納得の中古住宅購入のためにも、物件選びのポイントをしっかり押さえておきましょう。

不動産会社は契約の前には必ず重要事項説明書を交付し、宅地建物取引士がその内容を説明しなければならないことになっています。

 

現在の不動産取引の場では、契約日当日に重要事項の説明が行なわれ、そのまますぐに契約書にサインするという流れがほとんどです。重要事項説明書には、目には見えない権利関係や営業担当者が物件案内時には知らなかった事項も記載されています。

 

特に注意すべきは、現時点では問題にはならないけれど、売却時や建て替え時に問題となる事項、すなわち資産価値に影響する事項です。

 

建物の保証となる瑕疵担保責任がついていない
用途地域別に制限されている内容がある
各自治体で定められた特別な地区に指定されていて、建築物の制限がある
越境物や埋設物があり、周辺住民との協定が結ばれている
給水管の径が細く、蛇口の個数の指定がある
道路計画や区画整理地内に指定されているため建築物の制限を受けたり、
立ち退きの可能性がある
敷地に接する道路が権利関係の複雑な私道である

法律用語や専門用語で記載されているために、その場で全て理解することは難しいので、全ての項目について記載された重要事項説明書を契約の1週間ほど前に不動産会社からもらい、内容をチェックすることが大切です。

 

わからない内容は書面で質問書を作成し、書面で回答をもらうと後々のトラブルを防ぐことになります。

 

特に特約条項や説明文の多い重要事項説明書は親切である反面、注意しなければならない事項がたくさんある場合が多いので要注意です。

 

また、重要事項説明書には契約解除に関する事項がありますが、契約後不測の事態が起きて、引渡しまでに契約を解除しなければならない事も考えられますので、いつまでにいくらのペナルティで契約の解除が可能かを確認してください。

 

契約の期日までに済ませよう

契約の期日までに済ませよう

このように、失敗しない住宅購入のためには、購入申込みから契約まで時間をとり、冷静に再確認することが重要です。

 

その他の記事もチェック
>中古マンションのチェックポイント
>中古一戸建てのチェックポイント
>あなたは「買い替え派」?「永住リフォーム派」?
>住宅のメリット・デメリットがわかる「建物調査」

 

 

公開日: / 更新日: