引越し日までの全体の流れ

たとえ一人暮らしの賃貸での引越しであっても、部屋探しや住所変更、住民票の移動、荷造りなどやることは盛りだくさん。
段取り良く準備を進めるために、引越しが決まってから当日までのやるべきことについて大まかに整理してみましょう。いつ何をやるべきかが分かれば、引越し当日になって慌てることが少なくなります。

引越し先が決まったらなるべく早くやること
・現住居の大家さんに退去の連絡 ※一般的には1ヶ月前まで
・引越し会社の手配
・荷物の整理
・粗大ごみの手続き

引越し1~2週間前までにやること
・各種住所変更や届け出(クレジットカード・銀行・学校・職場など)
・住民票の転出届を出す
・郵便物の転送手続き
・水道電気ガスの転居手続き

引越し当日にやること
・旧賃貸物件の明け渡しの退去確認
・ライフライン(ガス・水道・電気)の確保
・大家さん・ご近所へのあいさつ

引越し日が決まったら早めに行動しよう

現住居の大家さんへの退去連絡は、退去したい日の1ヶ月前までが一般的です。2ヶ月前の場合もあるため、契約書を確認しておきましょう。


賃貸物件の契約が済んだら、新居に引越す日取りを決めましょう。2~4月や土日祝日は引越し会社の繁忙期にあたるので、その日を避けると費用が抑えられる場合があります。また、引越しの見積もりは複数社にお願いすると、各引越し会社の見積料金を比較できますし、値下げの交渉をする時にも役立ちます。

引越し準備を早く終わらせるために、早い段階で荷造りをすると、必要な物をどこに入れたか分からなくなることも。そこでまずは、部屋にある大量の荷物をいる物といらない物に分ける作業を行うと荷造りがスムーズです。家を整理していると、いらない物が多く出てきて処分方法に悩むこともあるかもしれません。その場合には、不用品で売れそうな物はフリマアプリやリサイクルショップで売ってもよいでしょう。


粗大ごみとして引き取ってもらう場合、現住まいの自治体に依頼する必要があります。自治体によって引き取り料金が異なるので、引越し先の自治体と比較して処分のタイミングを考えましょう。

引越し1~2週間前までにしておきたい手続き

引越しで住居が変わると、住所変更の手続きを自分でする必要があります。インターネットでできるものから、役所や警察署に足を運んで住所変更をしなければならないものまで、変更方法はさまざま。
引越しの際に必要な諸手続きは以下を参考にしてください。

▼引越し1~2週間前にやること
転出届を出す 現住まいのある役所で手続き ※引越し日の14日前から受付
会社に住所変更届(住民税の変更手続き) 転出・転入届を出し、会社へ住所変更の連絡
転校届を出す 転出証明書を準備 在学中の学校長に提出
国民健康保険の住所変更を出す 身分証明書、保険証、印鑑を準備 現住まいのある役所で手続き
原動機付き自転車(125cc以下)の廃車申告 ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑などを準備 登録のある役所で手続き
ガス会社への移転連絡 手続き先:契約中のガス会社HPもしくは電話で手続き。立ち合いが必要。 必要な情報:契約者の氏名、契約種類、お客様番号、現住所、引越し日
電力会社への移転連絡 手続き先:電力会社のHPもしくは電話で手続き。立ち合いは不要。 必要な情報:契約者の氏名、契約種類、お客様番号、現住所、引越し日
水道局への移転連絡 手続き先:契約中の水道局ホームページもしくは電話で手続き。立ち合いは必要。 必要な情報:契約者の氏名、お客様番号、旧住所、引越日
NHKの移転連絡 NHKのホームページもしくは電話で手続き※ケーブルテレビは各契約会社へ連絡
郵便局の転送手続き 現住まいを管轄する郵便局で転出届を出す(インターネットでも手続き可)
携帯電話会社への移転連絡 携帯電話会社のホームページもしくは電話(窓口)で手続き
銀行の住所変更 利用している銀行で手続き方法を確認
火災保険の契約変更 利用している(予定)の保険会社か代理店に手続き方法を確認

※LIFULHOMES「引越しの準備・手順やることリスト

引越し後は転入届や転入学手続き、印鑑証明の新規登録など、新規の手続きが多くあるので、引越し前にできる手続きは早めにしておくことをおすすめします。転出届や国民健康保険の喪失届は引越し日の14日前から受け付けているので、同日に手続きを済ませることができれば効率的です。郵便局の転送手続きやクレジットカードの住所変更、NHKの移転連絡なども、新居の住所が確定していれば引越し前でも手続き可能なので、なるべく早めにしておきましょう。

引越し当日の過ごし方

引越しまでにしっかり準備していたつもりでも、退去時はバタバタしてやるべきことを忘れてしまうことも。荷物がすべて運び出された部屋に残っている物はないか、よく確認しましょう。これまでの感謝の気持ちもこめて床の掃き掃除や水拭きなど最低限の掃除をして、鍵を管理会社に返却したら賃貸物件の部屋の明け渡しは完了です。
新居に到着したら、まずは生活するうえで重要なライフラインの確保から。通常水道や電気は当日から使えるようになっていますが、ガスの開栓は係員にしてもらう必要があります。ガスの開栓の際は入居者も立ち会わなければならないので、予定していた時間を忘れて外出しないようにしましょう。

大家さんやご近所さんへのあいさつは、引越し当日か遅くても引越しの翌日に済ませるのが好印象です。手土産を用意して、「引越しでうるさくてご迷惑をおかけしています」「これからよろしくお願いします」のように、なるべく丁寧な対応を心がけましょう。これから長い付き合いになる方達に家族全員の顔を知ってもらう意味でも、入居者全員であいさつに行くのがおすすめです。


家族連れでの引越しの場合、今後のお付き合いを考えてあいさつをしておいた方が良いかと思いますが、女性の一人暮らしは防犯の意味でもあいさつ回りは避けた方が無難かもしれません。いずれ結婚、出産などで家族構成が変わり、地域の関わりを大事にしたいと感じた時にするのがよいでしょう。

その他忘れがちな手続き

今回紹介した引越し前後にやるべきこと以外にも、家族が多ければ家族の人数分さまざまな変更手続きが発生します。役所での手続きは平日のみであることも多いので、平日に手続きができない方は、委任状を提出して家族に代わりに行ってもらうことも可能。結婚していて子どもがいる場合は母子手帳や児童手当の住所変更、家族全員のマイナンバーの変更手続きなども必要です。

また、車やバイクを所持している場合はやるべきことが多いので注意が必要です。駐車場を外部で借りている場合は、駐車場の管理会社にも解約の連絡を忘れずに入れましょう。免許証の住所変更はもちろん、引越し後には新居が管轄している陸運支局に出向き、自動車・バイクの登録変更の手続きも必要です。住所を変更しないままでいると、登録住所あてに届くはずの自動車税納付や車検時期の通知が新居に届かず、気づいたら納付時期を過ぎていた等のトラブルになるケースもあります。

まとめ
・引越し日が決まったら、引越しの1ヶ月前には引越し会社数社に見積もりを依頼し、現住まいの大家さんに退去の旨を伝える
・住所変更やガス・電気・水道の移転連絡など、引越し前にできる手続きは早めにしておくと引越し後の生活がスムーズ
・粗大ごみの取り扱いは自治体によっても異なるため、処分しそびれないように早めに荷物の整理を始める。売れそうなものはフリマアプリやリサイクルショップの利用もおすすめ
賃貸物件を探す引越し会社を探す