は、冷房がさらに効きづらくなります。ロフトを寝室に使う際には、夏の時期のみリビングに寝具を下ろして寝るようにするのがいいかもしれません。

 

ロフトに小窓が付いていれば夏場でも風を通せるので、こもった熱を少し和らげることができます。賃貸でロフト付きワンルームを希望する場合には、ロフトに小窓があるかも確認しましょう。

 

賃貸でのロフト部分は、上階の部屋に一番近い場所でもあります。ロフトの天井は、いわば上階の部屋の床と接しているわけです。となると、必然的に上階の住人の生活音が伝わりやすくなります。

 

近隣住人の生活音が聞こえるのは賃貸ではよくあることですが、ロフトを寝室に使用すると、上階の生活音をより感じやすくなります。

 

ロフト付きのワンルームでも最上階の賃貸物件であれば、上階の生活音に悩まされることはありませんが、太陽光を受ける屋根に近いため、夏場は階下の部屋よりも暑くなるでしょう。

ロフトの活用方法

 

賃貸のワンルームに付いているロフトスペースの持つメリットとデメリットを紹介しましたが、こちらではデメリット対策をしながらメリットをうまく生かす方法を解説してきます。

 

ロフトのように低い天井は、人によっては落ち着いた空間をつくり出します。隠れ家的なイメージもあるため、ロフトを寝室用の空間として使用する人も多いのです。

 

最上階の部屋であれば、天窓からの星空を楽しむことも夢ではありません。その際に気になるのは、デメリットとしても紹介した“夏場の暑さ”です。

 

対策としては、エアコンの冷気をロフト部分にも回せるサーキュレーターを利用するという手があります。サーキュレーターは部屋の中の空気を循環させるための家電です。

 

夏場のロフトを涼しくするだけでなく、冬場に下のフロアへと暖かい空気を下ろすことにも役立ちます。価格も数千円から手に入れられるので、1台持っていても損はありません。また、扇風機の利用も有効です。

 

物件選びの際には、寝具のほかに扇風機などを置くスペースがロフトにあるかを確認しておくといいでしょう。

 

ほかの住人の生活音が気になる場合は、最上階の部屋を選ぶか、もしくは耳栓をするという手もあります。それでも我慢できないときは、ロフトを寝室として活用するのは諦めたほうがいいかもしれません。

 

屋根裏部屋は来客の際にも人目につきにくい場所ですので、秘密基地のようにも使えます。趣味でコレクションしているグッズを飾ったり、本好きの人であれば本をズラリと並べたりなど、ロフトを趣味の部屋として活用することも可能です。

 

趣味の範囲はコレクションからファッション、ゲームなどさまざまです。机を設置してパソコンスペースとし、趣味に没頭できる空間もつくり上げられます。

 

ロフトを居住空間として使う場合のデメリットを考えれば、収納場所として活用するのもいいでしょう。あまり使用しないものを置く、ティッシュやトイレットペーパー、シャンプーやリンスのストックを置いておくなどの使い方です。

 

ワンルームでは押し入れやクローゼットなどの収納スペースが少ない、もしくはない場合もあります。そんなときは、ロフトを収納スペースとして使うことも可能です。来客用の布団一式を保管するのにも、ロフトは便利です。

 

天窓や小窓があるロフトの場合は、洗濯物を干すことも可能です。特に天窓からは日差しと風が入るので、洗濯物が乾きやすくなります。ロフトにコンセントがある場合は、サーキュレーターを置いて空気を循環させるとなおいいでしょう。

 

また、ロフトへ上り下りするためのはしごも、洗濯物を干す場所として活用できます。ただし、注意したいのは、ロフトへ洗濯物を運ぶときです。水分を含んだ衣類は重くなるので、はしごを上る際は思わぬ事故につながらないように注意してください。大量の洗濯物は何回かに分けてロフトへ運ぶようにしましょう。

 

賃貸のロフト付きワンルームは、限られたスペースを有効活用する目的で建てられた物件です。部屋の中も、活用できるスペースが多くなっていますので、希望する人はたくさんいます。

 

ロフトは適切に温度管理をすれば、風通しの具合によっては、とても快適な空間となります。ロフト付きワンルームに住むのであれば、ロフトをぜひ有効活用して楽しい賃貸生活を送りましょう。

公開日: