新居での生活を具体的にイメージしてみよう

pixta_27775079_S

まずは、新居でどのような暮らしをしたいかイメージしてみましょう。一緒に暮らす人がいれば相手と意見を共有し、優先順位を考えておくと効率的です。

「どうしても欲しい設備があるけれど、予算がオーバーしてしまいそう」という場合には、家電や家具で代替可能かどうかを検討してみましょう。たとえば、本当は二口コンロ以上のシステムキッチンがいいけれど手が届かないという場合は、空いているスペースにホットプレートや卓上コンロを置いて代用することで、案外使い勝手がよくなることもあります。

反対に、家具・家電では代用できないものや、追い炊き機能のような後からつけるのが難しい設備は、慎重に判断する必要がありそうです。

賃貸で代表的な設備の特徴

新生活において必要か不要か、賃貸物件で備わっている主要な設備について細かくみていきましょう。

pixta_16040832_S

〈システムキッチンとコンロ〉
キッチンには冷蔵庫や調理器具、調味料など多くのものを置くため、収納の多さや作業スペースの広さも気になるところです。独立タイプか、ダイニングにつながるオープンタイプかによっても使い勝手がちがってくるため、調理を主にする人がやりやすい方を選びましょう。

システムキッチンは人気がありますが、コンロの数が少ないと思っても変更できないというデメリットも。コンロがないキッチンは自分で持ち込んだものを設置することで、機能やコンロの数、天板の種類など好きなようにできるため自由度は高いといえます。

pixta_42519232_S

〈浴室・トイレ〉

・浴室
窓がない浴室は、カビ防止に浴室乾燥機能が活躍します。物件によっては、暖房や洗濯乾燥などが付いていることもあり、部屋干しをよくするという人は洗濯乾燥機能があると重宝するでしょう。

追い炊き機能は、一人暮らしの場合や、同居人がいても普段シャワーだけで済ませるという場合には、思ったよりも使わないということもあるので、本当に必要か確認しましょう。

・トイレ
ユニットバスはシャワーの切り替えが面倒、気を付けないとトイレの床が水浸しになるなど不便な点もありますが、掃除が楽というメリットがあります。

注意したいのが「温水洗浄便座」。洗浄機能付き便座のことを指しますが、温水洗浄・暖房便座・乾燥などの機能が全て含まれているとは限らないため、現地での直接の確認が必要です。

〈セキュリティ〉
女性や小さい子どもがいる家庭では特に、セキュリティ面は気になるところではないでしょうか。オートロックは住民以外の人を入りにくくさせるため、治安がよくない地域ではあった方が安心でしょう。

モニター付きインターホンも、玄関を開ける前に訪問者の姿が見えるため付いていると安心ですが、後から購入することも可能です。

〈エアコン〉
エアコンが設備としてある物件は、購入費用や修理代などのコストがおさえられますが、古い年式の機種だった場合、最新のものよりも電気代が大幅にかかってしまうというリスクがあります。また、各部屋に付いていると認識していたら、1部屋のみだったという場合もあるため、内見の時に確認しましょう。

〈インターネット完備〉
入居後すぐに工事をすることなく、無料でインターネットし放題という「インターネット完備」の物件。お得なようですが、実際は家賃に通信費を上乗せされていたり、通信速度が遅くて使い物にならなかったりする場合もあるため注意が必要です。

一方、「光ファイバー対応」「インターネット対応」という物件は、自分の部屋に回線を引くための工事は自費ですが、好きなプロバイダーを選ぶことができます。

〈駐車場・駐輪場〉
駐輪場や駐車場の空きを確認しないまま物件を契約して、後から周辺で停められる場所を探す必要が出たというケースも少なくありません。物件に駐車・駐輪スペースがあるか、ない場合には周辺に契約できそうなところはあるか確認しておくことが大切です。

〈宅配ボックス〉
配達時に留守だった時、宅配ボックスがあれば不在の間保管しておけるので、日中家にいないことが多い人や、ネットショッピングをよく利用する人は便利です。しかし最近では、ネット注文した商品の時間指定配達やコンビニ受け取りもできるようになってきたので、絶対に必要な設備というわけではないかもしれません。

〈24時間ゴミ出し可能〉
分譲賃貸のような管理人が常駐している物件では鍵のついたゴミ出し場があり、鍵を持った住民なら24時間ゴミ出しが可能です。しかし、決められた曜日・時間で出すことに慣れているのであれば、なくても問題ないでしょう。

ライフスタイルから必要な設備を厳選して

pixta_7493314_S

必要な設備の優先順位は、年齢や性別、生活スタイルによって人それぞれちがうため、全ての人に「絶対この設備はあった方がいい」というものはありません。

女性の一人暮らしであれば、暮らしの安全面を考えるとオートロック機能の優先順位が高くなるのかもしれません。また、夫婦の帰宅時間に差がある場合は、毎回お風呂の水をわざわざ抜いて水から沸かし直すのはコストがかかるため、追い炊き機能があった方が便利で経済的だといえます。

具体的に毎日の生活をシミュレートし、必要な設備を絞っていきましょう。

まとめ
・設備選びに迷ったら、自分にとって本当に必要な設備なのかを考えながら優先順位を決める
・その設備が必要かどうかは、性別や年齢、ライフスタイルによって変わる
・希望する設備がない場合は、代替可能かを検討してみる
賃貸物件を探す

(2018/09/06)