ダブル家賃。要するに旧居と新居、両方に家賃を支払わなければいけない期間が発生したときに、それぞれに支払わなければならない状態のことをさします。

あまり聞きなれない言葉ですが、住み替え時に発生する場合があるので、そういう状況下での注意事項を今回お届けします。

ダブル家賃とは?

ダブル家賃とは?

ダブル家賃をなしにするためには、 旧居の解約と、新居への入居がぴったり同じ日にならないとなりません。しかし、当然なかなかそんなにうまくはいかないものなのです。 (もちろん、建設中の新築物件や、現在居住者が居る場合にはタイミング良くいくラッキーな場合もありますが・・・)。

 

なぜなら、契約書を見るとわかるように、賃貸の解約をするには
通常1ヶ月前等に通告する義務
があります。

 

たとえばいい物件が即、見つかったとします。特に 「即入居可」状態の物件の場合には、大家さん及び不動産屋さんは、なるべく早く入ってもらった方がいい(早ければ早いほど収入が多くなるのですから当たり前ですね)という訳です。ですから、もし、タイミング悪く他にもすぐにでも入居出来る人がいれば、そちらと契約をかわしてしまうかもしれません。

 

これを防ぐ為には、出来るだけ早めの契約が必要になってきます。通常待ってもらえても1週間前後というケースが多いようです。

契約後に、旧居を管理する大家さんあるいは不動産会社に申し出たのであれば、そこから1ヶ月はかかります。ただし状況によっては、家賃の関係上申告した月の末日まで、という場合も有り得ます。

 

どちらにしても「ダブル家賃」状態を防ぐには、旧居の方の退去を先に「いつまで」と決めてしまうしか積極的な方法はないでしょう。

 

ただ、この場合、なかなか次が見つからなくても、当たり前ですが退去日は刻々と迫っていきます。期限切れで仕方なく前よりも悪条件の所に引越すような悪循環に陥らないよう、充分気を付ける必要が出てきます。特に、希望予算がかなり低い場合や、何か特別な希望条件がある場合、就職・就学などで転居ラッシュとなる春先だったりする場合は特に注意したほうがいいでしょう。

 

新居と旧居の契約のタイミングや、引越しの日などにより、なかなかダブル家賃を防ぐのは実際のところ難しいところです。

 

しかし、最近では賃貸でフリーレント物件が多く出てきており、こうしたダブル家賃を防げます。入居後の家賃が1~3カ月程度無料という契約形態で、新居を契約後に慌てて旧居の契約解除をしなくても、計画的に引越しできます。

 

フリーレント物件をうまく活用して、住み替え時に余計な出費がないよう調整したいものですね。

 

フリーレントについては詳しくはこちらから。
フリーレント物件ははたしてお得なのか?借り方と注意点について

 

公開日: / 更新日: