まず最初に銀行等の金融機関の住宅ローン審査に通らず、その後見直したことがあるか、聞きました。そこから解決策が見えてきました。上位の結果はこちらです。

1位 「購入する物件を見直した」(19.0%)

2位 「依頼する施工会社を見直した」(13.0%)

3位 「購入する土地を見直した」(12.3%)

4位 「借り入れる金額を見直した」(11.7%)

5位 「未払いだった税金や携帯電話料金などを支払った」(10.7%)
 「ローンを支払った(車など)」(10.7%)

購入可能額から物件を見極めよう
購入可能額から物件を見極めよう

1位はなんと「購入する物件を見直した」(19.0%)でした。

マイホーム自体、無理しすぎない現実的に手が届く物件にしたようです。注文住宅の場合は施工会社に複数見積もりを取ってみて、より価格を抑えられるところを探すというところから頑張ってみるという方法もありますね。

5位以降もあわせてご紹介します。

Q14審査のために見直したこと【複数回答可】(n=300) 
審査のために見直したこと【複数回答可】(n=300) 

上記の表をご覧いただくと、未払いだった税金や車のローンを支払ったり、中には借金を完済して心置きなく審査に臨んだ人もいます。また、審査の基準は金融機関によって異なりますので、1回断られても気を落とす必要はありません。同じ銀行でも担当者が異なれば判断が違った、というケースもあるようですよ。

まとめますと、

●物件や土地を見直す
●施工会社を見直す(まずは見積もりを依頼する会社を増やしてみる)
●未払いの税金や借金を払ってすっきり身辺整理
●受け入れてくれそうな金融機関を探す


というのが、主に見直した点となるようです。

何に問題があるのか分からない方は、個人の「信用情報」を調べるという方法もあります。個人信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。信用情報機関(CICなど)で開示を依頼することもできます。

「特に見直したことはない」という人も37.0%いました。銀行などの金融機関とのユニークな駆け引きもありましたので、ご紹介します。

次ページ→自由業、自営業、持病・・・、私はこうやって乗り越えた

(2016/09/23)