国内では、補助金などによる政府の後押しもあり、中古住宅の寿命を延ばし、活用しようという動きが活発化しています。中古住宅にはリフォームやリノベーションが大事です。リフォームとリノベーションの意味の違いにはあいまいな部分があります。建築会社やリフォーム会社に希望を伝えるときにあいまいだと後々問題が起こるかもしれませんので、どのように考えておけばよいのかお伝えしていきます。

中古物件を購入する際に、リフォームやリノベーションを考えると思います。リフォームは、住宅の小規模修繕から大規模修繕まで幅広く使われ、新築時の価値に戻すために行われます。一方、リノベーションは、新たな価値を付加することを意味し、その地域や現在のライフスタイルに適応した住まいによみがえらせることを意味します。リフォームを小規模修繕、リノベーションを大規模修繕と分ける場合がありますが、はっきり使い分けをしていないケースもあり注意が必要です。

 

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームとリノベーションの違いとは

新たな価値を住まいに生み出したい、大規模な修繕の可能性があるリノベーションをご希望の場合の段取りや相場について確認していきます。

 

希望の中古物件が見つかる前でも相談することができます。リノベーションの場合は大規模な修繕になる可能性がありますので、具体的な希望はもちろん、あらかじめ予算を決めておき、予算の範囲内でどこまで期待している住まいに修繕してもらえるか、確認しておきましょう。リノベーションの費用を見積もってもらってから中古住宅を探したいケースもあると思います。情報収集もかねて気軽に相談してみてください。

 

相談会に行く前に予算を中心に資金計画が立てられていれば相談はしやすくなります。ただどのくらい費用がかかるか分からないと計画は立てにくいと思います。遅くとも、契約前には資金計画を立てておきましょう。

 

また中古住宅の購入と同時にリノベーションをする方もいらっしゃるでしょう。この場合、住宅購入費用を含めた数千万円規模の支出になりますので、中長期的な資金計画が必要となります。特に小さいお子様をお持ちのご家庭の場合、新たに教育費の支出を考えておかなければなりません。お金の流れで赤字の年はないか、など家計の状況を把握しておきましょう。

 

ここで、リノベーションの事例とリノベーション費用を紹介いたします。百聞は一見に如かず、リノベーションの魅力をご確認ください。

 

リノベーション事例1

三井のリフォーム会社紹介[会社概要]
1 リビング内にハンモック(左)(費用1,200万円) 
2 3LDKを2LDKに、ホワイト基調の空間(右)(費用980万円) 

 

(左)ハンモックスペースからLDKを臨む。ハンモックは家族団欒の中心(右)和室を取り込んで広いリビングダイニングが誕生

(左)ハンモックスペースからLDKを臨む。ハンモックは家族団欒の中心 (右)和室を取り込んで広いリビングダイニングが誕生

(左)ハンモックスペースからLDKを臨む。ハンモックは家族団欒の中心
(右)和室を取り込んで広いリビングダイニングが誕生

 

リノベーション事例2

朝日住宅リフォーム会社紹介[会社概要]
1 骨董家具に合う空間(左)(費用420万円) 
2 築33年マンションの2DKをワンルームに(右)(費用403万円)

 

(左)大正時代の照明や李朝時代の家具などを集めていらした奥様のこだわりに合う素敵な空間に。(右)シックなトーンで統一しながらも明るく開放感のあるリビング

(左)大正時代の照明や李朝時代の家具などを集めていらした奥様のこだわりに合う素敵な空間に (右)シックなトーンで統一しながらも明るく開放感のあるリビング

 

リノベーション事例3

ミサワホームイング会社紹介[会社概要] 
1 引き戸のついた完全個室(費用698万円) 
2 猫のリラックススペース付(費用240万円) 

 

(左)階段と小上がりは、おそろいのアウトセット吊り戸を採用。閉じればLDKがワンルームとなる。(右)以前の壁は和紙のクロス張りだったが、愛猫たちの爪とぎでぼろぼろに。シラス壁にしてから爪とぎをしなくなくなったという。

(左)階段と小上がりは、おそろいのアウトセット吊り戸を採用。閉じればLDKがワンルームとなる (右)以前の壁は和紙のクロス張りだったが、愛猫たちの爪とぎでぼろぼろに。シラス壁にしてから爪とぎをしなくなくなったという

希望の住宅が見つかれば、より具体的に設計と見積もりを依頼することができます。この段階にたどり着くまでに、写真などの資料をファイリングし、どのようなリノベーションを希望するかまとめておけばより安心です。あとは専門家の方がより良い提案をしてくれたり、気づかなかったところを指摘したりして、理想の住まいに近づくことでしょう。

もしかしたら提案してもらったデザインが期待通りではなかった場合も考えておく必要があります。どの段階まで無料で相談に乗ってもらえるのか、後々トラブルにならないためにも早い段階で確認しておきましょう。

リフォームの場合、何か所も修繕するというより、「水回りの汚れがひどいため新しくしたい」「壁紙の黄ばみが目立ってきたので張り替えたい」など目的がはっきりしているのが特徴です。もちろん一度に複数個所の修繕をすればまとまった金額が必要です。お近くのリフォーム会社や住宅購入先の不動産会社に問い合わせ、リフォームの価格や事例に関する情報を収集しましょう。

 

リフォームにかかる費用がどのくらいになるか、価格の目安を紹介しておきます。

 

場所 相場
キッチン・台所 50万円~200万円
浴室・バス 50万円~150万円
トイレ 10万円~100万円
洗面 50万円~100万円
場所 相場
リビング 20万円~200万円
収納
10万円~100万円
和室 50万円~100万円
寝室 10万円~100万円
場所 相場
屋根 50万円~150万円
ベランダ
バルコニー
10万円~100万円

ガーデニング
10万円~100万円
外構
エクステリア
10万円~2000万円

 

では、リフォームとリノベーションをどのように考え、進めていけばいいのでしょうか。まずポイントになるのが依頼先となる建築会社やリフォーム会社です。リノベーションを希望する場合、建築会社の担当が新しい価値を生む設計技量を持っているかどうかが重要です。従来のリフォームのように、壁紙を張り替えたり、柱を補強したりと元の住まいに戻すだけでしたら、基本的にはどの建築会社やリフォーム会社でも対応できるでしょう。しかしリノベーションの場合、希望通りの住まいにつくり変える、場合によっては漠然とした考えを形にしてくれる建築会社でなければなりません。

 

リノベーションはよい部分はそのまま残し、建築当時の様式で現在に不釣り合いな個所は修繕します。よくあるリノベーションとしては、間取りを変更し、建築時の圧迫感のある空間から天井を吹き抜けにする開放感の高い空間への修繕があります。床面積は一定ですので、その中でどのように開放感を高めるか、どのくらい要望通りの空間にしてもらえるか、建築会社の豊富な経験や設計技術が求められます。間取りの変更以外にも、耐震性や免震性の付加や防音性の向上、書斎など特別ルームの設置など自分好みのカスタマイズが可能です。

 

リノベーションは価値向上をするための技量が求められます。

リノベーションは価値向上をするための技量が求められます。

リフォームも複数個所行えばリノベーションとあまり変わりません。リフォームはキッチンやトイレなど一部取り替える場合がありますが、色彩を合わせるなどイメージを統一するためには全体的な見直しが必要ですので、大規模になればリノベーションになるでしょう。

 

いずれにしましても、大切なことは建築会社やリフォーム会社とのコミュニケーションです。リフォームとリノベーションは混同されて用いられることもあり、「リフォーム会社」であっても対応可能な場合もあります。リフォームという言葉は昔からありますので、比較的新しい言葉であるリノベーションと銘打った社名よりも実績があるかもしれません。看板や広告にとらわれず、複数の建築会社やリフォーム会社を訪れ、担当者としっかり打ち合わせることが重要です。

 

自分が行いたいことをしっかり整理し担当者と密なコミュニケーションをとりましょう

自分が行いたいことをしっかり整理し担当者と密なコミュニケーションをとりましょう

住まいは、生活の基盤となるものです。住まいに対する考え方は人それぞれで、こだわりを持っている方も多いでしょう。どのような空間で生活をしたいか、考え方は様々ですので相手に伝えるのも一苦労です。そのため住まいに対するイメージをしっかりと受け止めてくれる経験豊富な建築会社やリフォーム会社だと安心ではないでしょうか。

 

公開日: / 更新日: