本来の評価がされていない中古住宅が多い

日本の中古一戸建て住宅は、悲しいことに築20年ほどで価値が限りなくゼロに近くなると評価されています。

しかし、本当に築20年を超えた建物には価値が無いのでしょうか?
いえいえ、古くてもしっかりと建てられ、定期的にメンテナンスを行なっていた建物は、低コストで雑に仕上げられた新築住宅よりよっぽど価値がある場合があります。
ただ、中古市場に売りに出される際の評価基準が築年数に重きを置くなどほぼ一定であり、専門家から見れば本来評価されるべきところが評価されていない掘り出し物住宅がたくさんあります

pic_08_02
掘り出し物住宅がたくさんある

住宅業界ではこのような良質な住宅ストックの有効活用が注目を浴び、社会全体として、住宅市場での中古住宅の資産価値を高めようという動きが出始めました。

建物調査は「住まいの健康診断」

それでも、中古住宅を購入するのは「あと何年住めるかわからない」「入居後に想定外のリフォームが必要となり、思わぬ出費があったらどうしよう」などと不安に感じられる方もいらっしゃることでしょう。

そんな方にお勧めしたいのが第三者機関による「建物調査(インスペクション)」です。建物調査を行なうことで、住宅のメリット・デメリットを知ったうえで、その物件を購入するかどうかを判断することができます。
現在、第三者機関によって行なわれている建物調査はさまざまありますが、どれも住宅を安心して長く使うために行なう健康診断のようなものです。ここで発見された不具合箇所を早期に修繕することにより、良質な住宅を維持することができます。
また、その履歴を残しておけば売却の際にも購入者が安心して判断することができ、単に築年数が古いからという理由だけで評価ゼロとなることを避けることができます。

このように、建物調査は購入者側のリスクヘッジや、売却側の資産価値向上の目的に利用され始めているのです。

その他の記事もチェック
>中古マンションのチェックポイント
>中古一戸建てのチェックポイント
>「重要事項説明書」は契約日までに取得しよう
>あなたは「買い替え派」?「永住リフォーム派」?

関連記事

【不動産プロが教えるマンション選び:インスペクション編】資産価値維持の秘訣とは?
コラム VOL.24 ホームインスペクション(住宅診断)を有効活用しよう
新しい中古住宅購入のカタチ-今どきの中古住宅購入事情
築5年、築10年、築20年…築年数によって異なる中古住宅リフォーム費用の目安とは?
リフォームの失敗事例を学んで、自宅リフォームを成功に導こう