家賃10万円の一人暮らし向けの物件はどんな部屋?

家賃10万円の物件といっても、住みたいエリアによって大きく変わってきますが、東京都で人気のあるエリア、例えばどこに出るにもアクセスが良い新宿や池袋などでは、1Rや1Kの物件に住むことが可能です。駅から徒歩10分以上であれば、新築や築浅の物件も見つかるでしょう。

23区内でも、都心から多少離れた葛飾区や足立区であれば、家賃10万円で2Kや2DKの部屋も見つかるため、広々とした部屋で暮らしたい人にオススメです。

地方都市に住んでいる方なら、家賃10万円はファミリータイプの物件も検討できる金額なので、一人暮らし用の1LDKなどの物件で探すと、日当たりや立地の良い希望通りの部屋に住める可能性が高くなります。

どのような人が家賃10万円の家で一人暮らしできるのか

家賃10万円の賃貸
家賃の目安は、収入の30%までともいわれていますが、スマートフォンやインターネット回線といった通信費がかかるようになった現代では、収入の25%以下に収めると安心です。

無理をすることなく家賃10万円の家で一人暮らしをするには、月収の25%が10万円に相当するので、月収が40万円必要ということになるでしょう。

計算式にすると以下の通りです。

10万円÷0.25=40万円



また、年収の30%までで計算すると、月収が約33万円となります。年収の場合約400万円程度です。

自炊が苦にならなかったり、そこまで趣味にお金をかけずに節約できたりするタイプの方ならば、もう少し年収が少なくとも生活していけるのではないかと思われます。ただ、生活に余裕がなくなる可能性があるため、できれば400万円はあったほうがいいでしょう。

家賃10万円の部屋に一人暮らしをしている人のライフスタイルや生活費の内訳は?

家賃10万円の部屋に一人暮らししているある都内在住の会社員の、支出の内訳を表にしてみました。

家賃10万円
食費6万円
水道・光熱費8,000円
趣味・娯楽費4万円
通信料1万4,000円
交通費1万円
日用品・被服費2万5,000円
合計25万7,000円

あくまでも一例ですが、参考にしてみてください。

一人暮らしで10万円という高めの家賃を払うメリットは?

駅が近い

最初に述べたように、東京都23区の一人暮らし向け物件の家賃の平均金額は、6~7万円となっているため、10万円というのは平均を大きく上回る家賃です。

10万円の家賃を支払うメリットはどこにあるのでしょうか。

駅近や都心に近い物件が見つけやすい

家賃10万円で一人暮らし向けマンションを探した場合、駅近の物件や、都心に近い物件に住むことが可能であり、通勤するにしても、買い物に出かけるにしても大変便利です。

条件の面で考えた場合、家賃10万円なら新築や築浅のきれいな物件を選んだり、女性なら、セキュリティシステムの整った部屋を探したりすることができるのもポイント。

地方都市ならファミリータイプも検討可能

地方都市に住む場合については、家賃相場が都内よりも下がるため、家賃10万円であれば2DK以上のファミリータイプの物件も借りられる可能性があります。

また、単身者向けでも30m2以上の広めの部屋を借りることが可能で、駅近など交通の利便性が高い物件を選ぶことができるでしょう。

このように、家賃10万円という条件だと、物件自体の条件や広さがよくなるだけでなく、駅からの距離など立地についてもいい物件を選べるようになります。

家賃10万円の物件は魅力的ですが、無理は禁物

家賃10万円を支払うことができれば、都心でも快適な一人暮らしをすることがおわかりいただけたかと思います。

家賃10万円を借りるひとつの目安として、月収33万円以上が望ましいと思われます。
自分の収入や家計をよく見直して、家賃10万円で一人暮らしができるかどうかを慎重に判断することが重要です。

まとめ

・家賃10万円の部屋に一人暮らしをするには、月収33万円くらいまでが目安
・家賃10万円なら駅近で好立地な物件も選択肢に入ってくる

賃貸物件を探す10万円以下の賃貸物件を探す